旦那とうまくいっていない人妻セフレに中出し



会社の休日に早苗と会いました。
早苗は車内で、前と同じように旦那とうまくいっていないことを、しきりに話していました。
私は、努めて上手に聞き役に徹していました。
ラブホテルの看板が見えると、早苗は、「早く、お願い」と私に言いました。
すぐに、ラブホテルへ、シャワーも浴びずに、抱き合いベットに倒れこみました。
早苗は、夢中で私の口に舌を入れ、舌をからめてきました。
スカートたくし上げ、ショーツの中に手を入れると、早苗のオマンコは既に、グチョグチョでした。
「早苗、もうグッショリじゃないか。よっぽどしたかったのか。俺と」



「うん。そう。したかったの」
「そうか、じゃ、たっぷりしようぜ」
上着、タイトスカートを脱がすと、黒のセクシーな下着でした。
「早苗、今日は黒の下着か~。いいぞ、早苗」
ブラをはずし、バストを愛撫。
「いい~。うれしい。」と、早苗。
ショーツを脱がそうとすると、私のペニスにしゃぶりついてきました。



「いつも積極的だな~。早苗」
早苗は、咥えながらうなずきました。
玉、裏筋、をなめ上げ、咥えれば、舌をころころころがしてくれました。
そして、根元までディープスロート。
早苗の舌全体が私のペニスにからみついてきました。
最高でした。
「気持ちいいよ。早苗。最高だ~」
早苗のフェラチィオは、続きます。
「もうだめだ、気持ちよすぎるよ、俺。出しちゃうぞ~。」
早苗は、うなずきながら、懸命にフェラチィオを続けます。
もうたまらん。



「早苗。出るよ~」
ドビュー。ドク、ドク、ドク・・・
大量のザーメンを早苗の口に出してやりました。
同時に、早苗ののどが、コク、コクと動くのが見えました。
私の白濁液をしっかりと、飲んでくれました。
「ごちそうさま。おいしかった~」
私は、早苗の体を抱きしめてやりました。
「うれしいよ、早苗」
「私も」



その後、二人でシャワーを浴び、ベッドで1時間ほどがたちました。
早苗は、うつ伏せで休んでいました。
大きな白いヒップ、適度に脂ののった熟女の色気
早苗の、後姿は抜群にセクシーでした。
私のペニスは一気に回復。
今度は私が、愛撫開始。
早苗の膣口、クリトリス、アナルをなめたり、吸ったりしてあげました。



「うっ~、うっう・・」こらえるよなうめき声で、白い裸体がのけぞりました。
「早苗、お前のよがり方は本当に最高だな」
「いや、恥ずかしい」
早苗の膣口から、愛液がダラダラと流れ出てきます。
「そろそろ、欲しいだろ。早苗」
「うん。欲しい」
「そうか、じゃ、お前の大好きなバックだ。四つんばいになりな」
早苗は、四つんばいになり、頭を下げ、白い巨尻を高く突き出しました。



「早苗、いいカッコウだぜ。入れるぞ~」
早苗のオマンコにペニスを生挿入
「うっ、ううう、う~」と早苗のうめき声。

ピストン運動、ペニスを全没入してのグラインド
早苗は、夢中でよがりました。
私は、先ほど早苗のフェラチィオでいっているので、2回め。
いつになく持続力がありました。
そのため、早苗も大興奮。



「すごい、すごい、すごいわー。」
早苗は、顔を枕に押し付け、シーツをわしづかみにし、白い巨尻を高く突き出し、その白い巨尻を自ら
振っていました。
「早苗、今日のお前はすごいぞ。」
「うん。いい、いい。もっと、もっと。」
いつになく大きな声を上げ、よがっていました。
その姿に興奮し、私は早苗の子宮にザーメンを注入。
終わった後、早苗は私のペニスを口でしゃぶり、舌でザーメンをきれいにしてくれました。
私のザーメンだけでなく、早苗自身の愛液もあったでしょう。



早苗は顔を私の胸に乗せ、
「もう、旦那とはほとんど別れる。生活費、養育費はまったく心配ない。経済力あるし、お金で解決する主義の人だから」
続けて、私のペニスをさすりながら、
「あ~、でも私、あなたの子供を生みたくなっちゃた。でもあなたも家庭あるしね~」
と、ささやきました。



これから、おれたち、どうなるかなと考えている私でした。
でも、早苗の「からだ」は手放したくないと、考えているわたしです。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する