手っ取り早くデリヘル呼んだらタイ人の子がきたけど…上質だったw



以前財布にそれなりの余裕があったときのこと。
やりてぇな~と思い、手っ取り早くホテトルを呼ぶことにした。
電話をかけると、日本人以外に外国人もいるとのことで、タイ人の子を頼んだ。

ホテルの部屋で待っていると、早速タイ人の女の子が来た。
笑顔がかわいく、肌は少し褐色で第一印象はなかなかいい。
日本語もうまい。
部屋に入るなり抱きついてキスをしてきた。
かなり積極的で期待が持てる。
まずは二人とも服を脱いで風呂に入った。
俺のペニスを洗った後、丁寧にフェラをしてくれる。
その後湯船に入り、二人でイチャイチャする。
抱きついてきて激しくディープキスをしてくれる。
俺も負けずに胸やアソコを刺激した。

風呂を出た後、体を拭き、ベッドに移動。
早速第一ラウンド開始。
再びフェラをしてもらい、ペニスを限界まで硬くしてもらう。
次にこっちが攻める。
思いっきり足を開かせて、アソコをチェック。
陰毛は薄く、中はきれいなピンク色で、クリを中心にクンニをする。
さらに乳首をつまむと彼女の体はびくっと反応した。
胸が一番感じるようだ。
そしてキスをしながら抱きしめる。
彼女の手にペニスを握らせ、しごいてもらう。

そこで本番に移行する。
「入れようぜ」
といい、俺は仰向けになる。
ゴムをつけてもらうためだ。
ところが、
「ハイ、いいよ・・・」
と彼女は恥ずかしそうにしながらも笑顔でM字開脚のスタイルになった。
「えっ、コンドームつけないの?」
彼女は首を横に振った。
「生で入れていいの?」
うん、とうなずいた。
まさか日本語をきちんとわかってないのか?自分でゴムをつけろって?
「このまま入れちゃっていいの?」
「うん。」
「中出ししていいの?」
中出しという言葉がよくわからないらしく、首を傾けた。
「精子ってわかる?」
彼女はうなずいた。
「アソコの中で精子を出していいの?」
「うん。」

やったぜ、と思い早速亀頭をヴァギナの入り口に押し込む。
根元まで思いっきり挿入した。
特によく締まるわけでもなく具合は普通といった感じだが、さすがに生挿入は気持ちがいい。
やはり暖かさが違う。
ディープキスをしながらそのままピストンをする。
「アッ、アッ、アッ・・」
日本人とはまた少し違うよがり方をしたので興奮する。
「バックしよう。」
次に後ろから激しく突いてやる。
さらに部屋の壁に手をつかせ、立ちながら後ろからやった。
「気持ちいい?」
「うん」
「騎上位できる?」
仰向けになり、彼女を上に乗せた。
すると彼女はかなり激しく腰を振った。
「アオッ、アッ、オッ・・・」
まるで男を気持ちよくするより、自分がとにかくイキたい、といった感じだった。
最後に再び正上位に移行し、フィニッシュが近づく。
「もうすぐイキそうだよ。ほんとに中に出すよ?」
激しく感じながらも彼女は縦に首を振った。
お互い抱きしめながら激しくキスをする。
「あああっ!」
ペニスの中を何かが伝っていく感触とともにものすごい快感が体を襲う。
「あっ・・あっ・・」
彼女のヴァギナの中で何度も何度も射精し、そのたびに最高に気持ちよくなる。

きっちりと中出しをした後、ペニスを引き抜くと、ドロッと精液が彼女のヴァギナから垂れ出た。
すぐに風呂へ行き、精液を洗い流した後、ペニスも洗ってもらい、再びベッドへ戻った。
外人に中出ししたのはこれが初めてで、普段と比べかなり興奮した。
特にタイ人の女の子とヤルのは、いかにも南国の少女といたすという感じでとてもよかった。
もちろんこの後も時間ぎりぎりまで何度も中出しをした。


