キメセクに興味津々な女の子を‥‥



友達の紹介で智子と出会った。
智子はとても清楚でスタイル抜群で笑顔の素敵な29歳の女性です。

ある日お酒を飲みに行って色々な話をしてすごく盛り上がり時間も遅くなったので送っていくことにしました。
そして家の前で『じゃーーね』なんて言ったら智子が『酔ってるから少し覚ましていけば?』というのでお言葉に甘えて彼女の家にあがりました。
一人暮らしの智子はとてもきれいにしていて、なかなかしっかりしてるなあって思いました。
リビングから見えるベッドを見て思わずエッチなことを想像してしまいました(笑)
コーヒーを飲みながらたわいもない話をしていて突然智子が
『ねー友達がドラッグ飲んでエッチするととてもきもちいいって言ってたけど本当なの?』
と大胆な質問をするので、一瞬おいおい何を言うんだと思いましたが、とり直して
『もちろん合法ドラッグでしょ?やったことないけどいいらしいね』
なんて言いながらますますエッチの話になっていき、男と女の関係になるにはそう時間はかかりませんでした。

ソファーに一緒に座っていたふたりは段々と寄り添っていき、軽いキスを交わし何度かキスをしていくうちに、舌を絡めながらお互いに洋服を脱がし合う。
智子が感じてる声が段々と激しくなっていき、僕もその姿に興奮して耳から首筋に優しく舌で舐めていくと、智子は一段と声をあげて
『けんちゃんいい。。けんちゃんいい。。』
と言いながらお互いに裸になっていました。
そのときに智子が
『あんっすごい垂れてる。。』
と言いました。
智子のオマンコから汁が床に垂れていました。
僕もすごい勃起していてその勃起してるものを智子の手がリズムよくしごき
『けんちゃんすごいヌルヌルしてる。。』
僕もあまりの手のうまさに相当男としてきたなあと思った。
激しいキスをしながら智子が
『ベッドにいかない?我慢できない。。』
と言うので抱っこしてベッドに連れていき、その上で抱き合いながら激しいキスをし乳首を優しく舐めると一気に
『ア~ン!きもちいい!けんちゃん!』
その声はすごいエッチな声になり、智子の泉のあふれたオマンコに舌をすべらせた途端
『あーーーんいい!そこいい!けんちゃんうまいの!あーいい!』
とびしょびしょになって、智子のクリトリスは大きくなっていて今にも破裂しそうなくらい飛び出ていました。
その飛び出してるクリトリスを何度も責めると外に聞こえるんじゃないかというくらい激しい大きな声になり
『けんちゃん逝っちゃいそう!すごくいい!狂っちゃいそう!』
『いい!逝っちゃう逝っちゃう!あーーーあーーーうーーーーーんんーーあっーーー!あああ』
とすごいきもちいい声を出して逝ってしまいました。



しばらく智子はあまりのエクスタシーに動けなくなり激しく呼吸をしていました。
そして段々落ち着いてくると
『けんちゃんって相当女の子泣かしてるでしょ?』
『なんで?』
『だってすごいうまいんだもん 女の子体わかってるよねー』
そんなこと言われて俺もどう答えていいかわからず
『そうかなあ』しか言えませんでした笑
そして智子は
『今度は私の番よ~けんちゃんどこが感じるのかなあ~』
とキスしながら段々と下のほうに舌をペロペロと滑らし、乳首を下から舐め上げると思わず僕は声を上げ体もピクっとしてしまいました。
その反応に気づいた智子は巧みな舌の動きで舐め僕の反応を楽しんでるようでした。
『どう?いいでしょ?』
『うん。すごいうまいね舐めるの』
『まだまだもっときもちいいことするから。。』
と智子は更に言葉では言い表せないほどすごい舌の動きで僕の勃起したものを舐め始めました。
もうすごいの一言で、こんなフェラ初めてでこの女の天性だなあって思いました。
僕も負けじと指で智子のオマンコをいじり始めたら段々鼻息が荒くなりまたクリが飛び出してきました。
智子がいやらしい声をドンドン出すのでこっちもフェラとその声でギンギンになってしまい、頭の中がグルグルまわって何がなんだかわからない状態の中、智子が勃起した僕のものを智子のビショビショになったおまんこに擦りつけ始めました。
『あーーーんきもちいいあーーーんいい いい いいれちゃう』
と智子のおまんこにゆっくりと入っていきお互いにすごいきもちいい顔をしながら激しいキスを何度も何度もし
『ああああーーーん けんちゃん何でこんなにきもちいいのーもっと狂わせてー!!!』
と智子の目は完全にいっちゃってました。
僕の勃起したものは更に勢いを増し、智子のすごいヌルヌルしてるところを何度も突き、突くたびにすごい締まっていき本当にふたりの体がひとつになっていくのを感じました。
そしてふたりは激しいキスをしながらお互いに腰を動かし
『けんちゃんすごいエッチうまいねえ 狂っちゃうよ』
『ともちゃんこそ今まで相当男をしてきたでしょ 俺も狂っちゃう』
『じゃあこれからもっとふたりで狂っちゃおう ずっとずっと』
抱っこしながら激しくキスしこんな言葉を交わしながら愛し合いました。
そしてついにクライマックスに突入してき、もう言葉にもならないくらいの快感がきて、僕もすごい締まってるいる智子のおまんこに思いっきり中だししました。

すごいエッチな顔と体と素晴らしいテクニックの持ち主の智子愛してるよw
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する