コスプレイヤーを性奴隷にしてた話



数年前、僕はワカナちゃんという、ものすごい美少女と付き合ってオマンコしていました。
身長は150センチぐらいで小柄だったけど、胸もお尻もプリッとして大きくて、ストレートヘアを茶髪にしていて、目がすごく大きくて人形みたいに可愛い女の子でした。
顔は声優の○山智左を幼くした感じで、声もよく似ていていました。
性格も明るくて、よく「ウフフッ!」とか「エヘヘッ!」とか可愛いアニメ声で笑っていました。
ワカナちゃんは短い間だったけど、ミサッチというコスネームでコスプレイヤーとしても活動していました。
彼女は僕がコスプレ好きだと知っていたので、最初は僕にコスチュームを用意してほしいと頼んできました。
僕はコスを着せてハメ撮りすることを条件にして、何着か用意してあげました。



それからは会う度に、「○ーラームーン」、「○しぎの海のナディア」、「○ジキャラット」の「○ヴィアンローズ」といった、今ではコスプレのスタンダードになったコスを着せてオマンコしまくりました。
コスを着せたまま顔面シャワーして、コスプレ美少女が鼻の穴からネバネバのザーメンを垂らしたアホヅラも何枚も撮ってやりました。
ピルを飲ませて中出ししたり、並のアイドル以上に可愛い美少女の顔面にションベンまでひっかけてやりました。
実は僕のチンボはボッキすると太さ5センチ、長さ22センチにも達するスーパーデカマラナイスチンボなんです。
僕はこのチンボで何百人もの女を食い散らかしてきました。
人がうらやむスーパー美少女コスプレイヤーも完全に僕のデカマラチンボの虜になって、僕の言うことなら何でも聞くオマンコ肉奴隷に成り下がっていたんです。



僕が一番気に入っていたのが、「○ードキャプターさくら」の第一期オープニングの白とピンクのコスでした。
その時オマンコしたラブホテルの部屋は、赤とピンクを基調にしたメルヘンチックな部屋でした。
シャワーを浴びてから直ぐにミサッチにコスを着てもらいました。
ミサッチはピンクの帽子をかぶって魔法のカードまで持って、すっかりアニメのヒロインになりきっていました。
彼女は直ぐにでもオマンコしたそうでしたが、その前にデジカメとビデオでコスの撮影をしました。
僕は昔からハメ撮りする時は、いつも靴下だけ履いたままで後は素っ裸になってチンボ丸出しで撮影しています。
そんで女にエロいポーズを取らせて、チンボが次第にボッキしていくところを見せつけて女も興奮させているのです。



ミサッチは僕の言うとおりにどんなエッチなポーズでも取ってくれました。
「四つんばいになって顔はこっちに向けてニコッて笑って」
と言うと、マンコとケツの穴丸出しでお尻をプリンとこっちに向けて、首を曲げてこちらを向いて
「エヘッ!」
と可愛く微笑んでくれました。
それからベッドの上でスカートをまくってМ字開脚でウンコ座りさせて、下からカメラを向けて美少女コスプレイヤーのドドメ色のスケベマンコをバッチリ撮影してやりました。
それからミサッチはベッドに仰向けになって両手を頭の下で組んで、可愛いアニメ声で



「は~い、ユウ君の大好きなミサッチのオマンコで~す♪」
とか言って、堂々と両脚をおっぴろげてピッカーッ!て感じでマンコを見せびらかしてきました。
ミサッチのマンコは既にいやらしいマンコ汁でヌルヌルに濡れていました。
僕はそれを撮影しながらチンボがはちきれそうになって、
「うっうっ!いいっ!すごくいいっ!オレ、前から○ードキャプターさくらとオマンコしたかったの!」
とか言って、黒い靴下を履いたままミサッチに襲いかかりました。
そんでミサッチの腐れマンコをベロベロに舐め回して、軽く一回いかせてやりました。



それから鼻の穴にフルボッキしたデカマラチンボをなすり付けてから、思う存分チンボをしゃぶらせてやりました。
ミサッチが「ブベッ!ブヂョッ!」とチンボを舐める汚い音が、メルヘンチックな部屋に響き渡りました。

僕はいよいよたまらなくなって、ミサッチの両脚をガバッとおっぴろげて、正常位でヌルヌルのマンコにビンビンのチンボをぶち込みました。
そんでミサッチの頭を両手でつかんでブベッチョブリッチョって感じでエロエロのディープキスをしながら、腰を上下左右にクネクネさせて変幻自在のピストン運動をしてやりました。
ミサッチは顔を歪ませて、可愛いアニメ声で
「ああーっ!あああーっ!」
と悶えまくっていました。



