結婚する前に美人の嫁を散々調教した俺



嫁は小学校の近所の児童会が同じだった、学年は2つ下。
特に仲良くした記憶もないが、母親同士の気が合ったようで活動の際はいつも一緒に行動した。
嫁の母親はよくからかうように「家の子をお嫁さんにしてね」とか言っていたけれど、
誰もが冗談だと思っていたし、実際俺が中学に進学すると全く話す事が無くなっていた。

事件は俺が中2の時に起こる。
GW中に行楽に行こうとする嫁家族にあった。
そこで挨拶とともに言ってしまったのだ、「嫁ちゃん太ったね」と。
その時はたしかニコニコ笑っていた嫁だったが小学生の身空でダイエットを始めてしまった。
当然成長期の娘を心配した嫁両親は反対したが、
当時から頑固だった嫁は俺に言われた事をたてに食事制限を続行する。

その事が嫁母―俺母ラインで伝わり理不尽にも俺は怒られ、ついでに嫁に向って
謝罪とダイエットしなくても嫁が魅力的であるという事を強要された。
発言内容について記憶は定かでないし、関係者の立場によって様々な主張があり同意がなされていない。

俺より先に色気づいていた嫁はそれを「告白」と受け取り、ステディなBF扱いされるようになる。
誕生日などのイベントごとは勿論つき合わされたし、赤面モノのラブラブな交換日誌もした。
ただ対外的には俺が中学のうちは恥ずかしかったので、一緒に出歩く事はしなかった。


高校に入って周りにも付き合っている人間が増えてくると俺も色気づき、
いつも傍にいてくれて「ノー」と言わないであろう手頃な相手として嫁との付き合いの密度を上げた。
贔屓目もあるが嫁の美少女度は中の上か上の下、中の中ランクの俺は一緒に歩いているだけで嬉しかった。
雨の休みの日はお替り自由のコーヒーだけ頼んで半日ファミレスで潰す事がしばしばあった。
その当時何を話していたのかは記憶にない。ただ会っている間ずっと手を繋いでいた気がする。
嫁も一緒にいた以外の事は覚えていないという。

俺が大学に入ると会える時間が減ってしまい、自然消滅しかねない状況だった。
でもしなかったのは、俺がもてなかったのと、もててはいたらしいが、
「もう決めたんだから」と付き合い続けた嫁の頑固さのせいだろう。
(そのときには既に俺より良い男とこれから出会えるだろうと理解していただろうに)

その後嫁の高校卒業をまっていたかのように男女の関係になったがズルズルすごしていた。
だが26になった嫁に「そろそろけじめ付けようよ」といわれ、まぁ潮時だなと思いプロポーズした。


他の人と結婚しようとは全く思っていなかったがその時点で既に嫁に飽きていたので、
「今から新しい相手見つけるのは面倒だから嫁で良いや」って失礼な事を言ってしまった。
(それについては今でも喧嘩をすると持ち出されるが)その時は多少嫌な顔をしただけで頷いてくれた。
人として俺より数段度量の広い嫁(公称)とはずっと一緒にいようと思う。


嫁実家は台所に勝手口があり、
俺が嫁に連絡、嫁が勝手口を開ける、俺がそこから進入
がルーチンだったんだが、、

ある夏の夜中の3時ごろ、嫁が台所に行き勝手口を開けていると
寝付けなかった嫁母が起きて来て「何をしてるの?」
嫁は「麦茶のんでた」と誤魔化し、自分の部屋に行き俺に緊急連絡、
俺はその連絡より先に勝手口が開いているので音を立てずにすかさず進入。

そこにはライトピンクのネグリジェを着た嫁母が
自分も何か飲もうと冷蔵庫の中を見ている。

サルだった俺はすっかり嫁だと思い、
後ろから両乳房をわしづかみ&お尻に硬くなった「自分」をスリスリ



嫁母悲鳴、俺逃走、嫁父&嫁台所へ、
しっかり顔を見られていたので嫁から呼び出し、
この時に嫁に「間違えた、どうしよう?」

幸い嫁母が空気を読んでくれて単に「無断進入」と言ってくれた。
だが当然、俺と嫁、嫁父に大説教。
後日俺両親と共にお詫びにあがる。
まだ学生だったので「将来を誓っている」ということで不問に。

前科が付きかねなかった黒歴史だ。


俺がやりたい時はやらせてくれた。
電話一本入れれば近所な事もあり1時間後には直ぐに受け入れてくれた。
月々のイベント日は口で処理してくれた。

問題はなんでもOKの方だが、、
嫁は中学の頃から彼氏がいると周りの女友達に公言していたが、
結婚までしない主義であったためにエロ系のガールズトークに入れて貰えなかった。
進学校で真面目な生徒が多かった事もあるが、、
ほとんど無知のまま初体験をすることになった。

処女だった(血が出て大変だった)ので、最初の4,5回はマグロだった。
他方俺は大学1,2年の頃に経験豊富な女性との経験があった。
(これを結婚後話した事で管理強化の直接要因になるんだが)
で、嫁がつまらなく感じたのでもっと勉強してくれと、
エロビデオの宣伝用CDを渡したんだ。

嫁はスイッチが入ると負けず嫌いの努力家である。
無知ゆえにAV女優の行為を演技とは見抜けず、猛勉強をしたんだ。

顔射、AF、おもちゃ、縛り等は練習次第で気持ちよくなるハズ!
フェラゴックン、乳首なめ、アナル舐め等は男に対する当然の行為!
と勘違いした嫁はCDを渡した次の時から、即尺。

それが初めてだから下手、でも映像並みのスピード維持しようとして歯が当たって痛い。
思わず痛いといって押し離したら、嫁は涙目で謝って
全て俺の要求通りするから許して欲しいと懇願した。
後はやりたい事をやらしてもらっただけ。

大学2年のだった嫁の後ろを初めて貫いた時、ガチで大泣きした。
嫌なら断れよといったら「だってみんなやるんでしょ?」
心底馬鹿だと思ったが、嫁の純真さを一生守ろうとも思った。


俺の体調・都合が許せば、が付くが
嫁のしたい時に、嫁がして欲しい事を、嫁のしたい分だけ、する
リンカーンのような嫁思いの夫婦生活です。
(今晩は濃いのをご希望だったので3時間ほど掛けて今終わったんだぞ)

布団の中の事を含め全面的に嫁に支配されているので、
その反動で「気持ち好いと言わないと止めるよ」「ら、らめぇ」
「ほれ、言ってごらん?」「気持ち好いです」「何が気持ち好いの?」
「…」「(小声)」「聞こえないから止めよう」「あぁ、ちゃんといいますぅ」
「ほれ」「パパのピーが嫁子のピーをピーしてくれるので気持ち好いですぅ」
「パパのピー(怒)?」「間違えですぅ、あるじ様の○で□なピー様ぁ」
「間違えたら最初からだ」「らめ、も、ちょっとなのぉ」的な
意地悪とか、タオルを何枚か使って嫁が動けないように固定して、
嫁のピーにピーしたり、皮ベルトでピーを嫁がピーする寸前までピーしたり
のピー的な要素を取り入れてるが、、
あくまでも嫁の趣向というか満足度の高さでチョイスしてるんだ。
「止めてよね!」というが、ベッドの周りにグッズを色々準備しておいてある。
上目使いで「ピーな事したら駄目だからね!」と言って来る時に
本当にしないと、次の日ものすごく不機嫌になる。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する