デリヘル業者の寮にてアキとジュンの3人での酒盛り中の出来事



デリヘル業者の寮にてアキとジュンの3人での酒盛り中、ついついアキと始めてしまい、中出しをしてしまった私。
中出し後、そそくさとシャワーに向かうアキ。
ふとジュンの顔を見ると目がエロエロです。
ジュンを抱き寄せ、スカートの中のパンツに指を滑り込ませると、オマタはグッチョリ。
オマタの愛撫をしつつ、ジュンの服を脱がせているとバスルームからアキの声が。。。。。
「ジュンとエッチ始めないでヨ」&私に「早くシャワーにおいでヨ」
その声を聞いた途端、ジュンは私から離れて私は渋々シャワーへ。。。。
実をいうと、テクニックはアキの方が上ですが、あそこの具合&抱き心地はジュンの方がいいのです。
バスルームにてアキに体を洗ってもらいながら、いかにして彼女づらしているアキに問題なくジュンとはめるかをひたすら考えていました。
私がおかしなことを考えているのをアキは察知したのか、体を洗い終わるとフェラを始めました。
あまり精力に自信のない私を知ってか、もう一回抜いておけば大丈夫って魂胆でしょう。
私は「飲み直そう」と言ってフェラをやめさせて、またまた3人で酒盛りに。。。。

先程、シャワーを浴びながら考えていたことを早速実行してみました。
「女⇔女のレズを見たい。私は何もしないから。」
と私が2人に言ってみます。
しかし、2人共食い付いてくれません。
「じゃあ、よそのデリ娘を呼んで、その娘を2人で責めるのは?私は見てるだけ。」と提案。
すると、松方弘樹の釣り竿にカジキがヒットしたかのように食い付いてくれました。

早速、寮のマンションの郵便受けにある適当な業者にTELしてデリ娘の到着を待ちます。
30分ほどでデリ娘のご登場。
シャネルスーツに身を包んではいますが、特に誰に似てるでもなし&若いわけでもなし(推定30前半?)なんか疲れてる人妻って印象でした。
普段なら速攻チェンジですが、せっかくその気になってるアキとジュンの気分をシラケさせないよう、今度はデリ娘に交渉です。
結果、時間をダブルということで無事OK。



レズプレイが始まると娘は、ほぼマグロ状態。
アキとジュンがSMクラブの時の様々な小道具で娘を責め倒しています。
それにしても女同士というのは、愛撫のペースがゆっくりしているように感じます。
きっと男と違い、挿入を急がないからだと思っていると、、、、、
いつの間にかベット上で両手をそれぞれ手錠でベットに固定され、両乳首には吸盤のようになっているローターが吸い付き、あそことアナルにバイブを入れられて無意識に腰がカクカク動いている娘の姿がありました。
そしてアキは、片方のバイブをジュンに預けてペニスバンドの用意を始めました。
私は、そろそろいい頃だと思い、レズプレイにいざ参戦。
アキのペニバンを娘に挿入と同時に私の愚息を娘に握らせ、私の手はジュンの体へ。。。。
娘は
「うぅ~うぅ~」
唸り、アキとジュンは
「これいいかも」
などと言っております。

20分位した頃でしょうか、私の愚息も入れたくなってきたので、娘に
「俺のも欲しいか?」
と聞くと
「欲しい」
とのこと。
ここでお約束の淫語責めです。
娘に
「わたしのマ●コに本物の○ンポを入れて下さい」
と言わせた後
「いやだね、お前のマ●コには、偽物でじゅうぶんだよ」
と私が返事をして、ジュンを抱き寄せ娘の目の前にてバックで挿入。
その瞬間、何かが壊れたかのような娘のヨガリ方の変化&ジュンの待ち詫びていたかのような喘ぎ声&アキの私に対しての怒りを込めたかのような娘への腰使いが私を痺れさせました。
あまり長持ちせず、射精感に襲われて程なくジュンに中出し。
中出し後、私の愚息を娘の口に持っていきフェラでお掃除させている間に、私のリクエストに答えてくれたジュンが自分のオマタを掻き出して我が精子を塗りたくっていました。
娘のフェラはお粗末でしたが、異常な興奮のためか私にしては珍しく連戦OK状態に。
と、その時に娘の携帯に事務所コールが。。。。。
アキが娘の携帯をバックから取り出し、両手の手錠をはずし娘が携帯に出るときにイタズラ心で正常位にて突入。
私がマッハで腰を打ちつけると娘は会話にならないご様子。
最後に私が娘に代わり「もうすぐ終わって帰らす」旨を事務所に伝えて、程なくして無言にて中出し終了。

デリ娘は「もうここには絶対来ない。」と言い残しご帰宅。
2人で責めるのに味をしめたジュンとアキにその後3Pにて1回戦づつ堪能し就寝となりました。
翌日「なんでこんなことになったのか」と彼女づらしたアキに叱責されたのは、いうまでもありません。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する