英国人の父親と日本人の母親との間に生まれたハーフの美少女の中に大量中出ししたったwww



レベッカは中学2年生、英国人の父親と日本人の母親との間に生まれたハーフでクリクリとした淡褐色の目が特徴の、小柄な少女でした。

将来は芸能人になりたいという夢をもっているレベッカは、子供のような容姿とはちがって精神的には意外と大人だったのかもしれません。
その頃、高校生だった私にレベッカがなついてきたのは、やはりハーフ同士ということが一番大きかったと思います。
僕たちはすぐにとても親密な間柄になりました。

私の両親は毎年、一定の期間仕事の関係で父の母国に帰っていましたが、私は学校があるので一人で残り、家のことは毎日通いでやってくる家政婦さんがやっていました。

両親がいない期間レベッカは私の部屋で過ごす時間が多くなり、思春期の二人はキスをしたり軽く体をさわりあったりするようになっていました。

2週間後に両親が帰国する予定のその日、レベッカは私に抱いてほしいと頬を染めながらいいました。

二人とも初めての経験に緊張で震えているような感じでしたが、たくさんキスをしてレベッカの胸や太ももをさわったりしているうちに段々と二人ともボウッとしたような感じになってきました。

そうしながら私はレベッカの服を脱がせようとしたのですが、うまくいかなくて結局は二人とも自分で服を脱ぎました。

レベッカは服だけではなくて可愛いいピンク色のブラとショーツもすぐに脱いでしまい、本当に生まれたままの姿になりました。

胸と股間を両手で隠すビーナスのようなポーズでいるレベッカを自分も全裸になった私はギュッと抱きしめていました。

私に触れるレベッカの肌はなめらかですべすべでしたが、意外にも柔らかいという感じではなくて弾力にとんだ、硬くはないけれどしっかりと張りつめたような感触でした。


立ったまま裸で抱き合い、ずいぶんと長い時間むさぼりあうようにキスをしていました。
いつもキスはしていたので、そのころはレベッカもとてもキスが上手になっていました。

それから私たちはベッドにいきました、お姫様抱っこでレベッカをベッドにおろすとレベッカはもう胸も股間の茂みも隠すことはしませんでした。

カーテンは閉めてありましたが、まだ日も高くて部屋は明るかったのでレベッカの姿はよく見えましたが、白い裸体は本当にきれいでした。

華奢なので胸のふくらみは小ぶりでしたが、色素が薄いのか乳首は桜の花びらのように
美しい淡いピンク色をしていました。

淡褐色の目以外は日本人とほとんどかわらないようなイメージのレベッカでしたので
抜けるように白い乳房に淡いピンク色の可憐な乳房に私は感動すら覚えていました。

それからは二人で無い知識をだしあって努力しましたが、あまりうまくできませんでした。

レベッカは私のものを口でしてくれましたが、先っぽを口にふくまれて舐められたのですが
可憐なレベッカがそんなことをしてくれているという感動はあるけれど、歯があたるのが少し痛くてあまり気持ちよくはなかったです。

私が指でレベッカのクリトリスをさわったときも、友達に聞いていたので十分にソフトに愛撫したつもりでしたが、レベッカはとても痛がりました。

結局はレベッカの乳首を私が舐めるのが一番よかったようです。
そうしているとレベッカは「なんだか変な気持ちになってきたかも」と言いました。

その後はレベッカのクリトリスを同じ様に舌でなめました。
今度はレベッカも痛がらなかったので、彼女が気持ちよくなるまでずっと舐めていました。

初めての挿入は話に聞いていたほどには難しくありませんでした。

レベッカの入り口はとてもせまくてきつかったのは確かですが、部屋が明るかったのと
レベッカが自分でわかりやすいようにしてくれたので、どうすればいいのかはすぐに判りました。



でも痛みは噂で聞いていたとおりのようでした、レベッカはとても痛がったので僕はレベッカが痛がると入っていくのを止めました。

それからまた少しだけ進むと、すぐにレベッカが「待って、やっぱり痛い」と言います。

そんなことをしているうちに私のほうが興奮で射精してしまいました。

ゴムはなかったので、あわてて腰をひきましたがレベッカの股間のあたりに出してしまいました。

私はびっくりして謝りましたがレベッカは微笑んで「いいの大丈夫なはずの日だから」と言いました。

女性には妊娠しやすい時期とそうでない時期があるというのは聞いたことがありましたが、そんなことまで考えて今日を選んだのかな?と驚いたのを覚えています。

やり直しでレベッカのクリトリスを舐めるところからはじめると、すぐにレベッカは変な気持ちになってきたらしく、少しだけ喘ぎ声をだしたりしていました。

さっきよりも濡れてきているのがわかって、これならちゃんとできるかも?と思いました。

レベッカを舐めているうちに私のものも、またすぐに元気になってきました。
でも、やはり先ほどと同じで先っぽだけは入るのですがレベッカはとても痛がるので
少し進んでは休みを5回くらい繰り返していたと思います。

レベッカが「いいから、私が痛がっても思いきってしてみて」と言いました。

レベッカが無意識にずりあがるように逃げるので、首のうしろに腕を回して抑えながら
思い切って腰を強く入れるとスブッという感じで半分くらいはいったような感じがしました。

レベッカは歯をくいしばって痛みにたえているようで、とても可哀相な気がしましたがそこで少しだけ休んだあと「いいね?」と訊くとレベッカがこくりとうなづいたので
もう一度ぐっと腰を入れて最後まではいっていきました。

処女膜を破ったという感じは正直わかりませんでした、とにかく生温かくてなんともいえない感触が「レベッカに包まれているんだ」という感じで素敵でした。

私は最後までつながったあとも動かずにそのままじっとしていましたが、すぐに射精感が

こみあげてきたのでレベッカに「本当にいいの?」と訊くと、そのときには涙目になっていたレベッカが「うん」と言ったので、レベッカのなかにそのまま放出しました。

その時に一回目のときとき比べものにならないくらいの快感が私のなかを走りました。

私が自分のものを引き抜くと、想像していたのよりもたくさんの出血でした。
レベッカが僕を安心させようとしたのかもしれませんが、抜いたあとは「そんなに痛くない」と言っていました。

家に帰るときもレベッカは「なんだかまだ入ってるみたい」と言っていました。

その後は毎日、夕方になるとレベッカが部屋に来て、裸で抱き合いましたが彼女が痛がるので中には入れませんでした。

1週間たったころ「なんだか大丈夫みたい」というので、入っていってみると痛がりませんでした。

それからは両親が帰国するまで毎有セックスをしていました、本当にたくさんしました。

両親が帰国すると、残念なことに2か月後に私も一緒に帰国することになってしまいました。


その後、レベッカは自分の夢をかなえました。

私は大学を卒業後、働いていた会社で日本支社への勤務を希望して今はそこで働いています。

レベッカとは連絡をとりましたが、彼女にとっては仕事が一番大切なことだというのが
判ったので、メール交換をするくらいでつきあったりはしていません。

今は私にも恋人がいますが、最初に女性の素晴らしさを教えてくれたレベッカに今も感謝しています。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する