お嬢様系の奈緒美ちゃんをハメた体験談です



俺が19歳の頃の話です。

当時俺は高校を卒業して大学に入って1人暮らしを始めたばかり。卒業時に別の高校の知り合いだっ

た女の子と初体験をしたばかりのズブの素人に近い状態だった。
3つ隣の市に仲のよかった従兄の3つ上の兄ちゃんがいてしょっちゅうつるんで遊んでいた。ある日
兄ちゃんの家に遊びに行くと見慣れない女の子が遊びに来ていた。
女の子は兄ちゃんの大学の同級生(俺も知っていて何度か飲んでた)の妹で名前を奈緒美ちゃんとい

った。

奈緒美ちゃんもその年の春高校を卒業し従兄の兄ちゃんが通っていた近所の女子大に入学してきてい

た。

ある地方の有名な上場企業のお嬢様で当然の如くそれに見合った彼氏もいた。車持ちでマンション暮

らし、バイク乗りで極小のワンルームマンション暮らしの俺とは天と地ほどの差があった。
当時男子校を卒業したばかりの俺は女の子の扱いにも慣れておらず、チェリーは卒業していたものの

ほぼそれに近い状態だった。
ただ、高校の時からバンドなんぞをやったりして髪も染めたり色々やっていたので当時としては奇抜

なスタイルだった。ちなみに身長は181cm。そんな俺に奈緒美ちゃんは興味を持ってくれたらしく、

その日のうちに電話番号を交換した。


俺の方からは電話を掛ける事はなかった。何しろどう話していいのかも分からず、また特に用事も無

い状態で電話を掛けても会話が続かないと思ったからだ。
数週間後に俺の家の電話が鳴った・・・奈緒美ちゃんからだった。だが間の悪いことに俺は風邪を引

いて寝込んでいた。
「じゃあ、私がお見舞いがてら看病しに行ってあげるよ。何か食べたいものある?」正直2日ほどま

ともに食べていなかった俺は素直に嬉しかった。その時点では疾しい気持など全くなく即決で彼女の

提案を受け入れた。
「クリームシチューが食べたい・・・」弱々しく俺が言うと「じゃあ、明日授業も何も予定が無いか

ら行ってあげるよ」そう言ってくれた。
風邪引きで熱もあった俺だったが何だか嬉しい気持ちになった。
翌日は朝起き、少し部屋を掃除してシャワーを浴び彼女からの連絡を待った。


駅に着いたら迎えに行く約束になっていたが、奈緒美ちゃんは駅からタクシーで来てくれた。『お金

持ちは違うねぇ・・・』そう心の中で思った。シルクの白いシャツにミニスカート、そのスタイルに

少しだけ胸がドキッとした。
俺の独房のような狭い部屋に入ると彼女は開口一番「狭っ、この一部屋だけ?!」俺は少し凹む、し

かし「この部屋だったら常に密着状態かもね・・・」という彼女の言葉にさらに胸がドキッとした。

料理は必ずしも手際がいいとは言えずガッチャン、ゴッチャンやっている感じだった。だが、始まる

と何も言わず真剣に料理している姿に好感が持てた。俺は実際まだ熱があったのでその間は横になっ



ていた。
1時間半ほど経ったか、「やっと終わったぁ。」その声でうたた寝状態から目が覚めた。「ねぇ調子

どう?シチュー食べれる?」そう言って奈緒美ちゃんは俺の枕元に座ってきた。

俺が奈緒美ちゃんの方を振り返るとそこに奈緒美ちゃんが座っていたわけだが、ミニを履いていたた

め、デルタ地帯のパンティが丸見えだった。赤のパンティだったことは今でも覚えている。
俺も胸はさらにドキドキを増した。「うん、食べるよ。」とは振り返り際に返事したもののデルタを

凝視してしまい、無言になっている俺。「大丈夫?!なんか顔赤くなってきてるみたいだよ。」
彼女の言葉にさらに顔が赤らんでしまったように思えた。俺の頭の中は『赤パンツ、赤パンツ』がグ

