ヤンキー女をセフレにした話



体が弱かった俺は小さい頃から伝統空手をやらされていた。
小五の時のクラス替えで体がでかくて腕力のある
ジャイアンみたいな奴とクラスが一緒になった。
ジャイアンは俺が空手をやってると知ると
俺と同じ道場に通い始めたけど、寸止めルールだから
長くやっていてスピードのある俺の方が組み手では強かった。
(殴り合いのケンカならジャイアンの方が断然強かっただろうけど)
それでジャイアンが俺に一目置くようになって、
向こうが俺を一方的に気に入っていた。
中学になるとジャイアンは当然のようにヤンキーになった。
ヤンキーになるとジャイアンは空手を辞めたけど、俺は続けていた。
1年生でもう一人でかくて強いヤンキーがいて、
噂ではジャイアンとそいつがやり合ったようだけど
ジャイアンの方が勝ったようだった。

ヤンキーの間の上下関係や力関係は分からないけど、
ジャイアンはヤンキーの間では有力者のようだった。
それでも俺と廊下ですれ違ったりすると親しげに話しかけてきた。
ジャイアンは俺のことを
「こいつは空手をやっていて俺より強い」
などと友達のヤンキーに紹介するもんだから、
ヤンキーたちにも一目置かれるようになって、
2年生になると知らないヤンキーにも挨拶されるようになった。

2年生の時、遠足のおやつを買いにスーパーに行くと、
知らないヤンキー女に声を掛けられた。
向こうはジャイアンと知り合いのようで、
俺の名前と顔を知っていてあれこれ話しかけてきた。
田舎なので俺を含めてダサイ服装の中学生が多いけど
そのヤンキーは私服はお洒落で可愛かった。
後から知ったけどお爺ちゃんがロシア人のクォーターで、
茶髪は染めたわけじゃなくて地毛で、色白の美人だった。

俺はアメト-ク風に言うと、中学の時にいけてないグループに属して
女子には免疫がなかったので、ちょっとドギマギした。
俺はおやつは制限の金額を守って買ったけど、
ヤンキー女は明らかに多く買っていた。

店を出るまでずっと着いてきて、
俺が自転車に乗って帰ろうとしたら
「歩いてきたから後ろに乗せて家まで送って」
と言われた。俺は嫌だなぁと思ったけど、
知らない相手に強気に出れなかったので言う通りにした。

二人乗り自転車ですぐの所に家があったが、とにかくデカかった。
お菓子を買いすぎたから一緒に食べよう、と誘われて家に上がった。
家におばさんがいて、ヤンキー女の母親だと思って挨拶したら、
通いのお手伝いさんだった。
お手伝いさんはヤンキー女と入れ違いに帰って行った。
お手伝いさんが帰ると二人きりになったが
あたりさわりのない話をして俺も帰宅した。

それ以来、学校や街中でちょくちょく声を掛けられるようになった。
街中で会うと家に誘われて、何度か行った。
お手伝いさんがいることはあってもすぐ帰るので
二人きりでいることが多かった。
俺はいつもお菓子を食べると晩飯前には帰っていたけど、
ある時ヤンキー女が
「せっかく二人っきりなんだから、やることやろうよ」
と言って、俺の上にまたがってきた。

俺が固まっていると
「キスしたことある?」
と聞いてきて、
「ない」
と答えたらヤンキー女からキスしてきた。
しばらくキスしてると
「触ってもいいよ」
と言ったので、キスしながらお尻や胸を服の上から撫で回した。
しばらく触っていると、ヤンキー女が服を脱いで全裸になった。
初めて女の裸を生で観て、それだけで勃起した。
「恥ずかしいから○○君も脱いで」
といわれて俺も全裸になった。

勃起したチンコを見ると、ヤンキー女は自分からなめてきた。
直接聞いたことはないけど、どうもフェラは初めてではないようだった。
フェラは思った程気持ち良くなかった、という人がいるけど、
ヤンキー女が上手かったのか俺が早漏だったのか、俺は気持ち良くて、
すぐに出してしまった。

