公共プールで運動していた時にロシア系の外人と遭遇したのですがw



2年ほど前の話です。
僕は月に何度か運動しに公共のプールに通っていました。
ある日、泳ぎ終わった帰りにいつものようにロビーのベンチに座りジュースを飲んで休んでいると、むこうから欧米系の外国人女性二人組が歩いてきました。
二人は自販機の前でこちらをチラチラ見ながらなにやらニヤニヤと話をしていました。
話し声から察するにロシア系?のようでしたが何を話しているのははサッパリわかりません。
二人はジュースを買った後にこちらに向かって歩いてきて、なんと僕を挟むかたちでベンチに座りました。
二人とも身長は170cm位の長身でポッチャリしていてショートの赤毛とロングの銀髪でしたが顔は今話題のフィギアスケートのスルツカヤ選手みたいなおばさん顔で年齢も不詳でした。
外国人女性とこんなに至近距離に近づいたことは無かったのでプレッシャーで緊張して縮こまってると、赤毛のコがカタコトの日本語で
「SEX スキ?」
と聞いてきました。
「ハァ?」
と呆然とする僕に
「SEX SEX」
と今度は銀髪のコが聞いてきます。
ナンだこれ?と思いつつ
「好き」
と答えると、
「GO! アパート」
と赤毛のコが僕の腕を取り立ち上がろうとしました。
「え、待って待って」
と通じるかはわかりませんでしたが、あまりの怪しさに拒否しました。
すると今度は二人がかりで
「GO アパート SEX!」
と腕をオッパイに押し付け誘ってきます。
初の国際試合、しかも数的不利でアウェーかよ、と思うと絶対ムリと思いました。
でも外人とSEXなんて一生無いよな~、オッパイでかいしな~、と徐々にHな気持ちになってきました。
とりあえず場所くらいは中立国で、と思い
「OK、GO HOTEL SEX」
と言ってみると、なにやらまた二人でゴニョゴニョと話し会い
「OK! GO HOTEL」
と言われました。
それから二人にどこかの社長さんみたいに腕を組まれ、15分ほど歩きラブホテルに入りました。



多分、二人はロシアパブなんかの飲み屋のおネーチャンだったと思います。
三人共、プール後で塩素臭かったのでまずお風呂に入ることにしました。
お風呂にお湯を張りバブルバスの元を入れて泡風呂にしました。
お風呂を指差し、準備OKのジェスチャーをすると二人が服を脱ぎ始めました。
本当に真っ白で綺麗な肌でした。
二人ともオッパイが大きく、特に赤毛のコはMEGUMI以上の超巨乳でした。
それでいて乳首は綺麗なピンク色でした。
しかもなぜか二人共ノーブラでした!
日本には合うサイズが無いの?
お国ではノーブラが普通なの?
と疑問に思いましたが、言葉通じないし!と自分にツッコミを入れ、服を脱いで一緒にお風呂に向かいました。
彼女達と泡風呂に入っているとなんだか[アヤシイ広告]みたいで笑えました。
お風呂で体を洗いっこていると、突然彼女たちがレズり始めました。
うわっ、生レズ初めて見た!と驚きましたが興奮して勃起してきました。
二人の間に混ざり初めて三人でキスをしました。
赤毛のコが僕をバスタブの淵に座らせると銀髪のコがフェラをしてきました。
日本人のネットリしたフェラと違いモノスゴイ勢いのハードフェラでした。
フェラされながら赤毛のコに首筋や乳首を舐められ、巨乳を押し付けられると興奮してあっという間にイキそうになってきたので、フェラをストップして赤毛のコのオッパイやマンコを舐めました。
二人とも飾り程度にしか毛が生えてませんでした。
銀髪のコは後ろから僕のアナルを舐めてきます。
赤毛のコから
「oh~、ah~」
と外人のアエギ声が聞こえてきました。
マンコの中も本当に綺麗なピンク色でした。
銀髪のコも舐めるのを手伝ってくれました。
二人で赤毛のコを攻めました。
そのうち我慢できなくなったのか赤毛のコが浴槽から出て、風呂場の壁に手を付き、立ちバックの格好で僕を誘います。
銀髪のコも赤毛のコの後ろに立ち両手で赤毛のコのマンコを広げ
「@¥:и”л#」
となんだか判らない言葉を話しながら僕を呼びます。
多分「入れろ」ってイミなんでしょう、僕も二人のそばに行きましたが、お風呂なのでゴムがありません。
え、生でいいの?と内心病気とかの心配のしましたが銀髪のコが
「@¥:и”л#」
とせかします。
入れざるをえない状況になったので思い切って生で入れました。
正直、中はユルくあまり気持ちよくはありませんでした。
まぁ、普段は外人のデカイチンポを入れてるんだから当然か。
立ちバックで大きな白いお尻に腰を思いっきりぶつけるようにガンガン突き上げ、両手で巨乳を揉んでいると銀髪のコが下から結合部を舐めてきました。
赤毛のコのあえぎ声が大きくなり
「oh~、oh~」
とお風呂に響きます。
しばらく突いているとイキそうになってきました。
銀髪のコが僕の表情を読み取り、赤毛のコのマンコを何度も指指しました。
え、中に出せって事?イイの?と聞きたかったのですが、どうしていいかわからなかったので思い切って中に出そうと決心しました。
フィニッシュに向けて一段と激しく動き、思いっきり深くチンポをねじ込み奥に遠慮なく出しました。
赤毛のコがビックリしたような顔で振り向き
「oh~!!」
とピンコのマンコを開き中から逆流してくるザーメンを確認すると銀髪のコが大爆笑しました。
どうやら赤毛のコは中出しさせるつもりはなかったようですが銀髪のコがイタズラ的に僕に中出しさせたようでした。

そのあと二人で笑いながら会話をしていましたが、赤毛のコが中出しされた自分のマンコに指を入れザーメンを掻き出し、指に付いた僕のザーメンをマジマジと見つめ、何か言ってからその指に付いたザーメンを舐めはじめました。
その動作を何度か繰り返しながら僕にイヤらしい目線を送って何か言ってきます。
銀髪のコも茶髪のコの指に付いたザーメンを一緒に舐め始めキスしたりしていたので、二人の口元はザーメンまみれになっていました。
あまりの凄い光景にポカ~ンとする僕に二人が近寄ってきて、チンポに付いたザーメンをWフェラで綺麗にしてくれました。

その後はベッドに移動し結局二人に2発づつ中出ししました、というか中出しさせられました。
彼女達のSEXは細かいテクよりも激しいほど感じるといった感じだったので、夢中で腰を振りました。
片方に中出しするともう片方が直接マンコから溢れてくるザーメンを口や舌で受けとめDキスしてゴックンというありえないSEXでしたが、その光景がとてもイヤらしく今でも鮮明に記憶に残っています。
結局ホテル代も出してもらいました。

その後二人を見かけることはありませんでした。
多分、国に帰る前に僕をオモチャ代わりにもて遊んでいったのでしょう。
あの時「SEXする」と答えて正解でした。
こんな体験お金を払ってもできるものではないでしょうから・・・。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する