ルグル回っていた。
彼女の勧めで少し休み、水を飲んでからシチューを頂いた。味は正直普通だったが、一生懸命作って

くれたのが嬉しくて何度も感謝の言葉を口にした。
体も少し楽になったので起きてベットに腰掛け、背中を壁に着く格好で二人並んで座って話し始めた



話はもっぱら奈緒美ちゃんの学校や友達の話だった。俺は「うん、うん」と頷いてはいたがあまり話

は耳に入ってこなかった。体が楽になるにつれ、先程の赤パンティが頭の中をグルグルと回り始めた


「ここ狭いけど、壁も薄そうだね。」「だと思う、夜静かになって寝る時に隣の部屋の電話の話し声

とか聞こえる事とかあるもんな・・・」「Hなんかしてたら一発でばれちゃうかもね。」「えっ!?

!」
俺のドキドキがさらに高まる。「聞こえたこと無い?」「それは無いけど・・・」「お隣は?」「多

分女の子だったと思う。殆ど見たこと無いけど・・・」「今居るかな?」「さぁ・・・」

すると奈緒美ちゃんは立ち上がり壁をトントン叩いたりし始めた。「ちょっ!?!」叩いては壁に耳

をつけたりして様子を伺っている。
「ナンかテレビの音が聞こえてるみたいだからいるみたいだよ。」←おいおいそれじゃそんな事して

たら近所迷惑でしょ!
次の瞬間奈緒美ちゃんは驚く行動をとった。「いや~やめてよぉ。」冗談だろうが、壁に向かって声

を出した。「ちょっ、ちょっと。!?!」俺が奈緒美ちゃんの方を向き見上げる。
ローアングルからまたもやチラリと奈緒美ちゃんの赤パンティが覗く。

「さっきから田中君、私のパンツ見てるでしょ!?」俺のドキドキはMAXになった。「いっ、うにゃ

?!」訳のわからない声で返事する俺。あまりにも図星だったため何も返答出来ない。
すると奈緒美ちゃんは俺の耳元に近寄り小声で「隣の女の子、田中君が女を連れ込んでると思うかも



ね。」と囁いた。
俺の心は少しずつ壊れていくようだった。「でも、な、奈緒美ちゃん彼氏居るんだもんなぁ。」そう

言うと奈緒美ちゃんは「でも、田中君も好きなの・・・」そう言って俺の耳にキスしてきた。
次の瞬間俺の唇は奈緒美ちゃんの唇に吸い寄せられた。

・・・・・・・・・完全に俺の理性は吹っ飛んだ・・・・・・・・・俺は夢中で奈緒美ちゃんの唇を

貪る。部屋にピチャ、ピチャ、プチュッとキスの音が響く。頭がキーンと真っ白になっていくようだ

った。
俺は奈緒美ちゃんをベットに押し倒し、さらにキスを続けた。

俺はキスを奈緒美ちゃんの唇から耳に移した。息を吹きかけたり耳の穴に舌を這わせたり、そういう

知識はあったが、いかんせん脱皮したての脱チェリー、それ以降『どうしたらいいんだ!?!』とパ

ニック状態になっていった。
ちなみに童貞卒業の際は相手は同じ歳の女の子だったが経験豊富だったため、また、俺が素直に童貞

をカミングアウトしていたためにリードしてもらっていた。
どうしていっていいか分からずに、ひたすら強弱は付けながら耳を攻めていると徐々に奈緒美ちゃん

から「あっ、あっ・・・」喘ぎ声が出始めた。

耳たぶを舐めたり息を吹きかけたり、耳の穴に舌を這わせたりそればかり繰り返していると、じれっ

たくなったのか奈緒美ちゃんは俺の右端を両足で挟んできた。必然的に体がより密着する。
そして俺の舌は首筋へと自然に移行する。「あ、あんっ、」体をビクつかせ喘ぐ奈緒美ちゃん。
その喘ぎ声に俺は完全に理性が吹き飛んだ。