タグ :風俗外人中出し体験談
beginners_fx777beginners_fx777 コメント( 0 )トラックバック( 0 ) 0拍手
2012年06月07日05:30
痴漢
ホントに遭遇しちゃった
今日は、つい先日こんな体験してしまったので報告で~す♪
エッチな漫画とか小説なんかの作り話なら見聞きした事あるんだけどね~
現実に起こっちゃったのよね~f(^ ^; )

その日、私はいつものように出勤のため電車に乗ってました。
いつも思うんだけど、通勤ラッシュって行きも帰りも嫌よね~(* *)
運良く電車の角の位置をゲット出来たから、『今日は乗り降りで揉みくちゃにされな~い♪』なんて少し嬉しかったの。
ふと気付くと、私は角を背にして前と左右、男4人に囲まれていました。
まあいつも満員で男女の違いはあっても、大して変わらない状況なので、気にしていませんでした。

すると、正面の男が私の前に小さなビニールを出して小声で言いました。
「これ知ってます?毒グモなんですよ…声出したり変なマネしたら、そのキャミの間に入れちゃうからね♪…言う通りにしなかったら死んじゃうよ?」
なんて言うんです!!
ビニールの中には確かに、1cm弱くらいの黒いクモがいました。
お腹(?)の部分に赤い線があって気持ち悪い…
いかにも毒グモって感じでした…
私は助けを求めようかと思って両側の男を見ました。
でも、彼らも私の方を見てニヤニヤしていました…『4人ともグルなのかぁ…(ToT)』

私は壁の方に向くように言われました。
毒グモが嘘かホントかは分からなかったけど、気持ち悪いし、ホントだったら大変…そう思い、言う通りにしました。
すると男は、私のスカートを軽く捲り、下着の中に指を入れてきました…
そして私のアソコ全体を指で愛撫して…何かヌルヌルする…多分オイルとかローションの類だと思うんだけど、私のアソコはあっという間に滑らかに男の指を受け入れるようになっちゃって…
「☆!」指が中に入ってきた…グルリグルリと掻き回されて、思わず声が出そうなのを必死に堪えたわ~(*v*)

でもそれはすぐに抜かれて、ホッとしたのもつかの間、ズブズブズブッ♪…男のアレが入ってきた…
オイルみたいなのを塗られてるせいで、すんなり根元まで受け入れて…
私はされるがままピストンされちゃってました~
周りはまるで気付かない。
囲まれて見えないから当たり前かぁ…
大勢の乗客の雑徒や話し声、車掌のアナウンス、そんないつもの状況が耳から入りつつも、私は今、この瞬間男に強要されてSEXしてる…そんな非日常が、迂闊にも興奮してきちゃいましたっ…(#>v<#)♪



やがて男の一人が、
「おい、時間が限られてるんだから早くしろよ…」
と小声で私の中に入れてる男に言うのが聞こえました。
「了解了解♪今終わらせるよ…♪」
男はそう言った瞬間…
『あっ…』私は自分の中に熱いモノが広がる感覚を感じました。
中出しだねぇ~(ToT)って感じ…(笑)

男は射精が終わると、抜いてから
「今度はそのまま左を向いて。」
と言いました。
すると私の右にいた男が、私の腰をつかんですぐに入れてピストンし始めました。
私も気持ちよくなってきてしまってたから、この頃になると男のピストンに合わせて腰を振っちゃってたわ~(笑)
男もそれが分かったようで、
「イキそうだったらイッていいからね♪」
と私に囁いてきた☆
やがて男は小さく
「うっ…♪」
と声を漏らして私の中にドクッドクッドクッ…♪
私もほぼ同時にイッてしまいました…f(#^o^#)
そして私は男たちに言われる前に、ガクガクの足を動かして、その隣の男にお尻を向け
「来て…♪」
と言っちゃってた…(笑)
こうして、私は朝の通勤電車の中で4人の男に代わる代わる犯され続けて…といっても犯されたのは最初だけかなぁ…
2発目からは私も愉しんじゃって、3回もイッちゃったしぃ~(#^o^#)♪

