頼めばチンチンさすってくれた



小5のときNさんという女子が転入してきて、男子とも気さくに接していたのだが
なぜか彼女は頼めばズボン越しに男子にチンチンをさすってくれた。
今考えると全く意味不明な話だが、お願いすると本当に触ってくれる子だった。
あれだけは未だに不思議。
勿論いきなり「チンチンさすってよ」なんてお願いしたわけじゃないよw
事の発端はクラスの人気者でお笑い担当だったKくんという男子が
某漫画の真似をして「ともだちんこ!」と言いながら男友達の股間を鷲掴みにするという悪ふざけをやっていた。
それをアホなふりしてNさんにも同じノリでやったら、Nさんは仕返しとばかりにKくんの股間を掴んできた。
そこから「またあれやってくれ」「俺にもやって」とKくんとその取り巻き(俺含む)の間でちょっとブームになった。
「さする」というより「掴んでこねくり回す」と言った方が厳密か。
まあそれ以上のことは何も無かったけど、小さいショタチンコをギンギンに勃起させていたことは確か。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する