シンママとの大量射精ハメ☆



5ヶ月位前の話

友達のシンママの家に遊びに行った。
電車で2時間はかかる所なので会うのはかなり久しぶりだった。
俺はこの旅の目的として、彼女(Uちゃん)とHを出来たらな、
とか考えてた。

もちろん、一人の友人として、久々に会いたかったが、実は彼女にはこれより1年半前にフェラして抜いて貰ったこともあり
彼女自身もちょっとHな娘であることは知っていた。

旦那もいないから、そういう部分もある程度、求める可能性はあるな、と思ったのと
あとは俺自身暫くしてなかった事もあり、かなり溜まっていたからっていうのもあり、かなり期待していた。


彼女(+子供)とは夕方3時頃に家からは少し離れたコンビニで合流した。
因みに事前に遊びに行くことは伝えており泊まらせてもらうことも了解してもらっている。

そのあと彼女の車で彼女と1歳ぐらいの子供の3人で晩御飯の買い物。

その後、彼女の家に行き、晩御飯までは子供の面倒をみたり色々話をした。
晩御飯を頂き、お風呂に入る、とここまでは普通に過ごした。

しかしここで問題があった。

晩御飯後、彼女は子供を寝かしつけに自分とは別の部屋にいってしまった。

時間は21時頃。
まずい、このままじゃ彼女も寝てしまう…。

これじゃ目的が果たせない…(T-T)


そこで電話をしてみる。
………出ない。


…………出ない。


………………『…もしもし』出た!


俺 『あ、ごめん、寝てた?』
彼女『うん、子供寝かしつけてたら
   いつの間にかねちゃったみたい   』
俺 『そっか、悪いんたけど
   喉渇いたから、
   何かないかな?』
彼女『麦茶で良い?』
俺 『うん、全然OK!』
彼女『わかった、持って行くね』

さすがに直接『部屋に来て♪』とは言えないので適当な理由で来てもらう

程なくして彼女が麦茶を持ってきた
寝る前なので、パジャマ姿だ。
俺 『ありがとう、良かったら
   ちょっと話さない?』
彼女『うん、良いよ』

こちらの思惑通り、彼女は壁にもたれた状態で世間話を始める。

子供の事、婚活の事、これからの事…。

その内、スポーツジムの話になる。
俺 『たまにジムで泳いでるよ』
彼女『私も以前はジム行ってたよ』
俺 『そうなんだ、泳ぐと
   ストレス解消に良いんだよね』
彼女『へ�・』
俺 『まあ、水着は競泳水着だから
   ちょっと恥ずかしいけどね。
   明日帰りにも寄る予定なんだ』
彼女『そうなんだ』
そうこう20分くらい話してから、俺はちょっとずつ行動にでた。


俺 『あ、良かったらマッサージして
   あげようか?』
彼女『え、良いよ、悪いし…』
俺 『大丈夫。俺も何かして
   もらってばかりで悪いし、
   話聞いてると、色々疲れて
   いるみたいだし。
   俺ジムから帰ったら、
   自分にもやったりしてるから
   結構うまいんだよ』
彼女『そう…、うん、じゃあお願い』
俺 『OK。じゃあ布団に
   うつ伏せになって』
彼女『こうでいい?』
更に彼女はこちらの思惑通りに布団にうつ伏せになる

そんな会話をしながら、さっき話してたジムで使う競泳水着を彼女に見せた。
俺 『これが今ジムでは穿いてる
   水着だよ』

因みにこの競泳水着は、ウォーターポロという革とゴムの中間のような素材で、面積も小さく、ツルツルでテカテカしており、ちょっとHな水着だ。

彼女『こんなの穿いてるんだ、
   面積小さくない?』
俺 『プールだと、割と普通だよ。
   良かったら穿いて
   あげようか?』

そういって彼女を再びうつ伏せにさせて、下を全部脱ぎ、水着を穿く。

俺 『どう?』
彼女『やっぱりかなり、
   面積小さいね。』
俺 『まあね。ちょっと
   水着さわってみる?』

そう言ってお尻の部分を触らせる
彼女は
彼女『あ、凄くツルツルしてる』
俺 『でしょ。じゃあ腰から
   やってくよ』


そう言って、マッサージを開始した。
マッサージは至って真面目にやった

でも二の腕をマッサージするときは腕を伸ばさせて手のひらは、俺の股関あたりにあったから、何回かは水着越しにはアソコに触っている。
彼女もそれには多分気付いており、ややうつむき加減だ…。

彼女は時折、気持ちよさそうに声をあげており、ちょっと恥ずかしそうにしている。


20分くらいでマッサージは終了

さあ、ここからが勝負!