結局、彼らは2回ずつ私に中出しして、私は降りる駅を2駅も通過ぁ~(笑)
いつも時間に少し余裕を持って出てたからまだ良かったけど、足腰ガクガクで早く歩けないから、『ヤバいかも…』
そう思って私はトイレに駆け込むのを我慢して、お店まで大急ぎよ。
まぁ傍から見たらそんなに早くなかっただろうけどさぁ~
その間、私ったら彼らの大量の精液をアソコに溜めたまま…(>v<)!
ヤバいったらヤバいけどさぁ~あれだけ中出しされたら急いで出してもデキちゃう確率なんてあまり変わらないだろうし、それなら『店長が遅刻!』の方がヤバいじゃんって思ったのよ☆

ようやく社員通用口から館に入って、トイレに直行~
時々エッチな音を立てながら、出るわ出るわ…こんなに出されたんだぁ~ってビックリするくらいの量の精液がアソコから垂れ流れた。
コップに半分以上は優にあったと思うわ☆
『こりゃあ…ほぼ確実にデキちゃってるだろうなぁ…f(- - ; )』そう思いながらも、そんなに気分は悪くなかった。
最初は少し恐かったし嫌だったけど、最初だけだったし、途中からは一緒に愉しんじゃったし、何よりも非日常的なシチュエーションを体験しちゃったというドキドキ感の方が勝ってたのかな~。
結局私はいつも思うけど、エッチは気持ちいいし愉しめれば誰とでもしちゃう女なんだろうなぁ~って思った(笑)

この日は一日中、アソコの中におち○ち○が入ってるみたいな感じがして、仕事に身が入らなかったよ~f(^ ^ ; )
トイレ行く度に精液ボトボト出てくるしさぁ~『まだ入ってるのぉ~!?』って感じ (笑)

私が乗る電車、私が乗ってから降りるまでずっと右側しか開かないのよね~。
左の奥の隅に立ってしまったのが、全ての要因かな…。
でも意外に愉しめたし…いっか (#^o^#)♪

それより後の処置方法考えなきゃだ♪
また彼氏ってのはそろそろヤバいし…私のハメリスト(笑)の中の誰かに頼むかな♪

ところでさぁ、あれホントに毒グモだったのかしら?知ってる人いる?


タグ :電車痴漢中出し体験談
beginners_fx777beginners_fx777 コメント( 0 )トラックバック( 0 ) 0拍手
2012年06月06日06:30
中出し
これって運命??
昨年、自宅近くに国産高級車専門店が開店しました。
その当時は全く興味がなく、「ふ~ん」程度の認識しかありませんでした。
それがこのような美味しい体験をする事が出来て、感激しています。

今年の3月下旬、思い立ってディーラーを訪れました。
確かにラインナップされたどの車も格好良い。
でも値段も高級。
今の車に不満はないし、すぐに買い換える必要も全くありません。
店内の車両を眺めていると、当然のように営業マンが近づき、
「とりあえず見積もりをお出ししましょうか?」
とセールストーク。
僕はただ興味本位の来店だったので、
「後日また来ますから」
と言い残して、帰宅しました。
翌日、なぜか、また来店してしまい、営業マンの言うまま希望車種、色、オプションなどを伝え、簡単な見積もりを作ってもらいました。
その作業の最中、身長170cm、小顔でスタイル抜群、笑顔のとても上品な女性(ミキ、30歳)がお茶を持って来てくれました。
僕は営業マンのトークなど上の空で、彼女のことが気になりました。
まさか冷やかしで来店した客に、携帯番号やアドレスなど教えるはずはなく、僕はカタログと見積書を携えて帰宅しました。
その次の週末も来店し、ミキの「いらっしゃいませ、○○様」との呼び掛けにすっかり舞い上がり、担当営業マンに
「買う気はあるから、具体的な値段の交渉をしたい」
と告げてしまいました(アホですね)。
それから近隣を試乗し、より具体的な交渉を経て、ついに契約に至りました。

