妊娠した彼女の代わりにセフレのJCに中出し→見事妊娠ww



4月末で私は出張を終え、妊娠中の婚約者のYの元に帰りました。
現在Yは妊娠4ヶ月なので、無理な体勢を取らなければSEXは出来るので、回数は減りましたがそれでも2日に1回は必ずYのオマンコに突き立てて精液を注ぎ込んでいます。
しかしこのYですが、実に不思議な子で自分より美人か可愛い子であれば1人だけ浮気しても良いよと言っているんです。
理由を聞くと、自分は今妊娠中で激しいSEXが出来ないため私が不満に思ってると勘違いしているらしいのです。
私は十分満足しているのですが、Yの身体を気遣ってSEXの回数や頻度を減らしたことが、Yには私が不満なのではと考えてしまった様です。
美人か可愛いかの基準は分かりませんが、とりあえず出張中に知り合ったC学生のYちゃんとなら浮気OKのお墨付きを貰いました。
(友人の妹で専門学生と嘘を教えてあります)
ここ最近はYちゃんとは週末に会うような感じで1ヶ月に最低2回は会っています。
5月のGW、婚約者のYは実家に用事があるので帰省。
私は仕事があるため一緒に帰省は出来ませんでした。
その代わり、中のYちゃんをこちらに呼び寄せて、毎日(3日~7日までの5日間)Yちゃんと生中出しSEXをしました。

連休初日
いつもは朝6時に起きて7時には自宅を出るのですが、Yちゃんが家にいる間は6時に起きると同時にまだ寝ているYちゃんの両足を開かせ、パンティを脱がさずにそのまま朝立ちでギンギンに勃起したチンポをマンコに挿入します。
Yちゃんは、私のチンポが5往復位する頃にやっと目が覚めて、寝ぼけたまま私のされるがままになっています。
「ああんもう、寝起きに襲われちゃってる」
「おはよう、やっと目が覚めたね。朝一から俺に襲われて嫌なの?」
「もう、そんな事そんな事聞かなくても分かるでしょう?Sさんに犯されるのが好きなんだもん」
「C学生で襲われるのが好きなんて聞いた事ないぞ。やっぱりYは淫乱だなあ」
「こんな風にしたのはSさんだよ。YはSさんに調教されてるんだもん。もっともっとSさんのしたいこと教えて」
「ところでYちゃん生理終わったばかりだよね?今中出しされたらYちゃんならもうどうなるか知ってるよね?」
「わかってるよ。Sさんの子供ができるよ」
「さっきからさ、もうYのぬるぬるマンコで気持ち良くなっちゃって朝一番の特濃ホットミルクが出そうなんだけど、どこに出して欲しい?お口?それともこのまま中に出しちゃう?Yちゃんどっちが良い?」
「やっぱり妊娠怖いから中は止めて。Sさんの朝一番の絞りたてミルクはお口に出して欲しいな」
「やっぱり妊娠は怖いか。だけど俺腹ボテ中学生も見てみたいんだよなあ。どうしようかなあ、このまま出しちゃおうか?」
「だめだよ、Sさんほんとにだめだよお、赤ちゃんできちゃうよお」
Yちゃんは初めて中出しを拒んできました。
「だけどYちゃんも中出しすきでしょ?マンコの奥に熱い精液ビュービュー出されるのすきでしょ?ならこのまま出しちゃうよ」
「中出し好きだけど、Sさんに中出しして欲しいけど、やっぱりだめです。赤ちゃん出来ちゃうのやだよお、C学生で妊娠するのやっぱりやだよお」
そう言っていつになく中出しを拒むYちゃんですが、この時点でもう私は限界が来ていました。
すでに射精が始まる直前の我慢できないところにきていたのです。
チンポを引き抜くことすら考えていませんでした。
「ああだけどもう無理。我慢できないからもう出しちゃうね。Yちゃんのマンコの一番奥に特濃ミルクいっぱい出すからこぼさず受け止めてね」
もう精液が先っぽから漏れ始めていたので、私は嫌がるYちゃんのマンコの一番奥に突き立てて、我慢していたものを一気に開放しました。

「いやあ、だめ、Sさん出さないでえ、だめえ」
その悲鳴にも近いYちゃんの叫び声を聞きながら、Yちゃんの膣内で自分でも長いと感じるほどの射精をしました。
「Sさんのが中にいっぱい出てるよお、やだよお、赤ちゃんできちゃう。Sさん早く抜いてえ」
「はあ、Yちゃんの膣内にいっぱい出たよ。特濃精液いっぱい出したよ。Yちゃんに赤ちゃんが出来るように掻き混ぜてあげるね」
私はそう言うと、まだYちゃんの膣内で硬さを保ったままのチンポで出したばかりの大量の精液を子宮に送り込むように掻き混ぜてあげました。
「掻き混ぜちゃだめえ、ほんとに赤ちゃん出来ちゃうよお、お願いだから早く抜いてください」
「もう遅いよ、Yちゃん。間違いなく受精するだけの量の精液を中出ししたもん」
「酷いよSさん、酷いよ。中に出さないでって言ったのに・・・」
そしてYちゃんは堰を切ったように泣き出しました。
そのYちゃんを見ながら、私は抜かずの2回目を始めました。

