クラスの学級委員の子との初体験の思い出2



3分ぐらい待っていると風呂場の中に入る音が聞こえ
「入っていいよ」という声が聞こえたので恐る恐るなかに入ってみました
脱衣所にはA子の脱いだ服がきちんとたたんで置かれていました
俺はその服をめくってその下に置かれている下着を見てみました
その下着を触ってみるととても柔らかくそれをチンポにあてがいたいと
思いましたが曇りガラスの向こうからA子から見られているかと思うと
そこまではできず素直に服を脱ぎました
勃起したチンポにパンツが引っかかり多少脱ぎにくかったですが全裸になりました
全裸になった俺は勃起したチンポをどう隠して中に入ろうかと思いましたが
勝手に人の家のタオルを使うのも気が引け両手で隠しながら入ることにしました
「入っていい?」と聞くと中から「うん」言う答えがかえってきました
俺は夢にまで見たA子の裸を見れるという思いに興奮しMAXパワーの
チンポをキープしたまま風呂場の戸をガラリとあけました
戸をあけるとそこには期待していた裸のA子はいなくて
かわりにバスタオルを体に巻き肩までの髪を結んだA子が向こう向きでいました
俺はちょっと残念だったもののそれでもおしりの部分の滑らかなラインと
かすかに見える小さい本当に小さい胸のふくらみを見ただけでますます興奮しました
A子は向こうを向いたままでした
俺は手では納まりきれなくなっていたチンポを何とか隠しながら
A子に「こっち向いて」といいました
けれどもA子は「恥ずかしいから」となかなかこっちを向いてくれません
俺はそんなA子の前に回りました
A子は下を向いていたので前に回り込んだ俺のチンポをもろに見てしまいました
A子はすぐ目をそらしましたが俺はそんなことお構いなしに
「ごめんね、でも男は興奮するとみんなこうなるんだ」
といってもA子はなにもいいません
けれども俺はもうそれだけでは収まらず「さわってみる?」
というとA子の答えを待たずA子の手をとり勃起したチンポを握らせました


俺のチンポを握ったA子の手は心なしか震えているようでした
ですがその目はしっかりと俺のチンポを捉えていました
俺はA子にチンポを握らせたままA子に抱きつきました
今にして思えばこれがA子に抱きついたはじめてのときでした
タオル越しに感じたA子の鼓動はかなり早かったですがそれは俺も変わりません
バスタオルを巻いた女がチンポを握ったまま抱き合う二人
それは端から見ればとてもおかしな光景でしょうが二人にとっては
そんなことを考えている余裕はとてもありませんでした
こうなると男が思うのはもうひとつしかありません
そう実際にA子の胸と万個を見てみたいということです
俺はもう気持ちが自分では抑えられなくなっていました
「・・・タオルとるよ」という言葉とともにタオルに手をかけました
A子は「ちょっと待って!!」といいましたが俺は構わずタオルを引っ張りました


ところがA子はタオルを押さえ必死で抵抗します
「やめて!やめて!やめて!!!」
A子は必死に叫んでいましたが俺はそんなことにも構わず強引にタオルを取りました
ハラリとタオルが落ちようとした瞬間A子は床にしゃがんでしまいました
胸と万個を隠すように丸まってしゃがんだA子をの悲しそうな顔を見て
俺はしまったと思いタオルをA子の体にかけました
「ごめんね・・・でもA子のことが好きだっていう気持ちが抑えられなかったんだ」
と俺が言うとA子はいつもの消え入りそうな声で
「ごめんなさい・・・なんだか怖くって・・・・」といいました
俺が「怖いって?」と聞くとA子は


「・・・なんか・・・今まで男の子と話したことなんかなかったような私が
初めて男の子を家に連れてきてしかも一緒にお風呂になんか入っているのが・・・
それにT君(私のことです)の体に触ったのだって今日が初めてだし・・・
男の子の体を見るのも初めてだしこれからどうなっちゃうんだろうって思うと・・・」
と本心を話してくれました
俺は勃起させたままタオルを再び巻いたA子の脇に座りました
「そっか・・・ごめんね・・・いきなりこんなことされたら誰だって怒るよね・・・
でも俺はA子のことを本気で好きだし俺も裸になってるし・・・」
というとA子は「でも・・・」というので
俺が「徐々に慣れていってそれで最後までいけないって言うんだったらそこでやめよう」
というとA子もなんとか受け入れてくれました
最初はチンポを観察するところから始めました