荒々しくシルクのシャツの前ボタンを外していく。パンティとは別の色、白っぽいブラが目に入って

きた。今なら褒めたり、優しくしたり出来るのだがそこはテンパった若魚な俺、荒っぽくブラを外し

胸に吸いつく。
「ああ~ん、あん。」奈緒美ちゃんの声が一層大きくなった。夢中でオッパイにむしゃぶりつき、乳

首を吸いまくる。
右の胸ばかりではと思い左の乳首に口を移すと「あん、ビクビクするよぉ!!」と喘ぎ俺の右足をグ

リグリと挟み自分の股間を太股に擦りつけるようにしてきた。
乳首が一層固くなる。右乳首を吸い右手で左胸をもむ。「ふん、、ふぁっ」声にならない声で喘ぐ奈

緒美ちゃん。
俺のパンツは既にギンギンになったチ●ポから出てるカウパーでビチャビチャになっていた。そこに

奈緒美ちゃんの右手が触れる。
「!?!すごいベタベタだよ!?」そう言ってチ●ポをギュッと握ってきた。「うわっ!?!」イキ

そうになるのを堪える。

すまぬ。従兄弟の兄ちゃんは私立の大学。奈緒美ちゃんはその系列の女子短大だった・・・許してくれ



興奮はMAXになっていた。既にその時には奈緒美ちゃんに彼氏がいてお金持ちで・・・などという色



々なしがらみは俺の頭の中から飛んでしまっていた。
右手の人差し指をパンティの上からオ●ンコのあたりに這わす。グジュ、といった感触で湿気を帯び

た布地を捏ねまわす。
「あん、いや、パンツが汚れちゃう・・・」その言葉で俺は一気にパンティを脱がせた。逆立つ陰毛

、少し濃かった。雌臭というか俗にいう女の匂いが鼻につく。
今ならそこから執拗な愛撫を繰り返す余裕もあるのだが、やりたい盛りの覚えたて、俺はミニスカー

トを履いたままの奈緒美ちゃんの両股を開きチ●ポをオ●ンコにあてがうと
「いい?」「ちゃんとゴム付けてくれてる?」「今は持ってない・・・こんな事になるなんて思って

なかったから・・・」「駄目だよぉ、・・・」「もう我慢出来ない・・・。」
次の瞬間、生のままキンキンになっているチ●ポを奈緒美ちゃんのオ●ンコに深々と挿入した。

「あぁ・・・っ、あん!」大きく喘ぐ奈緒美ちゃん。俺は無我夢中で激しく腰を振る。「駄目だよぉ

、駄目・・・赤ちゃん出来ちゃう。」喘ぎながらも奈緒美ちゃんは少し抵抗する。
「奈緒美ちゃんのオ●ンコ凄く熱いし気持ちいい。!」
俺は結合部を見るのが好きだった。何より一体になっている感を味わうことが出来るからだ。奈緒美

ちゃんのオ●ンコに出たり入ったりしている俺のチ●ポは愛液でヌラヌラに光っていた。
射精感が高まってくる。と、その時に奈緒美ちゃんが「今は赤ちゃん出来たら困るから・・・お願い

・・・我慢して。」この言葉で熱く呆けていた俺の頭は通常モードに戻った。
動きを止め挿入したまま奈緒美ちゃんを見る。「私も気持ちいいからこのまましてたらどうにでもし

てってなるから・・・ねっ、お願い!?」一気にテンションが下がってくる。
『そうだ、この娘は彼氏居るんだ・・・人の彼女に手を出してしまったんだ・・・』当時うぶだった

俺はそこで行為を停止した。

オ●ンコからチ●ポを抜く。今だったらそこで縮んでしまうだろうが、若かったその時は抜いてもキ

ンキンなまま上を向いていた。
「ごめんね、イカせてあげられなくて・・・でも分かってね。」たぶん怒り顔であったろう俺、「し

、仕方ないよね・・・」でもそのシチュエーションにどうしていいか分からず、チ●ポを出したまま

奈緒美ちゃんの横に横たわった。

「私も、今までで一番感じちゃったかも・・・、イカないと苦しい?」「うん、少し。」「っそうだ

よね・・・」俺は正直手コキでもなんでもいいからイカせて欲しい気持ちでいっぱいだった。
不意に俺の下半身の方へ移動する奈緒美ちゃん。次の瞬間俺のチ●ポはオ●ンコとは別の温かさに包