俺 『気持ちよかった?』
彼女『うん、ありがとう』

俺 『…じゃあ今度は俺も
   気持ち良くして』
彼女『えっ、それって………。』
俺 『………。』

そういいながらも恥ずかしそうに俺の水着の股関部分に触ってきた!?

俺 『?!』
彼女『…しょうがないなぁ、どう?』

そう言いながら水着の上から、笑顔で俺の股関をさすっている彼女

俺 『あぁ、気持ちいい…』
彼女『…何か不思議�・、あっ、
   ちょっと大きくなってきた』

その後も緩急をつけて、恥ずかしそうにしながらも俺のモノをさすり続ける

俺 『…あぁ、…あっ!』
彼女『水着スベスベして、
   触り心地いいね。
   何かココ熱くて固く
   なってきたよ、変な感じ』
俺 『だって気持ちいいから…』
彼女『そうなんだ…』

そういいながらも手は止めず、触り続ける彼女。

俺 『Uちゃん、ストップ!』
彼女『?』

不思議そうな顔をして、やっと彼女は手を止めた。

…正直気持ち良くて不覚にも出そうになりそうだった。

今度は俺の番だなと思い、彼女に質問する…。

俺 『Uちゃんはどこ触られると、
   気持ちいいの?』
彼女『えっ、…それは、まぁ、…
   他の人と同じ…だよ』

遠慮がちに恥ずかしそうに言う彼女

俺 『…。』
彼女『…うん、…。』



俺は意を決して、彼女のパジャマの上から胸をつかんだ!

彼女『アン!』

彼女が色っぽい声で哭く…。

俺はそのまま胸を揉み、乳首を刺激する。

そして彼女のパジャマをたくしあげ、強引にブラをずらして、胸を露わにした。

中々の大きさの胸。
吸い寄せられるように乳首を吸う。

彼女『アァ…、…気持ちいい』
俺 『本当?』

意味の無い質問してたあと、上着を全て脱ぎ、俺は競泳水着一枚の姿となる。

そして唇を奪いながらも右手は彼女の胸へ、左手は彼女の手を持ち、俺の股関へ誘導する

彼女は息を荒くしながらも、先程のように俺のモノを刺激する。


俺も彼女もお互いに快感の火がついた状態だ。

彼女『ハァ、ハア…。何かこの水着
   キツそうだよ』
俺 『…うん、お願い…。』

そういうと、彼女は競泳水着を脱がしにかかる。

モノが大きくなり、キツくなった
水着は『ピチッ、ピチッ』と音をたてながらも、徐々に脱がされていき、ついには足元まで下げた状態に。


チ○ポが勢いよく露わになった。

彼女『ふふっ、何か凄いね、
   あっ、先っぽが何かちょっと
   出てるよ』
俺 『そう言われると、
   ちょっと恥ずかしいな…』

彼女は露わになったチ○ポを握り、間近で観察しながら先っぽを触っている。

感触を確かめるように、彼女が人差し指で円運動を行うとこそばゆいような何ともいえない快感が俺の身体に響きわたる。


そうこうしている内に彼女はとうとうチ○ポをくわえ込んだ

ねっとりとした温かな感触に
俺 『…あぁ』
と、深い快感をじっくり味わう

俺も負けじと胸を中心に愛撫を続け、上着を脱がし、いよいよ彼女の秘所を攻めようという所で、
彼女『ねぇ、明るいから、
   電気消さない?』
と、ハァハア言いながら絶え絶えに懇願するように言った。