僕は憧れの○ードキャプターさくらとオマンコできて、感動のあまり思わず
「メルヘンぢゃ!メルヘンぢゃ!」
と叫んでしまいました。
そんで
「もうオレだけのミサッチだからね。もう二度と離れられないチンボとマンコな二人なんだからね」
などと言いながら、ミサッチの鼻の穴や鼻の下までズペズペベロベロと舐め回してやりました。
ミサッチは
「ふんふんふんふんっ!イグイグイグイグッ!」
と叫んだかと思うと、



「イグウウーッ!グエエエエーッ!」
などと普段の彼女からは考えられないケダモノじみたガラガラ声を上げて、舌を出して白目をむいて三白眼になって絶頂に達しました。
僕はアイドル顔の美少女のキチガイじみたイキ顔に刺激されて、ガムシャラに腰を振りまくってマッハピストンして、彼女をたて続けに三回もいかせてやりました。
そんでミサッチの目の前で「フガーッ!フガーッ!」とブタのように鼻の穴を鳴らしまくって、
「天国ぢゃ!天国ぢゃ!」



と叫んでチンボを抜いて、○ードキャプターさくらの鼻の穴にめがけて、ものすごい勢いでものすごい量のチンボの汁をぶっ放してやりました。
僕のチンボの汁は狙いどおりミサッチの鼻の穴にズボッ!ズボッ!と飛び込んでいきました。
ミサッチは鼻の穴に精子が入ると
「はああ・・・ああ・・・ンガッ!ゲヘッ!」
などと野太い呻き声を上げていました。
僕はそれにも構わず22センチのデカマラチンボをブンブン振り回して、ミサッチの顔面に容赦無くチンボの汁を飛ばし続けました。
見る見るうちにミサッチの可愛いアイドル顔はネバネバの粘液でドロドロになっていきました。



僕がチンボの汁を出し尽くすと、僕の足元には鼻の穴が両方とも精子で完全にふさがってしまったスーパー美少女コスプレイヤーの成れの果てが横たわっていました。
僕は黒い靴下を履いたまま仁王立ちして、ミサッチの無残なザーメンまみれのアホヅラを見下ろしていました。
ミサッチは鼻の下から顎にかけてチンボの汁でドロドロになって、白目をむいて頭をブルブルふるわせながら、
「ああああ!ズゴイ~!ズゴイ~!」
などとキチガイのようになって呻いていました。
コスプレ美少女の精子まみれのアヘ顔は気が狂いそうになるほど刺激的で、僕は思わず



「すんげえ~、何このバカヅラ」
と口走ってしまいました。
そんでニヤニヤ笑いながら、アイドル級の美少女の最高にみっともないハナタレヅラをデジカメで激写してやりました。
僕は憧れの○ードキャプターさくらに望みどおりの鼻穴顔射を決められて大満足でした。

それから僕はテレビとビデオをつないで、ベッドが真正面から映るようにビデオをセットしました。
そんでビデオに顔を向けて靴下を履いたまま四つんばいになって、ミサッチにケツの穴を舐めさせてやりました。
ミサッチは「ふう~ん、ふう~ん」と鼻声を出しながら、僕のケツの穴を一所懸命に舐めてくれました。



メルヘンチックな部屋で可愛いアニコスを着た美少女に汚いクソが出てくる肛門を舐められるのは、涙モノの快感でした。
テレビには、アイドル顔のコスプレイヤーがケツ毛ボーボーの薄汚い男のクソ穴を舐め回す様子が、バッチリ映し出されていました。
僕はそれを鼻の下を伸ばして眺めながら、思わず「メルヘンだなあ~」と呟いていました。
ブチャブチャといやらしい音を立てて、必死こいて僕のクソの穴を舐めまくるミサッチの姿は、まさしくメスブタとしか言いようが有りませんでした。



僕は何百人もの女とオマンコしていて、その全員に「顔面発射、肛門奉仕、顔面放屁」の三点セットを決めていました。
ミサッチはそれまでオマンコした女の中でも一、二を争う美少女だったので、柄にも無くケツの穴を舐めさせても顔に屁をこくのは遠慮していました。
しかしその日の乱れっぷりから「これならいける」と思って、ミサッチの顔面に初めて放屁することにしました。
そんで20分くらいケツの穴を舐めさせていると強烈な屁意を催してきて、ミサッチがケツの穴にディープキスしている最中に、アイドル級の美少女の顔面に鬼のようにくさい屁を一気にぶっ放してやりました。
「ブビィィィーッ!ブッ!ブビブゥゥゥーッ!」という鈍い屁の音が、メルヘンチックな部屋中に轟き渡りました。
ミサッチは顔をしかめて「ヴワアーッ!いやっ!チョーくさいーっ!」と絶叫しました。