「ああ、Sさんもう止めて下さい、お願いです」
泣きながらお願いしてくるYちゃんを無視して私は2回目も中出しすることに決めていました。
「もちろんいいよ、もう1回中出したら止めてあげるよ」
私がこう言うと、Yちゃんはあきらめたのか、完全に投げやりになったようです。
「もう、ほんとに妊娠しても知りませんからね」
「ほらもうすぐ出るから、Yにもっと中出しして下さい、俺の子供を孕ませて下さいって言ってよ」
「もうSさんの好きにしてください」
「ああもちろんそうするさ。ほらいくよ、中に頂戴って言ってごらん。Yちゃんも気持ちいいんでしょ?」
「Yの中にSさんの精子を出してください、Yを妊娠させてください」
Yちゃんのその言葉を聞いた瞬間に私は、2回目の迸りをYちゃんの膣内にぶちまけました。



2回の中出しを終えてYちゃんのマンコからゆっくりとチンポを引き抜くと、2回分の大量の精液がドロドロと溢れ出てきます。
私はそのままいつものようにYちゃんの顔にチンポを近づけると、そのまま口に含ませて綺麗に舐めさせます。
このあと、私は精液をマンコから垂れ流して泣いているYちゃん留守番させて出勤、仕事から帰るとYちゃんは朝のことが何事もなかったように普通に出迎えてくれました。
そしてこの日の夜ももちろんYちゃんとの中出しSEXです。
2回中出しした後、おもむろにYちゃんはとんでもないことを言い出しました。
「またいっぱい出ましたね。Sさんの精液溢れてきちゃうよ。ほんとは妊娠はまだしたくなかったんだけど、やっぱり中に出されるの気持ち良かったよ。だけどY今日は危険日だし、いっぱい中に出されちゃったからSさんの赤ちゃん出来ちゃったよね。ちゃんと責任取って私と結婚してくださいね。Sさん前に責任取るって言いましたよね。C学2年生のYを妊娠させるんだから、逃げないできちんと責任取って下さいね」
前にその場を乗り切るために口からでまかせを言った事をどうやら真に受けていたようです。
やっぱりこの年頃の少女は純粋ですよね。
もちろんこの時も2つ返事で良いよと答えておきました。

そして翌日から毎日朝晩、1日最低3回はYちゃんに中出ししました。
さらに、2日目以降は俺に責任取らせるんなら、もっとYちゃんを俺好みの淫乱女子C学生にさせろと要求し、本格的に調教も始めました。
まず最初はアナルの拡張です。
初日は綿棒で肛門に物を挿入する感覚を覚えさせ、2日目にまずマンコ中出しの終わった精液を人差し指につけての指挿入。
3日目は指を親指、さらに人差し指と中指の2本同時挿入と、痛がるYちゃんに我慢させてわずか3日間でアナルSEXが出来そうなほど肛門を拡張することに成功しました。
そして調教4日目、連休最後の日でこの日の昼にはYちゃんとお別れのため、朝一にYちゃんのアナルを犯すことに決めました。
挿入時、最初はもちろん痛がっていましたが、最終的にはアナルにチンポを根元まで挿入することにめでたく成功。Yちゃんのアナル処女も奪いました。
そしてもちろんYちゃんのアナル処女を奪うのと同時に腸内射精も初体験です。
初めてのアナルSEXで、Yちゃんは激痛との戦いの様でしたが、私はチンポをギュウギュウに締め付けてくるYちゃんのアナルをたっぷり堪能し、痛がるYちゃんを我慢させてチンポを抜き差ししました。
さすがに初アナルの締め付けは例えようがなく、私は5往復程度であっという間に達してしまいYちゃんの腸内に熱いミルクを大量に中出ししました。
終わった後、アナルからチンポを引き抜くと開ききった肛門から精液が逆流してきました。
結局この日の朝は、この後Yちゃんの口でチンポを綺麗にさせた後にマンコに1回中出ししてYちゃんとの楽しい連休は終了しました。

そして今日、Yちゃんから連絡がありました。
見事妊娠したそうです。
そりゃあそうです。
危険日に連日たっぷりと中出ししたんですから当たり前です。
今週末、Yちゃんと1ヶ月振りに再会するのでいまから楽しみです。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する