○4歳に中だしレイプしたったww



私の職業は深夜に勤務終了となり、帰り道はいつも自宅とは反対方向へ車を走らせ獲物を物色しながら帰ります。
いつものように深夜の帰り道・・・いました。
どう見てもC学生がこんな深夜にフラフラとひとりで歩いています。
私は歩道に車を寄せ
「何をしてるの?こんな遅くに」
「家に帰るところです」
「ふーん、ところでお小遣いは欲しくないかな?」
「えっ?」
「お小遣いだよ、欲しくないかな?」
「欲しいですけど・・・いくらくれるの?」
「いくら欲しいの?」
「でもエッチなことするんでしょ?」
「いやいや、ファミレスでお茶してくれたら三万あげるよ」
「ええっ?ほんとですか?」
「嫌ならいいけど・・・他を探すよ」
「待ってください、行きます」
こうして獲物を車に積み込んで深夜の国道を暗い山へ向けて走り出した。
「実はね、私は補導員なんだよ」
「ええっ?」
「お小遣いの話は嘘。きみに大人しく車に乗って貰うためのね。さて、そこに交番がある。ここできみを下ろして私の仕事は終わりだよ。じゃあね」
「待ってください。許してください。親にばれたら困るんです」
「そんなことは知ったことではないね。深夜にフラフラしていたら補導するのが私の仕事なんだ」
ここで女の子は(美沙)泣き出した。
「許してください。本当に困るんです」

私は交番から離れ、民家のない山中へ車を停めた。
「では・・・許してあげるから・・・」
私はそう言いながらズボンのチャックを下ろし、自慢の18センチ砲を取り出した。
「こんな時間に遊んでるんだから処女じゃないだろ?口でやったことはあるだろ?」
「本当に許してくれるんですか?」
「約束する。その代わり私の言うことをすべてきくんだぞ」
そして美沙は無言で私の大砲に唇をつけた。
「おい。口の中に入れてしゃぶるんだ。ふざけてると許さんぞ」
美沙は口を大きく開け私のモノを深くくわえ込んだ。
やはり経験が少ないためか下手だが
C学生が自分のちんぽをしゃぶっていると思うと既にビンビンに立っていた。
しっかりと美沙の唾液を己のちんぽにまとわりつかせながら美沙のミニスカートの中に手を入れる。
既にじっとり、ヌルヌルと濡れている。
この異常な状況に興奮しているようだ。
ここでフェラを止めさせシートを倒し、ミニスカートの中からピンクのパンツを取り去った。
「ほら、足を大きく広げろ」
大人しく言うことをきく美沙のまんこに顔を近づけた。
つんとアンモニア臭が鼻をつく。
美味そうなまんこだ。
既にヌルヌルのまんこにしゃぶりつくと美沙は
「ヒッ・・・アッ・・・」
と可愛い声をあげる。
「気持ち良いか?」
無言である。



「こら、返事をしろ。」
凄みをきかせて怒鳴りつけると
「は、はい、気持ち良いです」
「そうか、では入れてやるからな」
「あの・・・ゴムをつけてください・・・」
「あぁ?そうだな。避妊しないとなぁ。おまえ生理はいつ終わった?」
「は、はい。ええっと・・・2週間前です」
「それはやばいな。危険日だな」
「そうなんですか?」
「そうだ、生でヤッたら確実に妊娠するな」
適当である。
でもどっちにしろ生でやればやばいだろう。
「じゃゴムをつけるからな・・・・・・・・」
実はゴムなんか持っていない。
暗闇の車中なのでまったくの着けるふり。
「ほら、つけたぞ。足をもっと広げろ。おまえ今まで何人の男とやった?」
「はい、ひとりです」
「ほぉ、そいつとは何回やった?」
「えっと、一週間前に一回だけです」
やった、ラッキー・・・セカンドバージンじゃないか。
ゴムを着けたふりで騙されるわけだ。

「じゃ、入れるから力を抜け」
美沙の唾液で濡れたちんぽの先を、私の唾液と本人の愛液でヌルヌルになったまんこにあてがう。
ゆっくりと、幼く、狭いまんこを味わうようにちんぽを沈めていく・・・・・
これは、気持ち良い!
カリのところで引っかかったので一旦止めて亀頭への圧迫感を楽しむ。
美沙は目を閉じたまま口を真一文字に結び苦痛をこらえている。
「痛いか?」
「はい、いえ、大丈夫です」
「よしよし、いい子だ。じゃ、根元まで入れるからな。もう少し我慢しろよ」
私はカリ首への抵抗感を無視して、またもやジワジワと挿入していく。
やっと根元まで入ったとき・・・
「おい、実はなぁ、ほんとはゴムなんかつけていないんだ、生で入れてるんだぜ」
「ええっ?いやぁぁぁぁぁぁぁ、抜いてぇぇぇぇ」
突然暴れ出した美沙を全身で押さえつけた。
小柄なC学生など押さえつけるのは簡単だ。
「おい、大人しくして聞け。暴れてもいいが、暴れたらちんこに刺激がいって中で出てしまうぞ」
途端に大人しくなり・・・・・
「お、お願いです、中で出さないでください。赤ちゃんできたらこまるんです・・・」
「そうだろうな、大人しく言うことをきけば外に出してやるからな」
そう言いながら、私は軽快なテンポでピストン運動を始めた。
「おぉぉぉ、気持ち良いぞ。おい、もっと奥まで突いて下さい、と言え」
「もっと、もっと奥まで突いて下さい・・・アッ・・・」
狭い車中にクチャクチャと卑猥な音が響き渡り、美沙も感じている。
「そーかぁ、ほら・・・」
ピストンのスピードを上げながら・・・
「私の中に出してください、と言え」
「私の中に・・・」
「たくさん出してだ」
「はい・・・たくさん出して・・・アッ・・ウウッ・・・」
「よーし、じゃあリクエスト通り中にたっぷり出してやるからな」
「ええっ?約束と違いますぅ・・アッ、いやぁ、出さないでぇ・・ウウッ・・・」
どぴゅっ、どぴゅっ、どぴゅっ、どくどくどく・・・
「いやぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ」
この後、抜く間もなく、第二弾もたっぷりと注ぎ込み、めそめそ泣いている美沙を車から降ろし、速攻で走り去りました。
妊娠したかな?合掌
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する