後でビデオを見返したら、ミサッチの前髪が屁の勢いでブワッと舞い上がるほどの見事な屁コキでした。
僕はミサッチの顔を覗き込んで
「どうミサッチ?目の前で屁をこかれた気分は?泣いちゃいそう?泣いちゃいそう?」
と聞いてやりました。
ミサッチは泣きそうな顔をして
「ウウ~ン・・・くさいよぉ~・・・くさいよぉ~」
とか言いながらも、鼻の穴をフンフン鳴らして僕のくっせえ屁の匂いを吸い込んでいました。



僕はその時「オレは今、愛する女を完全に征服したんだ」と思い、心地良い征服感に酔いしれていました。

そんで二発目は○ードキャプターさくらにハードなマングリ返しを決めてやりました。
ベッドをギッシギッシと軋ませて、ミサッチに自分のマンコにチンボが入っているところを見せつけながらマッハピストンして、彼女を何べんもいかせてやりました。
ミサッチもすっかり興奮していて可愛いアニメ声で、
「ふんっ!ふんっ!チンボッ!チンボッ!チンボマンコチンボッ!」
などとスケベな言葉を連発していました。
そんで二発目も当然のように、ミサッチの顔の真上から顔面シャワーしてやりました。



黒い靴下を履いたままクソマヌケな相撲の四股踏みポーズになって、屁を垂れながらチンボをしごきまくりました。
そんで一撃でミサッチの鼻の穴がチンボの汁でふさがるほどの強烈な顔射をかましてやりました。
後はチンボから手を離して、チンボを自由にビンビンとはねさせて、コスプレ美少女の顔中にチンボの汁をビソッ!ビソッ!とひっかけてやりました。
僕が精子を全て出し尽くすと、ミサッチの鼻の穴は両方とも薄汚い粘液が溜まって白い池のようになっていました。



三発目は仁王立ちになってケツの穴を舐めさせた後、最初は正常位でハメて一回いかせてやりました。
それからミサッチをヒョイと持ち上げて、○ードキャプターさくらと駅弁ファックしながら、靴下を履いたままメルヘンチックな部屋の中を歩き回ってやりました。
そんでミサッチをかかえたまま腰を左右にクネクネ振ったり、前後に激しくピストンさせて「バホッ!バホッ!」という肉と肉がぶつかり合う音をメルヘンチックな部屋中に響き渡らせてやりました。
ミサッチは



「すごい!チンボすごい!ふんっ!ふんっ!」
とか言って、僕の目の前で鼻水を垂らして悶えまくっていました。
それからベッドに戻って再び正常位でチンボを激ピスしました。
ミサッチは涙とよだれと鼻水を垂れ流して「チンボチンボ!マンコマンコ!」と淫語を叫び続けて、たて続けに何べんもいきました。
僕は美少女コスプレイヤーのアホみたいなハナタレ顔を見ていると気が変になってきて、思わず彼女の鼻の穴に両方とも指をヅボッ!と突っ込んでしまいました。
そんでチンボでマンコを犯しながら、鼻の穴を指でほじくり回してフガフガ言わせてやりました。
フィニッシュはもちろん鼻穴顔射で、ミサッチの鼻の穴を両方ともチンボの汁を詰まらせてやりました。
僕は
「鼻の穴ぁ~、鼻の穴ぁ~」
などと言いながら、チンボの汁をドバドバ射精し続けました。
ミサッチは両方の鼻の穴から白く濁った粘液をダラダラ垂らして、
「エヘヘヘ、ヘエエエ」



などとニヤニヤ笑っていました。
僕はそのキチガイじみた笑い顔を見て、女の本性を見たような思いがして背筋に冷たいものが走りました。

それからミサッチがシャワーを浴びたいと言うので、コスを脱がせて風呂場へ連れて行って、ミサッチの顔面にヂョヂョビヂョバヂョバと黄色いションベンをぶっかけてやりました。
僕は
「ションベンシャワー!ションベンシャワー!」
と叫びながら、茶髪の美少女の鼻の穴に集中的にションベン顔射を浴びせてやりました。
ミサッチは