「今度はわたしにして」
と言われ、胸やおまんこをなめた。
すごいきれいな体だったのすごい興奮した。
下の毛は茶色で薄かった。

おまんこをなめ回してるうちに
また少し勃起してきた。

「入れてみる?」
と言われて入れようとしたが、
チンコがまだ完全勃起してないのと、
おまんこがキツイのとでなかなか入らなかった。

それでもおまんこにこすりつけてるうちに固くなって、
ようやく少し入った。けどヤンキー女が痛がって、
どうしてもそれ以上入らなかったので諦めた。

それから、ひんぱんにヤンキー女の家に通うようになった。
ヤンキー女は処女で、なかなか入らなくて
何回目かでようやく入った。
入っても動かすと痛がるので、最初のうちは口で抜いてもらった。
それでも一ヶ月もすると、普通にセックス出来るようになった。
ゴムなんて付けてなくて、いつも生で入れて
最後は腹や背中や口に出していた。

俺はヤンキー女とのことは誰にも言ってなかったけど、
ヤンキー女はヤンキー仲間に言っていたみたいで、
ジャイアンに「どうだった? 何回やった?」
と色々聞かれたこともあった。
それだけならまだ良かったが、
ジャイアンの金魚の糞みたいな
チビヤンキーに絡まれたこともあった。

何度かイチャモンを付けられて、
口で攻撃される間はやり返さなかったが、
言い返さないとだんだん悪口が酷くなってきて、
こっちもだんだん腹が立ってきた。

ある時、階段の踊り場のところで
金魚の糞とその仲間とすれ違った。
例によって金魚の糞が俺の悪口を言ってきた。
他の仲間はジャイアンに遠慮して
「止めとけ」といさめていたけど、
それがかえって金魚の糞は腹が立つようで、
俺が黙って立ち去ろうとしたら後ろから蹴ってきた。



それで俺もかっとなって、
振り向きざまに踏み込んで金魚の糞の顔面に正拳をたたき込んだ。
まともにヒットして、糞はうめきながら顔を押さえてうずくまった。
盛大に鼻血が出ていて、ヤンキーに保健室に運ばれた。

俺は金魚の糞に悪態をついていたけど、
内心では初めて人を殴ってびびっていた。
俺の拳は歯にも当たっていたようで切れていたけど、
ひとまず洗うだけにして、保健室には行かなかった。

金魚の糞もその仲間も、俺のことは先生には言わなかったので
暴力事件は表沙汰にはならず、おとがめ無しだった。
金魚の糞はしばらく顔の真ん中にガーゼを貼っていて、
鼻を折ったかと思ったけど、腫れただけのようだった。
内心仕返しされるかとビクビクしていたけど、
ビクビクしていたのは金魚の糞も同じだったようで、
逆に避けられるようになった。

ヤンキーの間に話が何となく伝わっていたようで、
金魚の糞とは元々友達でも何でもなかったけど、
ジャイアンがわざわざ出てきて仲直りさせられた。
向こうは「悪口ってスマン」俺は「鼻を殴ってスマン」
と謝り、握手させられた。

ヤンキー女は
「わたしを取り合ってケンカしたの?w」
と嬉しそうだったが、きっぱり否定しておいた。
否定しても「ふーん」を鼻で笑って嬉しそうだった。

その日、初めて中出しした。
妊娠するかも、ということは一切考えもしないで、
その後も「今日は中に出して良いよ」
と言われる度、嬉々として中出ししていた。

俺がヤンキー女の家に行くときは
ほとんど二人きりだったけど、たまにヤンキー女の友達がいることがあった。
そういう時は友達が帰ってからやっていたけど、
ある時、女友達も入れて3Pをした。

女友達はヤンキー女に比べると正直あまり可愛くないけど
中学生にしては結構胸があったので、そこだけは興奮した。
ダブルフェラをさせて、ヤンキー女に入れて、
次に女友達に入れて、最後はヤンキー女に入れて中出しした。

おれはそこで終わりのつもりだったけど、
女友達にはちょっと入れただけだったので満足してなくて、
もう一度女友達とやることになった。
今度は最初から最後まで女友達に入れた。
女友達も「中に出して」
と言っていたけど、何となくダメな気がして外に出した。

彼女とか付き合うとか、
そういう事をはっきりしないまま関係を続けていたけど
そこで何か微妙な気持ちになった。

ヤンキー女は俺にとっては
「やらせてくれる女」でしかなくて
ヤンキー女にとって俺は
「学年で一番ケンカが強い男(実際は違うけど)」
ってだけなのか? とグルグル考えるようになって
受験勉強もしなきゃいけない時期にもなってきたので
だんだん疎遠になってフェードアウトした。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する