自分の娘よりも若いデリヘル嬢に中出しするチャンス



先日、渋谷の素人デリヘルで、見るからにヤバそうな嬢に中出しをしてしまったので報告します。

その日は急な休みが入ってやることもなかったので、デリヘルにでも行こうかと思い、適当な店を物見していました。
とある素人系のデリヘル店で写真を確認したところ、好みの女の子がいたので早速指名しました。
店員いわく入店3日目の20歳素人で感度が凄くいい娘だということ。
ホテルに入ってしばらくすると、彼女がやって来ました。
一目見て、
・・・ええ、これ、ヤバイんじゃないの?
という女の子です。本人は20歳と主張しますが、どうみてもヤバそうな年齢です。
「私、童顔だから」
と笑う顔は小西真奈美を幼くした感じでとても可愛かったので、まあいいかということでプレーを開始しました。



裸になった彼女は、小柄ながらとてもいいスタイルをしていました。
胸はそれほど大きくはないのですが、ツンと上向きで、ウエストはキュッと締まっています。
でもなんと言っても一番気に入ったのはおしりの形で、プックリとしたヒップが高く上がっています。
腰に手をまわすと丁度よくおしりに手が廻る位置で、堅く引き締まって、とても素晴らしい感触なのです。
だからシャワーで身体を洗ってもらっているときには、もうすでに下のほうはギンギンでした。
「すごく・・大きいね・・・」
彼女ははにかみながら微笑みました。
その顔が、笑ったときのコニタンそっくりだったので、思わず抱きしめそうになりました。



ベットにはいるとすぐに彼女を上に乗せて、背中からおしりにかけてゆっくりと撫で回してあげました。
若いだけあって、背中もおしりもとてもスベスベしていて、なんとも言えないいい感触です。
しばらくして彼女は
「ああ気持ちいい。おじさんの手、暖かくてとても気持ちいいわ。しあわせ」
と感じ始めているようでした。
自慢ではないのですが、小生の手は常人より暖かくスベスベしているたしく、触られた女の子は大抵気に入ってくれるのです。
彼女の両手を首に回させて、
「気持ちよくなったらギュッと抱き締めてね」
といって更に横チチのあたりまで撫で回すと、ギュッギュッと抱きしめてきます。
こんなに若くて綺麗な女の子にギュッと抱きしめられると、とてもしあわせな気持ちになれます。
もっとしあわせな気分を味わいたくて、彼女の腰を自分のアソコに押し当てると、
「君の一番感じるところを押し付けて」
といって、小生のアソコでオナニーをさせる事にしました。



「ああ、・・堅い、大きい・・・気持ちいい・・・」
とか言いながら、しきりにプリンとしたヒップを揺すっていましたが、小生は動かずにそのまま彼女のアソコの感触を楽しむのみにしていました。
一番感じる場所は、自分が一番よく知っているからです。
やがて彼女は腰をケイレンさせるようにイキ始めたので、ここぞと彼女のおしりを抱きしめ腰を突き上げると彼女はビクビクと全身を震わせてイッテしまいました。
全身から冷や汗を流しながら、小生の身体のうえであえいてる彼女のイキ顔をみたくなって、その顔を自分のほうに向けますと、やはりコニタン似の可愛いいイキ顔です。
小生、うれしくなってプックリとした唇に唇を押し当てます。
その途端、彼女は蘇ったように首に回した腕に力を込め、強く唇を押し付けてきます。
その反応に小生が驚いていると、彼女はヌメッという感じで舌を押し入れてきました。



しばらくお互いの舌をむさぶった後、彼女はいたずらっぽい目で見下ろしながら、
「ねえ、おじさん。あたし、あしたから旅行なんだ。よかったら少しカンパしてくれない?」
などと言い出すのです。
もちろんそれが何を意味するのかは知らないわけがありません。
こんなに綺麗な女の子の中に入れる。・・・
久しぶりに胸がときめきました。
「いいけど、いくら?」
平静を装うって聞くと、彼女は見透かしたかのようにクスリと笑って、
「イチでいいよ。普段はヤラせないんだけど、おじさん気持ちいいから特別だよ」
嘘でもうれしいものです。
ところがイザというところになって、ゴムが見当たりません。



彼女はちょっと困った顔をしていましたが、
「ま、いいか、ナマで。そのかわりチャンと外で出してね」
そういうと小生のモノを掴んで、アソコに押し当てるではありませんか。
彼女のアソコはすでにグチョグチョだったので、小生の大きなモノも難なく飲み込みました。
「ああ、凄い。・・ナマのものが入ってくる。あたし、いやらしい・・・」
彼女は眉をひそめて喘いでいます。
・・・ヤバイ。こんな幼そうな女の子にナマでハメちゃった。大丈夫かな?
一瞬そう思いましたが、彼女の膣の中はとても締りがよく、あたたかいヒダが纏わり付くような感触でとても気持ちよく、思わず腰を掴んで自分の方に引き寄せてしまいました。



