暖かくなってくるにつれて痴漢されます・・



今の私の家は駅から徒歩で15分くらいの距離なんだけど、半分くらい来て住宅街に入ると意外に暗いのよ~。
一応街灯はあるんだけど、普通の倍くらいの間隔であるから全体的に薄暗いのね…
わりと高齢者が多いのかしら…結構早い時間に人気がなくなるの。
22時過ぎたら真夜中みたいに人が通らないし、周りの家なんか明かりが灯いてる家探す方が難しいくらい!
だから帰りのこの住宅街は、だいたい同じ電車に乗ってた人が数人歩いてるくらいなのよ。
いつものように歩いて帰ってたの。
あと家まで数十メートルくらいのところで、いきなり後ろから口を押さえられて「!!」
道のすぐ横の空き地に連れ込まれちゃったの…
車が2~3台駐車場代わりに停まってて、その影になるように後ろの茂みまで引っ張られた…
「変に騒がなかったら怪我はさせないよ…」
と男の声が私に後ろから囁いたの。
変質者に追いかけられたり、スカートの中を盗撮されたりした事はあったけど、こんな風に羽交い絞めにされて連れ込まれたのは初めてだったから、かなり焦っちゃって…
「言う通りにするから…殺さないで…」
恐くて震えちゃってそれしか言えなかったわ~。
そうしたら
「スカートの中の下着を脱いで。」
と言ってきた。
それで少し安心したかな…
『ああ、この人はエッチしたいだけなのかも…』ってね☆
男の言うとおりに私はストッキングを脱ぎ、下着を脱いで渡したの。
薄暗いし、遠くの明かりが逆光気味だったから、男の容姿がよく見えない…
でも男が、わりと軽装なのは分かった。
上はカットソー系にブルゾンで下がスウェットって感じかしら…
男は
「そのまま足を広げて。」
と言ってきた。
私もまだ少し動揺してたからかなぁ…今考えればどうでもいい事なのに、服が汚れたら家にいる彼氏に怪しまれる…なんて考えちゃって~
携帯がカバンにあるんだから助けを求めればいいのに、すっかり飛んでてさぁ~(笑)
それで私ったら
「服を汚したくないの…四つんばいでいい?…」
なんて聞いてるの~f(^ ^ ; )
男は
「じゃあそうして。」
と言ったので、私はスカートを軽く捲って四つんばいになった。
男の鼻息をアソコで感じる…そしてすぐに男の唇と舌を感じた…
「あっ…♪」
分かっていても、思わず声が出ちゃった(#>v<#)!
周りは静かで、男が私のアソコを舐め回す淫らな音が響く…
『誰かに聞こえちゃわないかしら…』なんて思いながらも、感じてしまう私…(- - ; )
この手の男の人は、みんな溜まってるのね。
2~3分もしないうちに自分のアレを入れてきた…
ズブズブッ…♪
予想に反してアレは意外にそこそこ立派だった☆(笑)
飢えてるから、腰の動きが激しい…♪
私のアソコを、まるでアレで穴を掘り下げるみたいに突いてくるの。
「おぉ~っ…すごい気持ちいいよっ…♪」
男が小声で呟いてる…
私は
「あっ…んっ…あっ…んっ…♪」
と彼の突きに合わせて声が小さく漏れてる…
でも溜まってるからやっぱり早いの☆(笑)
すぐに



「あ…イキそうだ♪…かけるよ…」
と抜きそうになったので私は「!」慌てて男に聞こえるように小声で叫んだわ。
「ダ…ダメ!…かけないで…そのまま…中に出して♪」
普通逆よねぇ~ハハハf(^ ^ ; )
男は
「えっ !?」
と驚きを返したわ。
でも溜まってるもんだから、驚いたはいいけどそのまま ドクッドクッドクッ…♪ 私の中でフィニッシュ~☆
「あ…ホントに出しちゃったよ…ホントにいいのか…?」だって(笑)
私はつい先日の電車での事もあったし、
「平気よ…この前妊娠したから今関係ないわ…」
と答えたら、男は
「すごいよかったよ…でも…」
と言うと、またピストンし始めたの☆

