会社の飲み会で他の部署の女の子に中出しかましたったww



最近、会社の飲み会で他の部署の女の子と近くになり一緒に盛り上がって店を出た。
彼女、ヒトミは2つ年上の28歳、顔はイマイチだが服の上からもハッキリとわかる巨乳ちゃんでムチムチっとしたエロイ体をしている。
わざとみんなとはぐれ、近くの公園のベンチでヒトミと話しをしていると話題はどんどん下ネタへ。
ヒトミはここ数年彼氏が居なくずいぶんご無沙汰だと言っていたしかも会話がかなりエロイ。
グイっとヒトミの肩を抱き寄せ巨乳を揉むが抵抗はない。
俺「ヒトミちゃんHしちゃおっか?」
ヒトミ「・・・うん、してもいいかも・・・。」
俺「俺も最近溜まってるから最低3回はしたいな」
ヒトミ「3回もしちゃうの?」
俺「うん、一晩中するよ」
ヒトミ「すごいね」
俺「何処に出して欲しい?」
ヒトミ「えっと、口と胸と・・・」
俺「あと1回は?」
ヒトミ「んっと、中・・・かな」
俺「へ~、ヒトミちゃん中に出しちゃうんだ?」
ヒトミ「うん、中に欲しい」
俺「んじゃ、3回とも中に出しちゃう?溜まってるからかなり出るよ」
ヒトミ「そんな・・想像だけで濡れちゃうよ・・・。」
とヒトミと腕を組みホテルへ入った。
腕に巨乳が当たる。
ヒトミを脱がせてブラうを取ると巨乳がブルンとこぼれた。
俺「凄く大きいね何カップ?」
ヒトミ「んっと、Eカップ」
ベッドで後ろから揉みしだき、パンティに手を入れるとすでにグッショリ。
俺「なんだもう濡れてるじゃん、俺も気持ちよくしてよ?」
と横になり自分でパンツを脱ぐとビンとチンポは勃起していた。
ヒトミ「スゴイよ・・舐めていい?」
と俺のチンポを咥えだす。
フェラもネットリでかなりエロキモチイイ。
俺「ほら、胸も使って」
ヒトミ「うん」ヨダレで濡れたチンポをヒトミが巨乳で挟む。
ヒトミ「ああ、この硬くて熱いのもう欲しくなってきちゃった・・入れていい?」
俺「いいよ、自分で入れて」
とヒトミに言うとヒトミは自分でチンポを持ち割れ目に押し付けた。
一応、俺は
「ゴムはいいの?」
と聞いたが
「しなくていいよ、早く入れていい?」
と言って生チンポに腰を下ろしてきた。
ヒトミの生膣はタップリ濡れていて、肉厚で気持ちよかった。
初めはヒトミに好きなように動かしておいたが、下から突き上げてやるといい声でアエギだした。
ヒトミ「あああん、すごく奥まで当たってるよ、気持ち良いの」
俺「ヒトミちゃん俺もうイキそうだよ・・何処に出して欲しいの?」
ヒトミ「ああああ、中、中でイッて!!」
俺「溜まってドロドロになった精子中に出して欲しいの?」
ヒトミ「うん、中に私の奥に出して!!」
俺「出すぞお~、イク」
とヒトミの生膣にビュー、ビューと大量中出し。



ヒトミ「んん~、中で出てるよ」
俺「ゴメン、まだ出る」
ビュー、ビュー。
ヒトミ「ああん、スゴイよ~、中にたくさん流れ込んでくるよ~」
俺「はあ、いっぱい中に出ちゃった」
ヒトミ「うん、こんなに中にたくさん出されたの初めて」
俺「気持ちよかった?」
ヒトミ「うん、中出しってイヤラシイよね、興奮しちゃう」
俺「あと2回中で出すからね」
ヒトミ「うん、もっと出してちょうだい、でも1回でこんなに気持ちいいんだから2回も出されたらおかしくなっちゃいそう」
俺「いいよ、いっぱい中で感じて」

体勢を変えヒトミと下にして抜かずにまた動きだすとヒトミも下から腰を振ってきた。
俺「ヒトミちゃんってかなりHだよね、中出しに感じちゃうなんてさ」
ヒトミ「うん、中出し大好きなの」
俺「またイクよ~」
ヒトミ「出して、また中に出して」
俺「う~イク」
ビュー、ビュー。
ヒトミ「あっ、また中に出てる、中精液でいっぱいだよ」
俺「あ~気持ちいい、ヒトミちゃんの中だったら何回でも出せるよ」
ヒトミ「うれしい、あと1回だね、まだ出せる?」
俺「もちろん、まだまだ出るよ、もっと出して子宮まで精液でタプタプにしてあげる」
ヒトミ「エッチ~、そんなイヤらしいこと言ったら興奮しちゃう」
しばし入れたまま硬くなるのを待ち、再び硬くなると今度はバックにして後ろからヒトミを突いた。
俺「バック気持ち良いよ、すごく根元まで入る」
ヒトミ「そんなに奥まで入れちゃイヤ~、子宮まできちゃうよ」
俺「思いっきり動くよ」
ヒトミの腰を掴み乱暴ガンガンに突く!
ヒトミ「あああ~ダメ~、さっき出した精液が溢れちゃうからもっとゆっくりして~」
俺「そんなに中に精液欲しいの?」
ヒトミ「うん、いっぱいいっぱい欲しいの、ああもうアソコがジンジンしておかしくなっちゃいそう」
俺「3回目出すよ、根元まで突っ込んで奥に出すよ」
ヒトミ「ああ奥気持ち良いよ、激しすぎて壊れちゃいそう、このまま奥に出されちゃったらおかしくなっちゃう」
俺「イク」
ビュー、ビュー。
ヒトミ「あ・・・あ・・・あ・・」

俺「ヒトミちゃん、気持ちよかった?」
ヒトミ「気持ちよすぎて死ぬかと思った・・中が精液でいっぱいだよ」
俺「出そっか?」
ヒトミ「ヤダ、勿体無い」
俺「じゃあ自販機でバイブ買ってあげるからとれで栓しときなよ」
ヒトミ「うん」
俺「じゃあ抜くからお尻高く上げて待ってて」
自販でバイブを買いヒトミの中に挿入。
そのままグチャグチャと出し入れ。
俺「スイッチ入れるよ」
ウイーンウイーンと中出し汁を膣内でカキ回す。
ヒトミ「イヤ~、気持ち良い、中で精液がグチャグチャだよ」
俺「抜けないように上からパンツ履いたら?」
ヒトミ「履かせて、力入らなくて動けないよ」
ヒトミにパンツを履かせバイブを固定。
ヒトミは横になり二人とも落ち着いてやっと一息。

俺「気持ちよかったね」
ヒトミ「うん、最高に興奮した、中も精液でいっぱいだよ」
俺「よかったらまたHしようね」
ヒトミ「うん、いいよ」
そして次の日の朝にもう1発中出しして帰宅した。

それから何度かHして中出ししたが体に飽きたので分かれた。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する