「ジッ・・・ジブグアバババババババッ!」
などと訳の分からない呻き声を上げていました。
僕はもうミサッチに対して何の遠慮もしていませんでした。
そんでアイドル級の美少女にクソマヌケな四個踏みポーズをさせてションベンをさせてやりました。
ミサッチは恍惚とした表情で、ズヂョオォォォォーッ!とものすごい音を立てて、ものすごい勢いで大量のションベンを噴き出していました。

そんでシャワーを浴びて一服してから、ミサッチの顔の上でウンコ座りして、ケツをブチャッと顔に押し付けて、ケツの穴をしこたまねぶらせてやりました。



ミサッチはハヘハヘ言いながらケツの穴に舌をズブズブ挿し込んできました。
そんでまたスーパー美少女の顔面に屁をブヒッと垂れて、彼女を四つんばいにしてバックからチンボを一気に根元までぶち込んでやりました。
僕はミサッチのプリケツをかかえ込んで
「おらっ!おらっ!」
とか言いながら、ケダモノみたいにドスバスに突きまくってやりました。
そんでメルヘンチックな部屋中に「チンボォォォーッ!」だの「オマンゴォォォーッ!」だの淫語を轟かせて、無我夢中になってオマンコしまくりました。
ミサッチはイク時には白目をむいて舌を出して
「イッイグッ!グッフゥゥゥ~ッ!ヴヴヴヴヴ~ッ!」
などとケダモノのように呻いて絶頂に達しました。



僕もその時は既に三発も射精していたのでなかなか射精できず、体位を何度も変えて一時間以上ミサッチのマンコにハメっぱなしでした。
ミサッチは涙とよだれと鼻水を垂らしまくって、ものすごいダミ声で
「もうイヤァァァーッ!チンボイッデェェェーッ!マンゴにダジデェェェーッ!」とか
「ダメェェェーッ!またイグゥゥゥーッ!ママァァァーッ!」とかわめき散らして十回以上いきました。
僕も終いには鼻水をダラダラ垂らしながら、鼻の穴をフガフガフガフガ鳴らしまくってミサッチの顔面に生臭い鼻息を吹きかけて、
「あああーっ!出したいぃぃぃーっ!早く出したいぃぃぃーっ!チンボォォォーッ!チンボォォォーッ!」
などと絶叫してしまいました。



最後は二人とも完全にキチガイになって、全身汗まみれになって「グエェェェーッ!」「ンガァァァーッ!」などと野獣のように吼えまくって、フィニッシュはミサッチのマンコの一番奥深くにチンボを突き立てて、したたかにオスの精を吐き出して果てました。
しばらくは二人とも鼻水を垂らしたままのアホヅラでブチュブチュと唇をむさぼり合いながら、つながったまま抱き合っていました。
それから僕はチンボを抜いて
「ふう~っ・・・全部出た・・・キレイに出た」
と呟きながら、仁王立ちになってミサッチを見下ろしました。
もはやアイドル級の美少女の面影はどこにも無く、ミサッチは涙とよだれと鼻水を垂らして、大股おっぴろげて大の字になって、マン屁までブヒブヒ垂れて、ドドメ色の腐れマンコから白く濁ったヌルヌルの液体を溢れさせていました。



僕はデジカメとビデオをズームにして、ミサッチのマンコがチンボの汁をドロドロとだらしなく垂れ流す様子をドアップで撮影してやりました。

最後に他の女にやっているように完全なる征服の証として、ミサッチの両方の鼻の穴とマンコに一本ずつタバコを刺して、スーパー美少女コスプレイヤーの最高に無様な鼻タバコヅラを撮影してやりました。
ミサッチは「あ・・・あ・・・」と呻きながら、何とも言えない情けない顔で僕を見つめていました。
僕はチンボをビンビンにしながら
「愛してるよ」
と言ってやりました。



僕はその時、人生の勝利者になったような気がしました。

ミサッチがコスプレイベントに出るのを止めてからも、僕とオマンコする時はアニメやゲームのキャラのコスチュームを着せてハメ撮りしていました。
ミサッチとは僕にしては長い間付き合いましたが、ルックスも性格も本当に可愛かった彼女も、年を取るにつれて磨れてきて、だんだんと扱い難くなりました。



更に30歳近くになるとルックスの劣化が激しくなってきて、他にコスプレハメ撮り用の若い便所女は何人もキープしていたので、使い古したボロ雑巾のように捨ててやりました。
その後、彼女とは全く連絡を取っていません。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する