まれた。「!?!?」俺の頭は再びパニックとなる。
俺は初体験はしていたが、その際にはフェラチオというものは体験していなかった。相手もそれだけ

は苦手だったのでお願いはしてみたもののしてもらえなかった。
恐る恐る視線を俺のチ●ポに落とす。そこには俺の方を見てニコッと笑いながらチ●ポを咥えている

奈緒美ちゃんがいた。

「今日はこれで勘弁してね。」そういうと頭を上下に動かしながらチ●ポを出したり入れたりし始め

た。フェラチオ初体験の俺、ジュポ、ベチャ、ジュポ、ベチャという音と咥えて出し入れしている奈

緒美ちゃん。
興奮は一気にMAXへと上がっていく。一度口からチ●ポを離し「イク時は教えてね!」と、次の瞬間

手コキを加えながら亀頭の周りに舌を回すように擦りつけられる。
「駄目だ!?!イクッ!!!」ビシュッ、ビュ、ビュッ俺は大量のザーメンを奈緒美ちゃんの口の中



で発射してしまった。

射精が終わっても咥えている奈緒美ちゃん。ゴックンしたかと思うとまた吸い上げるようなフェラチ

オを始めた。ジュジュ、ジュジュ・・・イッて敏感になっていた俺は腰を上下させて痙攣したように

震える。
それでもフェラをやめない。やがて俺のチ●ポはまた硬くなってしまった。
「凄~い、元気だね。」俺の方を見てニコッとするとチ●ポを握りしめゆっくりと上下させ始めた。

「あっ、あっ、あっ」俺はただ喘ぎながら奈緒美ちゃんを見つめるだけ・・・「ふっ、可愛いね。」

奈緒美ちゃんはそう言うと手の動きを最大限速くしていった。
「そんなにしたら、また・・・イッちゃうよ・・・」動きを止めない奈緒美ちゃん。射精感が高まる

。チ●ポを上下させる動きにあわせて奈緒美ちゃんの唾液で濡れたチ●ポからクチュクチュと音が鳴

る。

「うわっ、またイク!!!」俺がそう叫ぶと奈緒美ちゃんは俺のチ●ポを深々と咥え込んだ。プシュ

、ビュ気絶しそうな快感の中、またもや俺は奈緒美ちゃんの口の中に射精した。
「ゴクッ。」奈緒美ちゃんはザーメンを飲み込むと俺に口にキスしてきた。!?!汚いやら気持ち悪

いやら、訳が解からなくなったが俺は奈緒美ちゃんの舌を吸いディープキスに応じた。
『こんな快感初めてだ・・・』そう思いながら俺は丸出しのチ●ポをしまうことも無く気絶するよう

に眠りについてしまった。

30分ほどしただろうか・・・俺は奈緒美ちゃんに頬っぺたをツンツンされておきた。「気持ちよかっ

た?」身なりを整えた奈緒美ちゃんは俺に聞いてきた。
「滅茶苦茶気持ち良かったよ!んっ!?」そこで俺はまだチ●ポ丸出しだったことに気付く。しかも

、寝ていた為かチ●ポはキンキンに勃起していた。
「もう、駄目よ。私も疲れちゃったし、舐めてたらホントに私もしたくなっちゃうから・・・」俺は

そのまま奈緒美ちゃんを抱きしめた。奈緒美ちゃんは俺の耳元で「今度はちゃんと用意しててね。」

そういって抱きしめ返してくれた。
結局その日は奈緒美ちゃんの寮の門限もあり、そのまま駅まで送って行って別れた。俺はその後家に

帰ってもう一度自分でオナニーして寝た。正直『楽しみが増えたな』とは思ったがそれはその一回で

終わることになる。

俺と中途半端ではあったものの、一度は体の関係を持ってしまった奈緒美ちゃん。情が移ったのかど

うなのか、俺の事を本気で好きになってくれた。
しかし、彼氏、兄貴、俺の従弟の兄ちゃん達に、俺に相談もせずカミングアウトしてしまい、俺の知

らないところで大問題になってしまった。
すったもんだの挙句、俺と奈緒美ちゃんは強制的に別れさせられてしまい、二度と会わせてももらえ

なくなった。
良くも悪くも俺の中に残っている思い出です。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する