母が野球部の先輩とヤッていた。



「良いもの見せてやろうか」と野球部の厚志先輩が僕に写メールを見せてきた。

そこにはペニスを咥える女の口の度アップがあった。

その次は、白いお尻とバックから突き刺さっているペニスの根元の度アップ写真だった。
「うわぁ、すげえ、これ先輩ですかぁ」

と聞くと、「そうだ」と言って次に見せられたのは、マンコの度アップで、少し黒ずんで使い込んでそうなマンコから精液が流れ出ているものだった。



「中だしですか?いいんすかぁ?これ彼女ですか?」と言うと、先輩は何も言わずに次の写メを見せてきた。今度は度アップではなく、ソファに腰掛けて脚を大きく開いている女の写真だった。顔は手で隠していたので顔も表情も分からなかったから、女が誰かすぐには分からなかったが、僕はソファに見覚えがあった。それは僕の家のリビングだった。そう、顔を隠してはいるが、アソコは丸見えになっている女は、そして先輩に中だしされていた女は僕の母だった。

混乱する僕の周りでは他の先輩達が笑っていた。



「おい厚志、ノブがかわいそうだろ」

「しょうがないだろ、厚志の罰ゲームなんだから」

どうやら何かの罰ゲームで厚志先輩は母とのセックス写真を僕に見せたらしい。

厚志先輩と僕は1歳違いで家も近所で小さい頃から一緒に野球をやっていたことから親同士も友達で小学校を上がるまではお互い一人っ子ということもあって兄弟のようだった。



毎日のように互いの家を行き来していたが、中学に入ってからはほとんど僕の家に来たことがなく、高校に入ってからは僕の記憶では一度も家にきたことがないはずだった。それなのに実は毎週のように家に来て母とセックスしていたなんて。

そういえば先輩は毎日部活に来る人ではなかった。特に土曜日はいつも休んでた。



3年生だから塾にでも通ってるのかなと思っていたけど、どうも先輩は毎週土曜に家に来ていたらしい。

母は僕が言うのもなんだけど割りと美人のほうだと思う。太ってもいないし、色白で黙っていればセレブなマダムという感じだ。でもしゃべるとただのおばちゃんだし、少し垂れた目尻の皺も目立ってきた。先輩は背も高いイケメンで付き合っている人も何人かいるはずなのに、何で僕の母なんかと、と息子の僕には不思議でならなかった。



でも厚志先輩は僕の母だけでなく、他の同級生の母親達ともセックスしているらしく、先輩達の間では熟女好きで有名だったらしいということを聞いた。

僕は写メールを見た日から当然だけど母の顔をまともに見れなかった。

特に土曜日の練習には身が入らず、レギュラーも外されてしまった。

そんなある土曜日僕は練習をサボってこっそり家に帰った。そして両親の寝室の押入れに隠れた。二人のセックスを覗いてやろうと思った。



別に母の裸に興味があったわけではない、ただ他人のセックスを見てみたいと思った。

午後2時過ぎに玄関のほうから話し声が聞こえた。押入れの中で聞き取れなかったが、母と男性の声だった。胸がドキドキしてきた。でもこの寝室に来るかどうかは分からなかった。写メールではリビングが写っていたから、いつもリビングでしてるのかも知れなかった。



玄関の方から聞こえていた声が近づいてきたようだった。そして寝室のドアが開いて二人が入ってきたらしい。声はやはり先輩だった。

「もう、少しくらい我慢しなさいよ」と母が言っていた。押入れの襖を少し開けて見ると下半身裸の先輩がベッドの脇に立っているのが見えた。どうやら玄関からここまでの間にズボンを脱いでしまったらしい。

「だって先週はハルちゃんとしてないから」ハルちゃんとは晴代、母のことだ。



「生理だったんだから仕方ないでしょ、それにどうせ他の女性としてたんでしょ」

と母の表情は先輩に隠れて見えなかったが、膨れっ面をしてたに違いない。

「別にウソはつかないよ、他の女性ともするけどいつも一番したいのはハルちゃんだって言ってるだろ。今日ももうこんなに」と言って先輩はペニスを母にすりつけているようだった。「先週の分も合わせて一杯ハルちゃんを気持ち良くさせてあげるよ」と言って、先輩は母を抱きしめてキスをした。



先輩の肩越しに目を閉じて「あん、あん」と早くもいやらしい声が漏れ始めた母が見えた。先輩はキスをしながら器用に母の服を脱がしていった。ブラジャーも一気に剥ぎ取ると先輩はひざまづいて母のアソコをパンティの上から舐め始めた。

それでそれまで先輩の影で見えなかった母の姿が目に入ってきた。母は立ったまま先輩に下からアソコを舐められながら、右手でオッパイを愛撫されていた。



オッパイは少し垂れ気味だけど掌から少しこぼれるくらいの丁度良い大きさで、乳輪が大きく色は意外にピンクに近い綺麗な色だった。

パンティを取られて直接アソコを舐められたり指を入れられたりしながら、母は先輩の頭を掻き毟りながら「だめっ、だめよっ、もうイッちゃうぅ」とよがりまくっていた。先輩は立ち上がって、母を横から抱きしめるような態勢で、左手でアソコへの愛撫をしながら母に「ハルちゃん、ほら、握ってよ」とペニスを握らせた。

