上京する前に最後に会って中出しSEXした結果→数ヵ月後に妊娠報告



当時C生だった葉月(仮名)の処女を奪った後からおよそ週1回の割合で男女の関係を持ち続けていた。
しかしその事が彼女の親にバレそうになり、お互い合うのを控えた。
控えたとはいえここは小さな田舎町。
町の商店街にでも行けばお互い顔くらいは逢わせていた。
お互い気づかないふりをし続けて約4年半の月日が経とうとしていた。
季節が冬から春に移ろうかとしていたある日。
私の家から近い路上で偶然会った。
話があるからといって近くのカフェに入った。
葉月はもうK3年、もう卒業の歳だった。
卒業後は有名私立の大学進学の為上京するとの事。
一瞬ガクッときたが、同時に月日の流れの早さに驚いていた。
葉月はただ黙り込んでいた。
上京してしまうと最低でも4年は会えない。
意を決して言った。
「最後に行こうか?」
葉月は黙って頷いた。



久しぶりの場所に2人は着いた。
葉月と暫し愛を育んだラブホテルだ。

部屋に入り、葉月がシャワーを浴びた後ベッドへ。
横に並んで座り、見詰め合ってからキスを交わした。
柔らかい唇の感触が心地よかった。
葉月を寝かせ、体を包んでいるバスタオルを取った。
K生になった葉月の体は華奢ではあるが綺麗だった。
乳房は手のひらサイズで愛らしかった。
優しく円を描くように乳房を揉んでいく。
「あっ」という可愛い声。
先端の小さくピンクの突起。
相変わらず今も綺麗な色をしていた。
舌先で乳首を弾く。
「あっ、あんっ、はぁ、はぁあ・・」
突然色っぽい喘ぎ声になった。
乳首は葉月の最も敏感な性感帯だ。
ゆっくり、そして執拗に乳首を責める。
舐めと吸いを繰り返す。
たちまち薄いピンクの乳首は硬さを帯びてきた。
と同時にピクッ、ピクッと小刻みに震えていた。
ジュルジュル、レロレロ、チュッパ、と音を立てて乳首を責めた。
両方のピンクの乳首は痛いほど尖っていた。



マ○コも以前と何ら変化していないかのように、綺麗なピンクだった。
数年前、私の淫茎が刺し貫いたとは思えないほどだった。
それを見た瞬間私の男根は限界にまで硬くそそり立った。

葉月の細く綺麗な両脚を割り、正常位の体勢を取った。
肉棒を膣口にあてがう。
「入れるよ」
「うん、来て」
久しぶりの挿入。
(ズブッ、ズリュッ、ズブズブッ、メリメリッ)と
聞こえてきそうなくらいに狭くキツいマ○コ。
「うぬぅ」と思わず声が出た。
「はぁんっ、はぁぁ、うっ、うんっ」
葉月の口から悲鳴にも似た喘ぎ声が漏れた。
4年半経った今もその締め付けはきつく、容易に膣奥への侵入を許さなかった。
肉棒の根元まで突き入れた後、ゆっくりと腰を動かし抽出入を始める。



「あんっ、あんっ、うんっ、はぁ、はんっ」
淫動と共に漏れる喘ぎ声が一段と可愛く聞こえ更に興奮を招く。
深い突きと浅い突きを繰り返す。
お互いの性器が深く交わっている結合部からは(ネチッ、ネチャッ、ネチャ)と淫音を上げていた。
「はぁ、はぁ、あんっ、うっ」
葉月にとってもおそらく久しぶりの性交、そして久しぶりに味わう
’男の欲棒’の太さ、硬さ、ピストン・・・。
息遣いも荒くなり、焦点も定まらなくなっていた。
葉月のピンクのマ○コに私の太く赤黒いチ○ポが根元まで姦通している結合部。
愛液でテカテカになっているお互いの性器。
何度も精の暴発を堪えるのに必死だった。
「久しぶりのチ○ポはどうだ?気持ちいいか?」
「気、気持ちいいよ・・。あっ、あんっ、いっぱい奥まで突いて」
「じゃあマ○コの奥までいっぱいズブズブしてあげるよ」
一番深い挿入を得られる屈曲位で狂ったように突きまくった。



もはや限界のときが近づいてきた。
「さぁもうイクよ、イキそうだよ」
「はぁ、はぁ,わ、私も、うんっ、いっ、いくっ、はぁんっ」
「どこに出して欲しい?」
「な、中で、あんっ、中に、はんっ・・」
「中に出して欲しいの?」
「中に、うんっ、はぁ、いっぱい、あっ、出して・・」
「じゃあ、葉月のマ○コにザーメンをいっぱい出してって言ってごらん」
「は、葉月のマ○コに、はぁっ、はんっ、ザーメンをいっぱい出して」
「よぉし、たっぷり注いでやるからな」
「あんっ、は、孕ませて、あうんっ」
完全に狂っていた。もうお互い理性などはすでに消えていた。
快楽をひたすら求め合う獣のようだった。
両手で葉月の腰を掴んで一気にラストスパートを掛ける。
激しい肉棒の抽出入、葉月の体が壊れそうなくらいの猛烈な淫動。
トドメとばかりマ○コの奥へ突きまくる。
葉月の小さな両方の乳房を鷲掴みにした。
「イクぞ、イク、イク」
「あんっ、はぁん、あんっ、あっ、き、来て」
「出すぞ」



あまりの快感に、葉月は枕を掴み悶えていた。
「たっぷり出してやる」
葉月はもう声をあげることはできなかった。
「うぅぅ」
葉月の両肩を押さえつけ、肉棒が膣の一番奥深い所を貫き突いた刹那、
(ドピュッッ、ドクドクッ、ビュルッ、ドプッ・・)
大量に放出された子種精汁を感じ取ったのか、射精の瞬間から葉月の体から力が抜けていくのを感じた。
最後の一滴まで注ぎ込んだ。
葉月の尖りきった乳首を軽く舐めてから肉棒を抜いた。
しばらくして葉月の愛液と共に一筋の白濁液が垂れてきた。
まさに渾身の射精劇。お互いしばらく動けなかった。

あれから数ヶ月。
葉月からメールが届いた。
妊娠。
今葉月の幼き胎内には、あの日の愛の結晶が宿っている。
もちろん結婚をし、責任を果たすつもりだ。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する