みなさん笑わないでください
今思えば本当に馬鹿みたいなことをしたんですが当時の俺は必死でした
まずA子にチンポをよく見せるためA子の前に立ちました
照れ隠しで「なんか恥ずかしいね」なんていいましたが
A子はつばをゴクリと飲むほど真剣で緊張してるのがよくわかりました
俺が「男は興奮するとこういう風に大きくなってこれを擦ると精子が出るんだ
それをオナニーっていうんだ」って説明するとA子は
「T君もするの?」と聞いてきたので俺は「それは俺も男だから・・・」
というとA子は悲しそうな顔をしました
俺はまずいと思い「でも男なら誰でもするんだよ、しないと夜寝てるうちに勝手に
出てきちゃうんだ・・・」というとA子は納得したような顔をしました
次にA子の手を導いて再度チンポを握らせてみました
感想を聞くとA子は本当に恥ずかしそうに
「すごく硬い・・・それにあったかい・・・」といいました



俺はA子の手に手を添え少し擦ってみました
「これがさっき言ったオナニーだよ」
というとA子は少し手に力を込めたようでした
「一人で動かしてみて・・・」というと
A子は恐る恐る動かしだしました
本当に軽く擦りだしました
俺は初めて自分以外の人にチンポを握られた興奮からいつもより
かなり早く我慢汁を放出してしまいました
それをみたA子はびっくりした様子で手を離し
「・・・・これが精子?」と聞きました
俺は途中でやめられたことを悔しがりながら
「ううん、これは我慢汁っていって精子が出る合図」といいました
俺は続きをしてもらおうと思いましたがA子はチンポを握る気配はありません
そこでまた座りA子の裸をみたいというお願いをしてみることにしました


俺が「今度はA子ちゃんの裸をみせてくれないかな?」というと
A子はだいぶそれこそ5分くらい考えていました
そしてついに「・・・・・・・・いいよ」と言ってくれました
そこで俺はA子を立たせ「じゃあタオル取るよ」というと
今度はA子も抵抗するしぐさをせずきお付けの姿勢でたっていました
A子はかすかに震えていたようでした
俺はA子を抱くように左手でA子の肩をつかみゆっくりとタオルをとりました
A子は手でとっさに胸と万個を隠しました
俺はその手をできる限りやさしくつかんでゆっくり手をどけさせました


手をどけさせた俺は夢にまで見たA子の裸をじっくりと観察しました
本当に小さな小さな手で包み隠せるくらいのかわいい胸
まさにピンクと言う表現がぴったりで少しだけたった乳首
わずかに生えた陰毛によって隠された割れ目
俺は時間をかけてじっくりじっくり観察していました
そして我慢できずに手で触れてみました
直接触った胸は服の上からとは全然ちがい本当に柔らかかった
その時のA子の胸の鼓動は驚くほど早かった
胸の感触を十分に堪能した俺はいよいよ未体験ゾーンへと手を滑らせた
はじめて触った女の陰毛は思いのほか柔らかかった
その先にある割れ目へと手を進めるとA子はもう我慢できないとばかりに
壁に手をつきそしてバスタブのへりに腰掛けてしまった
さらにクリトリスや穴を触ってみるとA子は声こそださないものの
感じているのか目を閉じていました


A子はもうすでに濡れていました
ねばねばした愛液がねっとりと指や内ももにつきました
愛液で濡れた陰毛は最高にエロチックでした
そしてクリトリスをなでたり穴に指を出し入れしているうちにA子は
「ん・・・・んはぁ・・・んんん」と小さな声であえぎ声を出し始めました
これを聞いて俺は思い切って最後のお願いをしてみました
「ねえA子ちゃん・・・いやならいいんだけどHさせてくれない?」
断られると思った俺は半分あきらめていましたがA子は以外にも
「・・・・・・・うん・・・・・・」というものでした
喜んだ俺は急いで脱衣場なあるズボンのポケットからコンドームをもってきました
準備がいい俺にさぞかしA子は驚いたでしょうがもう何も言いません
A子に見られながらコンドームを何回か失敗しながらつけました
そしてA子に風呂の床に寝てもらい正常位で挿入を果たそうと思いました
ところがそんな俺に突如アクシデントが起きたのです