俺 『…うん、わかった』

そう言っておきながら、俺は小さい電気だけはつけたまま、引き続き愛撫を続けた。


そして先程は中断されたが、いよいよ、彼女の秘所を拝むべく、ショーツを脱がしにかかる。

俺 『ごめん、ちょっと腰浮かせて』
彼女『うん、…』

腰を浮かせてもらうと、スムーズにショーツは彼女の秘所から離れていく

俺 『(これが彼女の…)』

俺は彼女を喜ばしたく思い、彼女の股関に顔をうずめる。

やはり、先程の愛撫が効いたのか十分な湿度があった。

彼女『あぁ!、あぁぁぁっ!』

彼女はこれまで以上に声をあげ、喘いでいる。

クンニをある程度楽しみ、今度は指による愛撫に変え、俺のモノを喘ぐ彼女の顔の前に持って行く。

息を荒げながらも『パクッ!』と彼女がモノを含むと、先程の快感の波が再び押し寄せ、幾分固さを失いかけたチ○ポは再び熱く固くなる。

俺 『ゴムあるよ…。』
彼女『…うん、エラい…。』

袋からだし、スルスルと伸ばし装着完了。


いよいよその時が来る…。


仰向けになった彼女の脚の間に割って入る

俺 『…入れるよ?』
彼女『…うん…』

彼女の了承を得、チ○ポの先端を彼女の股関にあてがい、彼女に覆い被さりつつ一気に奥まで突き入れた!!


彼女『ああっ!』

一際大きい声を彼女があげる。

俺 『っあぁ!』

同時に俺にも先程以上の快感の波が押し寄せ、思わず感嘆の声が、こぼれる

俺 『(ついに彼女とセックス…)』

その想いと達成感に包まれつつ、彼女を気遣う


俺 『…大丈夫?』
彼女『…うん』

彼女の顔色をうかがいながら、自然に腰を上下に動かす。

彼女『あっ!、あっ!、あっ!、
   あっ!、あっ!、あっ!』
俺 『ハァ、ハァ、ハァ、ハァ、ハァ、ハア…』

彼女は感じていた。
俺の固く大きくなったチ○ポを味わっている。

俺の方も散々競泳水着の上から、股関を弄られ、フェラされた上に今、彼女の秘所にチ○ポを抜き差しし十分過ぎる快感を得ている

俺 『(…このままじゃ気を抜くと
   すぐに終わってしまう…)』

そう思い、上下運動を少し弱めながら彼女に提案する。

俺 『ごめん、後ろから、いい?』
彼女『うん、いいよ』

そういって、一旦合体をとくと、彼女は四つん這いになり、お尻をこちらに突き出す。

俺は再び彼女の秘所を探し、チ○ポをあてがい、貫く

ズブゥ…。

そう聞こえてきそうな音がして再び合体完了。

彼女『…あぁぁぁぁっ!』

再び彼女が哭く

俺も少し快感の波が引き、少し余裕ができたが、再びあらがい難い衝動に駆られる

しかもバックは腰が更にスムーズに動かし易いので、ガンガンついてみた

パン、パン、パン、パン、パン!

薄暗い部屋に響く音…。

そのリズムに合わせ、彼女も
彼女『あっ、あっ、あっ、あっ!』
と、よがる

俺 『(バックはやっぱり征服欲が
   満たせて良いなぁ)』

そう思いながらも、彼女を後ろから攻める

俺 『(そろそろかな…)』

しばらく彼女をバックから楽しみつつ再び正常位へ

俺 『気持ちいい?』
彼女『うん、凄く気持ちいいよ』

そう言って彼女の唇を奪いながらも腰は前後運動を続けると
『グッチュッ、グッチュッ』と
いやらしい音が響きわたる

俺 『(…ヤバい、そろそろ限界だ)』
彼女『…ハァ、ハア、ハア、ハァ、ハア』

俺 『ごめん、そろそろ限界かも
   膣で出すよ』

彼女『…うん、いいよ』

フィニッシュに向けて、ラストスパートをかける!

『パン、パン、パン!、パン、パン、パン!』


俺 『あぁぁぁ、イクよ!』
彼女『あぁぁぁ、アン、アン、アン!『』

『ドピュッ!、ドクッ、ドクッ、ドクッ!』

最後は彼女の乳首を吸いながら彼女の膣で果てた。

ズルッと抜いたチ○ポに嵌めたゴムには大量の精子が…。



その後はちょっと話をして、すぐに彼女は部屋に戻りました。

もちろん、付き合ったりはしてないですよ

稚拙な文章ですみません。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する