先輩のペニスは既にビンビンに立っていた。厚志先輩はデカチンだ。



それは合宿で風呂に入った時に見たことがある。でも勃起したところは初めてだったので、その大きさに驚いた。母が両手で掴んでも先端の部分が出て見えた。

カリの部分も大きく張っていた。

先輩の指ピストンが早くなるにつれ、母の喘ぎ声も次第に小刻みにそして大きくなってきた。再びキスをした状態で、母は指マンでイってしまったようだった。



すこしぐったりなった母をベッドに座らせると、「今度はハルちゃんの番だよ」と先輩は母の目の前にペニスを突き出した。

まだ息が荒く、半開きになった口をゆっくり開きながら、ペニスを咥えにいく母の表情に僕は勃起した。実際はそれまでに勃起していたが、思わずしごいてしまった。目の前で先輩のペニスを口の奥まで飲み込んで嘗め回してしるのは、母ではなく女・メスだった。妙に色っぽく見えた。そして僕に対してはもちろん人に対して勝気な母が、裸になるとすごく従順になることが意外だった。



先輩に言われるままペニスを咥え、しゃぶり続けていた。

「上に乗って」と言われては、シックスナインで先輩の顔に跨り、アソコを下から舐められては、気持ち良さそうに体をくねらせながら大きなカリを嘗め回してた。

そして膝をついた先輩のペニスを四つん這いでフェラしているときに先輩が絶頂を迎えて、先輩は母のオッパイをギュッと掴んで、「ああっハルちゃん、イクよぉ」と言って、母の口の中に放出したみたいだった。母はいつものことのように先輩の精液を飲み干したようだった。先輩は間髪を入れず母を仰向けにして脚を開かせアソコを舌で愛撫し始めた。先輩のペニスは見る見る回復していき、すぐにビンビン状態になった。



「ハルちゃん、欲しい?」

「うんっ。ちょうだい」

「何がほしいの?指?舌?ちゃんと言ってよ」

「んもう。わかったわよ。…おチンチンちょうだい」

「どこに?」

「アソコに、おばさんのアソコにおチンチンを入れてください」



そういうと母は自分で脚を持って大きくエム字に開き、アソコを手で拡げておねだりした。僕のところからははっきりとは見えなかったが、グショグショになって濡れているのは分かった。

先輩は母のマンコの入り口にカリを当て、それからゆっくりと母の中に入って行った。

母は決して先輩とのセックスを嫌がっていない。僕はもしかしたら母は無理やり先輩に犯られているのかと思ったりしていたが、決してそんなことはなかった。



その逆もなかった。つまり先輩が無理やり母に迫られているということもなさそうだった。

先輩の腰の動きが段々速くなって部屋には二人の荒い息遣いとクチュクチュというアソコ同士が擦れ合う音がしばらく続く中で僕は確信した。

二人は純粋にセックスを楽しみ快楽を求め合っているようだった。

僕は押入れの中で果ててしまった。



汚してしまった襖の裏を音を立てないように手で拭いながら見ると、先輩はまだ果てることなく、母をバックから攻めているところだった。

僕はそれを真横から見る形となって、先輩のペニスが母の少し大きめのお尻に突き込まれるのに合わせてプルプルと揺れる母のオッパイと先輩の太股と母のお尻がぶつかるパフパフという音が何とも艶かしく、僕のペニスもすぐに元気を取り戻していった。

「ハルちゃん。イキそうだよ。どうやってほしい?」

「抱きしめてぇ。奥までついてぇ」



先輩は母を仰向けに戻し、正常位で母の脚を開いて体を密着させるように抱きしめながら、ピストン運動を速めていった。

「ハルちゃん。イクよ。いっぱい出そうだよ。どこにほしい?」

「ちょうだいっ。いっぱいちょうだいっ。おばさんの中にちょうだい。」

「ハルちゃん。気持ちいいよ。ハルちゃんのオメコ気持ちいいよ。オメコに出すよ。」

と先輩は母にキスをした。キスをしたまま更に腰のスピードが上がっていった。



母はもう言葉になっていない声を発しながら先輩の体にしがみついていた。

「ハルちゃん。イクよ。出るよ。ハルちゃん。ああっ!」

先輩の腰の動きが一瞬止まってそれから一発一発確実に奥に打ち込むように腰をビクンビクンさせていた。

二人の動きが止まりやがて先輩が体を離し母の横に寝転がった。

母は放心状態のようで、しばらく脚を大きく拡げた格好のままだった。

かすかに見える母のアソコからさっき放出された先輩のザーメンが流れだすのが見えた。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する