ズンという感じで、小生のモノが彼女の奥に届くのがわかります。
これがナマの感触なのでしょうか、気持ちよすぎてすぐにもイキそうです。
「ああん、大きい。堅い・・・気持ちい」
彼女はそんな思いを知ってか知らずか、夢中になって腰を振り続けます。
小生、身体を起して対面座位の形で彼女を抱きしめます。
両手をお気に入りのヒップに回して、思い切り自分の方に引き寄せます。
更に結合部は深くなり、小生の先端が子宮口を押し開いて中に届いているのがわかります。
・・・このまま中で出したら、この娘は妊娠するかな?
悪魔のような想いが脳裏を横切りました。



自分の娘より年下の女の子に、自分の子供を宿らせる。・・
それは子孫繁栄を願う、オスとしての本能なのでしょうか。どうしても恐ろしい思いから目が離せません。
「うう。気持ちいい。・・イキそうだ、このまま中にだすよ」
ゴムまりのように弾む身体を、思い切り抱きし締めながら悪魔の言葉を囁きます。
「ダメ・・・こんな気持ちいいの。・・・赤ちゃん出来ちゃうよ・・・」
否定しながらも彼女は更に押しを押し付けてきます。
彼女もその時が近いのを感じているようです。
頭では拒否しながらも、身体はいうことをきかない。そんな状態なのでしょうか。
「ああ。ダメだ!出る。・・イクよ」
「イヤ、ダメ! 中は・・ダメ。・・あ、イク。・・いい、・・妊娠させて・・・」
イク寸前、彼女の発した言葉は幻聴なのでしょうか。
その言葉とともに小生は、彼女の身体の奥深く、子宮の際奥にありったけの精子をぶちまけたのでした。
妊娠するならしてもいい。覚悟の放出だったのです。
自分の娘より若い、アイドル並みの美少女の子宮に思い切り中だし出来るチャンスなど、この先あるわけがないからです。



小生、身を震わせながら何度も何度も、間欠泉のように射精を繰り返しました。
眩暈がするような快感に背筋を踊らしました。
間違いなく生涯最高の放出感を、こころゆくまで味わっていました。
彼女は最初の放出の時に絶頂を迎えたようでした。
そのまま、発作のような射精のたびに連続でイッてしまったらしく、ふたりの身体が崩れ落ちるようにベットに横たわるときには半ば失神していたといいます。
かくいう小生も、精魂込めた射精に精も根も尽き果てた状態でしたが、最後の力を振り絞り、意識を失ってあえいでいる彼女のやわらかい唇に唇を重ねると、そのまま眠りに落ちてしまいました。



夢の中で、電話のベルがなっている気がして、ふと目を覚ましました。
小生と彼女とは全裸で唇を重ねたまま抱き合っていました。
小生のアソコはまだ彼女のなかで、驚くことにいまだに変わらぬ強度を保持していました。
時計を見ると、あれから一時間以上、交尾しあったまま寝入ったことになります。
どうやら電話は彼女のバックの中から聴こえてくるようです。
どうしようかと迷っているうちに、電話は切れてしまいました。
「・・・どうしたの?」
そうこうしているうちに彼女も目を覚ましたようです。



「ああ、気持ちよかった。・・・すごい、まだ入っているよ」
彼女はびっくりしたような顔をほころばせると、またゆっくりと腰をゆすり始めるではないですか。
「ちよ、ちょっと。電話、なってたけど」
さすがにそれはヤバいだろうと思って話をそらすと、彼女はびっくりして小生を又に挟んだままバックを探り始めました。
「ヤバイお店からだ。何度も着信がある。・・・どうしよう」
弱りながらも腰を押し付けてきます。
こまった娘ですね。
「とりあえず、お店に電話して、お客さんと別れた後、気分が悪くなって病院へ行った。軽い貧血だったので、いままで点滴をしていた。病院内だったので連絡がとれなかった・・・って、そういえば」
アソコを彼女から引き抜いて、そうアドバイスすると、彼女は喜んで言われたとおりに電話していたようでした。



電話が終わると、彼女はニッコリ微笑んで、
「ありがとう。お店の人もすっかり信用してくれて、今日はもう帰りなさいって。だから、あたしヒマになっちゃった。ねえ、このあとドコにいく?」
どうやら彼女との長い夜は、まだまだ続きそうです。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する