俺と女友達が高校三年だった時に中出しをした話



俺と女友達が高校三年だった時の話、

「写真、撮らせてくれ」
「私の?」
「ブルマ姿で」
中学時代の女友達に言ったんだよ、マジな顔して。
で、意外にも許可が下りた。
そんなの撮って、何がおもしろいわけ?の質問に、正直に
「毎晩のオカズ」
本当は知っているくせに、わざととぼけている女友達。
「どうせヤレないなら、それくらいならいいだろ?」
「別にいいけど・・・」
女友達は恥ずかしがりながらうつむくわけ。
俺はその姿に大興奮。ペニスは勃起して、我慢汁も出る感覚がわかる。
数日後、俺の部屋に入った女友達、いつもと違ってやたらと大人しいわけ。
えっ???もしかして生理???勝手に想像している俺。
向かいの戸棚に軽く寄りかかって、こちらを見ている。
ペニスは半勃起状態。睾丸も鈍い痛みを生じていた。
溜まりすぎ???溜すぎか???なんか痛いぞ。
「持ってきてくれた?」
女友達を見ると、恥ずかしそうに目を伏せて照れ笑いをしている。
「全部持ってきたよ」
すげぇかわいい答え方。ふくれたバッグを軽く叩いてる。
「じゃ、俺、カメラとか用意してくるから、着替えてて・・・」

しばらくして、「着替えたよ」
という声。俺は柱の角に頭を打ち付けたいほど興奮していた。
口がカラカラ。ドギマギ゜ドギマギ。血液が沸騰していた。
手に取ったカメラが震えてる。興奮状態で部屋に入った。
俺の心は野獣になっていた。
「これでいいの?」
少しはにかんで立ちすくんでいる女友達。
足下にはきちんとたたんだ服。

悲鳴を上げるほど嬉しいのに、平静を装う努力。
女友達の視線を追うと、俺の股間に。
そして俺の視線に気づくと、恥ずかしそうに目を泳がせている。
「じゃ、写真、撮っていい?」
マジで手が震えてる。
女友達は静かにうなずくと、立ったまま大人しく目を伏せた。
陸上で鍛えている長い脚。胸は大きくはないが、体操服の似合うスリムさ。
股間にぴったりと張り付くブルマは、すっきりと割れ目を醸し出していた。
シャッターを切る指がしびれてる。酸欠状態のように、息が細くなっている気がする。
「もうすこし、脚を開いてみて」
カメラをのぞきながら注文している俺は、擦れて痛がる「きかん坊」で腰を引いていた。
すっきりした股間を、角度を変えながら撮り続けていた。

彼女の視線が、俺のカメラを追うわけ。チラチラと俺の股間も一瞥するわけ。
「大丈夫なの?」
掠れた乾いた声で女友達が聞くんだよ。
俺はしゃがみながら、チョモランマ状態のペニスを何とか収めようと必死になっていた。
「ちょ、ちょっと痛いけど」
馬鹿言ってンじゃないよ、何の話だよ。素直に応えてんじゃないよ、俺は。
「向こうでしてきていいよ・・・」
女友達の言葉に、睾丸がブラウン運動を起こし始めた。
女友達は恥ずかしそうに目を伏せたままでいる。
「何をだよ」
鼻息が荒い状態で、意地悪な質問をする。何を言ってンだ???俺は!!!



「きついんでしょ?一人でしてきていいよ・・・待ってるから」
俺と目を合わせずに呟いている。
何も知らないような顔をした女が、なぜ男の生理を知っている???
「どうせなら○○(女友達の名字)で出したいんだ」
あぅ・・・言っちゃったよ。言っちまっただよ。
横目で俺を見る女友達。

ことの詳細を理解した女友達は、一瞬頓狂な表情を見せ、また恥ずかしそうに眼を伏せたんだよ。
「目、つぶってるから・・・」
手持無沙汰にカメラをいじくる俺に投げかけた天使の囁き。
頭の中で繰り返されるその言葉、今も忘れない。忘れられない。

女友達は相変わらず、うつむいたまま。
「目隠ししていいか?」
意外に気の小さい俺は、女友達に確認している。
一瞬心配そうな表情をしたが、別にいいよ、とあっさり答えたんだよ。


もう、パンパンに膨れあがっているペニスと睾丸。
チャックを下げてもパンツから出てこない。俺はびっくりしたね。
極度の興奮だと、少し痙攣してるのね。
パンツなんか、液体ですごい状態になってる。
「タオル、はずすなよ・・・」
そう言うと、女友達は声もなく頷いて息を潜めたんだ。
ズボンを膝まで下ろしてちんちん出したら、その雰囲気を悟ったらしく、女友達はちょっと体を強ばらせた。
端から見たら、当時ではすごい滑稽な姿なんだろうな。
目隠しされた女の前で、シコってるんだからな。
せっかくのチャンスだ。すぐにイッてはもったいない。
先端は真っ赤になってて、はち切れんばかり。

「ちょっと、ブルマに擦りつけていいかな・・・」
直立して少し脚を開いた女友達の姿に我慢できなくて言ったんだ。
そしたら何度か首を縦に振ってる。これは良いということだな。
俺はいきり立っているペニスの先端を、女友達の股間へと移動したんだ。
女友達は小さく声を漏らして、膝をふるわせていたよ。

で、 いきり立ったペニスは上向いちゃってて、つまり、女友達のマンコに当たってンだよ。
もう、熱くて射精しそうなの、わかるか????

俺は我慢できなくなり、そのまま押し倒し、正上位でブルマの上からペニスを押し込んだ。
グイグイ押し込んでると亀頭が女友達の膣内にブルマごと入った。
ここで我慢の限界、睾丸から精液がダイレクトに尿道へ流れ出る感覚がわかるんだよ。

女友達に大量の精液を放出したんだ。
ものすごい快感なんだよ。魂が鈴口から飛び出していたね。
ペニスはドックンドックンしちゃってて、全然納まりがつかないんだ。
別の生き物みたいに動いちゃってる。
しばらく余韻に浸っていたが、挿入した部分がどうなったか気になり体を起こした。
亀頭はまだブルマごと膣内に入ったままだったが、ゆっくり抜いた。
すると膣内に押し込まれていたブルマが精子ごと押し出され、
床に垂れ落ちた。
それを見たとたん、ペニスがフル勃起、
4,5日、我慢してきたんだ、まだまだペニスの収まりがつかない。
こんどはブルマを脱がし直接挿入した。
女友達の膣内は熱く、ペニスをやさしく包んでくれた。
俺は腰の動きを徐々に早め、射精に向かって突きまくった。
その時何を思ったか俺の心の中に、
こいつを孕ませたい、俺の子供を産んでほしい、と本能の心が叫び、
女友達に「俺の子を産んでくれ!」と叫びながら、
亀頭を子宮口に向かって押し当て、そして鈴口から大量の精子を子宮内に放出した。

しばらくの沈黙後、女友達が「赤ちゃんできたら、結婚してくれる?」と言ったので、
「もちろん」と言った。

数か月後、妊娠発覚。
俺たちは高校卒業後、すぐに結婚。

子供が生まれた後も、昼間は一生懸命働き、夜は子孫繁栄に営んだ。
おかげで子供が5人でき、騒がしい毎日をすごしてる。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する