『今出したばっかりなのに、もう復活ぅ?…というより溜まってるから収まってないのかぁ…f(^ ^ ; )』と心の中で苦笑い☆
そのまま2回戦が始まった…
1回出して落ち着いたのか、今度はさっきより長かった☆
男の鼻息…男の腰と私のお尻の繰り返し当たる音…どちらも外なのでかなり控えめに押し殺しているけど、小さく響いてる…
私はやはり
「あっ…んっ…あっ…んっ…♪」
と小声を漏らす…
ふと軽く見上げると、私の家の窓やベランダが見えるの…よく見ると…
『え~っ!彼がベランダに出てタバコ吸って何かしてるぅ~(>o<)!!』チョ~焦りました!!
状況的に、私は彼が見つければ見下ろせる光景の中で、違う男とエッチしてるんですぅ…(#>v<#)!
『ヤッバいなぁ…早く家の中に入ってよぉ…聞こえちゃうよぉ…(ToT)』もうハラハラドキドキだった~☆
家が3階って事とまさかって事も幸いして、彼は全然気付かなかったけど…
時間にして…多分30~40分くらいかなぁ…変質者とエッチしまくってた私…
(しかもその内の後半半分は彼の目の前で!)ハハハf(^ ^ ; )

結局、男は立て続けに4回中出しして落ち着いたのか、
「ありがとう…」
と言って去っていったわ…
数分ボ~ッとして…「あっ!」…私の下着、そのまま持っていっちゃった…
もう姿は見えないし仕方ないか…そう思って立ち上がり、素股にストッキング~(笑)
そして、そ~っと周りの様子を見るようにして道路まで出て街灯の下で衣装チェック☆
特に問題なかったので、家に帰りました。

すっかり忘れてたけど、男の飢えて溜まってた濃い精液はその時全然出てこなかったのよ。
だから中出しさせた事もうっかり忘れて帰っちゃったから家に着いて、さぁ~大変!
玄関で出迎えてくれた彼にカバンを渡して靴を脱いで、彼と会話をしながらストッキングを脱いで洗濯機へ放り込んだ時に男の精液が「ゴプッ…♪」
『あっ…!そうだった!何でよりによって音まで出るのよぉ~(ToT)』
彼はそれを聞いて
「何だよ~帰ってそうそうオナラかぁ?ハハハ…」
…勘違いしてる…ホッ☆

『ドロドロッ…ドロッ…』音は出てないけど、どんどん漏れてくる!
男の精液が太腿を伝って垂れてきてる!
私は、
「トイレ我慢してたの。間に合ってよかった~」
と慌ててトイレに逃げ込みました~(笑)

その後は、いつものように夕食を彼と済ませ、彼は明日が早いので先に寝ました。
私は持って帰ってきた仕事を済ませ、今こうして書き込んでるって訳☆
今日のあの男、よほど溜まってたのね。
濃いから、一度に全部は出切らないみたい☆
今、また出てきた…(#>v<#)♪
なんかさぁ…今までも予定外の人に求められてエッチしちゃってきたけど、いつも終わって思うのは
「嫌だった(涙)」とか「どうしよう(涙)」とかって思った事ないなぁ…☆
今もそうだけど不思議なくらい、その余韻をいつも愉しんでる (笑)
私っていつも、結果的に誰であっても来る者拒まずエッチしてる…
彼はまぁ当然としても…会社の関係や、街でナンパされたり、今日みたいに襲われたり…
キッカケはともかく、最後は自分も一緒に愉しんじゃって…
多分これからもずっ~と、こんな感じで誰かれ構わずエッチしちゃうんだろうなぁ…
趣味とかスポーツとかっていろんな人と楽しむじゃない?
私にとってエッチはそんな感覚かな♪
エッチ大好き♪本音を言えば中出しにもハマッちゃってる♪
だからいろんな人の子供デキちゃうのよね~☆
でも、誰の子かはいつも分かんない…もうそろそろホントにピル使わないと身体ヤバイなぁ…ハハハf(^ ^ ; )☆
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する