契約の翌日、ラウンジで寛いでいる僕の元に、ミキがドリンクメニューを持って現れました。
僕は希望のドリンクを注文し、彼女が再び現れた際、
「実は初めてあなたを見た時から、あなたの上品な笑顔に惹かれました。良かったら連絡先を教えて下さい」
と裏に個人の携帯番号とメアドを書いた名刺を差し出すと、ミキは
「ちょっと待っていて下さいね」
と小走りに事務所の奥に消え、自分の名刺を携えて戻って来ました。
「これ、私の名刺です。裏に携帯番号が書いていますから」
と言って、名刺を差し出しました。

まさかの展開に舞い上がり、帰宅後すぐにミキの携帯にメールを送ると
「名刺を頂きまして、有難うございます。明日は休業日なので、一緒にお食事しませんか」
との連絡が来ました。
僕は速攻で時間と店を知らせ、翌日ミキと初デートとなりました。
私服で現れた(当たり前!!) ミキは、少し疲れて見えたけど、またその表情が色っぽくてチ○ポの先が濡れてくるのがはっきりと分かりました。
2時間ほど居酒屋で互いの身の上話などをしながら飲食し、
「じゃあまたね」
と別れの挨拶をした直後、ミキは僕の手を強く握り、
「○○さん、私のこと嫌いですか?」
と言い、彼女に導かれるままラブホにインしました。

エレベーターで激しく彼女の唇を吸い、胸を揉み、うなじを唾液で濡らしました。
部屋に入るとベッドに押し倒し、ミキの長い足を唾液でベトベトにし、上着を脱がせ、ピンクのブラの上から乳房を揉み、ミキの呼吸が荒くなってきた頃、ブラを外し、隆起した乳首にむしゃぶりつき、乳輪や乳房に濃いキスマークを何箇所も付けました。
僕は素早く全裸になり、ミキのストッキングを脱がし、ピンクのパンティ越しにデルタ地帯を舌と指で愛撫し、彼女の下半身は透明の愛液で洪水状態でした。
「ああぁ、もう駄目、駄目だよぉ。もっと気持ち良くイカせて」
と懇願するミキにリミッターがはずれ、先端がカウパー液で濡れ濡れ状態のペニスを、ミキの洞窟にあてがいました。
処女というわけではないのでしょうが、思うように入り口に到達できず、焦り始めましたが、何度か挑戦するうちに
「アアッ、そこよ、そこ!!」
と叫ぶミキの声に助けられ、全体重をミキの洞窟の入り口に掛けました。
ミキは
「ウッ」、「イッ」
と一瞬苦痛の声を上げましたが、根元までズッポリ挿入し、優しく上下運動を開始すると、
「ハアァハアァ」、「ウウン、ア~ン」
と甘美な声を出し始めました。
20分ほど、上下運動と乳首、脇腹への愛撫を続けていましたが、そろそろ限界を感じ、
「コンちゃん付けるから、一旦抜くよ」
と囁いても、逆に僕の腰にミキは長い両足を絡ませ、僕の邪魔をするではありませんか。
「マジやばい」と「まっ、いいか」と思いが脳裏を横切りましたが、ついに彼女の洞窟の一番奥深くに、僕の子種液を腰が痺れるほど吐き続けました。

その日はお互い帰宅しましたが、後日彼女から
「店に来る客はみな横柄で、しかも社員との折り合いも悪く、辞めることばかり考えていました。しかし、○○さんはいつも礼儀正しく、絶対この人と付き合うと決めていました」
と教えてくれました。
この時からミキとの交際がスタートしましたが、接客時とデート中の態度のギャップに興奮し、ラブホでミキの感じるスポットを集中的に攻撃し、ミキを失神寸前にまで追い込みます。
安全日には生と中出しでSEXし、朝まで獣のように交尾に励んでいます。
今のところミキは妊娠していませんが、年末までには結婚してもいいかなと思っています。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する