あまりにも興奮していたためチンポが反り返りすぎて
A子の万個に入れることができないのです
俺は何度も何度も挑戦しました
しかしだめです
どんなにがんばっても入りません
時間がたつとなかなか挿入してこない俺を心配して寝ていたA子も
首だけを起こしてこちらを向いてきました
俺はあきらめようと思いました
非常に残念ですが入らないのでは仕方ありません
俺は目の前が真っ暗になりました
いってみればチョモランマの頂上から5mの地点で引き返さなければならなくなった
登山家の気分でした
しかし何とかしようと考えていた俺にある考えが浮かびました
『そうだあの得意な体勢なら何とかなるかもしれない』
童貞だった俺が得意な体位とはそうあれです


あの夕暮れの教室でジャージ越しに経験した後背位です
あれなら何とかなるかもしれないと思った俺はさっそくA子に
風呂桶に手をついておしりを向けてくれるよう言いました
A子は何もいわず素直にその体勢になってくれました
俺は勃起したチンポを手で押さえながらまたA子の万個を手で広げながら
穴にチンポをあてがいました
そして一呼吸おいてからするすると推し進めていくと今度は挿入に成功しました
はいった瞬間A子は「んんん!!!・・・く・・ん・・いたい・・・」
といいました
それを聞いた俺はA子に「大丈夫?やめる?」と聞きましたがA子は
「・・・大丈夫・・・初めてだからちょっと痛いだけだと思う・・・」
その言葉を聴きちょっと安心した俺はA子の腰をつかみ軽く腰を振ってみました
おそらくこのときが人生で一番気持ちよかったときでしょう
俺はあまりの快感に立っていられなくなりそうでしたがなんとか腰を振り続けました


A子の揺れる小さな胸と前後に揺れるA子の体をみて
きつく締まった万個の具合を感じていた俺はあの時のことを思い出していました
あの夕暮れの教室での出来事を
ただあの時と違うのは二人とも裸だと言う点です
一ヵ月半前までは口も聞いたことのない二人がこうやってSEXをしている
その現実に引き戻された私は再びA子のことをみました
A子は無言
俺ももちろん無言
あえぎ声なんか二人とも出しませんでした
風呂場の中には二人の荒い呼吸の音、A子が手をついているバスタブがきしむ音、
そして肌と肌が擦れる音しか響いていませんでした
一分くらいたったでしょうか
俺はまもなく限界が来るのを自覚していました


そしてあの時と同様に腰をつかむ手に力をいれ腰を動かすスピードをあげました
A子は相変わらず無言で下を向いたまま体を前後に揺らし続けていました
ついにその時がきました
ビクンビクンと波打ったチンポは今までで一番大量に精子を吐き出しました
俺の脚はつりそうなくらい気持ちよくなっていました
A子も俺がいったのがわかったのか動きを止めました
俺は放出し終えたチンポを入れたままA子に抱きつくように覆いかぶさりました
A子も俺もあ汗びっしょりでした
二人とも呼吸が乱れていました
俺はそれが落ち着いてからチンポを万個から引き抜きました
コンドームには大量の精子がはいっていました


それをA子に見せると
「・・・本当に白いんだ・・・不思議・・・」といいました
コンドームをすてA子の万個をシャワーで洗ってあげると
A子も俺のチンポを丁寧に洗ってくれました
再び大きくなったチンポをみてA子は「くすっ」と笑いました
そしてもう新婚さんのように仲良くなった二人は一緒に風呂からあがると
互いの体を拭いてあげて裸のままA子の部屋に戻りました
部屋に戻ると俺のチンポも完全に回復していました
またA子の体を求めるとA子はもはや拒否はしませんでした
その後結局後背位で一回、騎上位で二回しました
A子はHの時は何も声を出さずされるがままといった感じでしたが
最後には自分から腰を動かしてくれるまでになりました


夜も暗くなり俺の帰る時間がやってきました
A子はなかなか俺を帰してくれようとはせずだだをこねるようなことも
言いましたが俺はなんとかA子を説得して帰ることにしました
玄関まで俺を送りにきてくれたA子と別れのキスをしました
扉を開けA子のほうを振り返るとそこにはいつものおしとやかで
物静かなA子が笑って手を振っていました
A子は扉がしまる瞬間まで笑顔で手を振っていました
俺はA子を絶対大事にすることを星空に誓いながら家路を急ぎました
俺は周りの雰囲気が変わっているのをひしひしと感じました
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する