上司と一緒に出張した時のこと



ちょっと素敵だなと密かに思っていた上司と一緒に出張した時のことです。
夜、ビジネスホテルについて、夕食を済ませた後、
翌日の打合せをするために一旦自分の部屋に戻りました。
資料を持って、ちょっぴり期待して上司の部屋に行ったんです。
ベッドに座り、上司がくれたビールを飲みながら、翌日の手順を確認しました。

少しアルコールが入ってたせいでしょうか、私はミニスカートで脚を組んでいました。

きっと、上司からは、スカートの中が見えていたと思います。

突然、私は身体をベットに押し倒され、ブラウスの上から胸を揉まれました。

私は、からだをよじって抵抗しましたが、

男の人の力は強く、強引にブラウスが左右に開かれ、



ブラジャーが押しあげられると、あっという間に乳房が露になっていました。

上司は、息を荒くして、私に覆い被さってきました。

左胸が大きく揉まれ、右の乳首が吸われました。

さらに、スカートの裾がめくられ、太腿が丸出しにされました。



胸が揉まれたり吸われたりするのと同時に、

もう一方の手がショーツの上から、薬指と中指をそろえるように恥唇に這い、
割れ目をなぞるように動きました。



何度も撫で撫でされてから、膣口に指を入れられ、
しだいに、ショーツの恥唇のあたりがしっとりと湿ってきました。

なおも、ショーツ上からしつこく愛撫され、クリトリスまで摘まれて、

気が変になりそうに感じてしまいました。

やがて、ショーツも強引に脱がされると、両脚の足首を掴まれて、

左右に両脚を開かれました。



舌でクリトリスや膣口が執拗に責められて、私は何度も気を失いそうになっていました。

上司は無言でズボンを脱ぎ、私は強引に押さえつけられて、

ペニスは膣口に押し当てられると、ゆっくりと私の中に入ってきました。



腰を押さえられて、ペニスが出し入れされるたびに、くちゅくちゅと音が出て、

私も感じているのを知られるのは、すごく恥ずかしいことでした。

でも、いったん火がついた身体は、快感を求めました。

気がつくと私も腰を動かして、ペニスを締めつけていました。



ペニスは私の中を激しく出入りし、乱暴にかきまわしました。

腰の動きはさらに激しさを増し、やがて私は声をだして、

上司と一緒に頂点に達していました。

その夜は、上司の求めに応じて何度何度も身体を許していました。

私が、今までで一番感じてしまった夜でした。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する