飲み仲間に頼まれて中出しちゃいました!



私には単なる飲み仲間の女性が居ますが、その彼女に妊娠前提の中出しをしました。
最初は普通に飲んでいたのですが、彼女が自分のマンションで飲み明かそうと言い始め、私も飲み明かすつもりでした。
ところが、部屋に入るや彼女が
「相談があるんだけど」
と神妙な顔つきで話しかけてきます。
聞けば年齢も30代半ばを過ぎて彼氏がおらず(私は既婚子持ちで彼女のターゲット外です)このままでは出産可能年齢を終えてしまう、だから協力して欲しいという内容でした。
一言で言えば「子供欲しいから精子だけよこせ」です。
普通に考えれば願ってもない中出しチャンスなんですが、自分の嫁以外の女性に自分のDNAを持った子供が出来るという状況は怖いです。
一度は断ったのですが(彼女の世間体などもふまえて)なかなか諦めません。
そこで考えたのが自分の性癖を異常にしてしまえば諦めるだろう…と。
「俺はマニアックなセックスしかしない、股間はツルツル、外でのセックス、だから無理」
彼女は一瞬考え込んだのですが、しばらくして
「いいよ」
と言い放ち服を脱いでバスルームでシャワーを浴び始めました。
焦る私でしたが、バスルームから出てきた彼女の股間は見事に毛が無い状態になっていました。
外見はそんなに良い部類ではない彼女ですが、胸は「豊満」という言葉で表現出来るシロモノで、オイシイはずなのに流石にこの状況では素直に喜べません。
ストレートに出産前後の仕事や、生まれてくる子供のことを訪ねましたが
「心配無い、迷惑かけない」
と答え、実家に戻って親と一緒に育てると…。
私も中出し自体は嫌ではないし、ということで、覚悟を決めて彼女に中出しすることにしました。
シャワーを浴びてお互い綺麗な体になってからベッドで濃厚なキスと愛撫、アソコが濡れまくった後に私の舌でクリを転がしながら指で中をかき回します。
しばらくすると彼女が全身をブルブルと震えさせてイキましたが、構うことなく挿入、激しくピストンしまくりました。
私自身の息子は愚息という言葉が似合うほど平凡でセールスポイントがありません、が、そんな私の愚息でも彼女は気持ちよいらしく喘ぎ声がだんだん粗くなっていきます。
彼女が2回目の絶頂を迎えようかという頃に私の体も快感に襲われ、彼女の腰をつかむと本能のままに腰を激しく突き出し、彼女の膣の一番奥へ可能な限り突き進み、そこにドクドクと精液を放ちました。
中出ししているのを感じ取れているのか、彼女も
「あ…あ…」
と声を漏らしてお腹に力が入ったり抜けたりしてます。



そのまま射精の余韻に浸ったまま5分近くじっと動かないでいましたが、愚息を膣から抜くとしばらくしてドロリとした液体が彼女の割れ目から溢れてきました。
「もったいない」
と彼女が指で精液をすくって膣内に戻そうとしていますが、精液と愛液にまみれた私の愚息は興奮したままの固い状態を保っています。
「ありがと」
笑顔で一言だけ話すと私は押し倒され、彼女が上に乗って膣内へ愚息を再挿入して腰をクネクネと動かし始め、結局2回目の射精を彼女の中で行って二人ともそのまま寝てしまいました。

朝、目が覚めると横には全裸の彼女が居ます。
嫁に対する罪悪感を感じつつ、彼女の股間を観察しようと仰向けにして足を広げると割れ目から昨晩流し込んだ精液がドロリと流れ出てきました。
ずっと膣の中に自分の精液が入っていたかと思うと私自身が興奮してしまい、気が付けば寝ている彼女に愚息を挿れて朝一のセックスを始めてしまいました。(当然、中出しです)
ここでまだ土曜日の朝、自宅には会社で泊まりがけの仕事だと電話して、その日も会社で泊りながら仕事(サーバー系の仕事なので2晩3晩は会社に泊まる前例ありなことから不信感はもたれませんでした)すると説明して、夕方まで彼女と裸のままで過ごしました。
私も30代半ばですが、衰えたと思っていた精力も状況次第では意外と持つことを実感した週末でした(w
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する