初体験は母親、その後も母としかできない



6年ぶりにお母ちゃんを抱いた。俺にとってお母ちゃんは初体験の相手であって、またお母ちゃん以外とおめこしたことがない。
初めてお母ちゃんとおめこしたのは俺がまだ中学校1年生のときだった。
俺ん家は母子家庭で俺は父親の判らない子だった。最近聞いたことだが、お母ちゃんはまだ俺が小さいころは風俗で稼いだ金で俺を養ってたらしい。俺の物心がつくころには水商売の仕事に変わって、俺もそれしか覚えていない。そんなに貧乏だったとは思っていなっかたが、中学校に上がる前に木造文化から綺麗な2LDKのマンションに引っ越した。そのころから家に妻子持ちのやくざが入り浸るようになった。きっと家の金はそのやくざが出してたんだと思う。週に2、3回は泊り、お母ちゃんがそのやくざとおめこしているのは分かっていた。
俺はそれが嫌で堪らず、いつも頭までふとんをかぶってお母ちゃんのよがり声を聞かない様にしていた。そんな毎日が続いて中学生になってちんぽからザーメンが出る様になると嫌で堪らないはずのお母ちゃんのよがり声を聞きながら一人でする様になった。
ある夜、いつもの様にやくざが泊りに来て、1時ごろからおめこを始めた。俺もいつもの様に聞き耳をたてながら一人でやり終わり、そのまま寝付いたが、朝方6時位に「げぼっおお、おええっえ。」とお母ちゃんがえづく声で目が覚めた。その声はリビングから聞こえてきて俺がそおっとリビングを覗くとやくざがその信じられない位でかいちんぽでお母ちゃんの喉の奥までちんぽを突っ込んでいたのを見てしまった。一晩中お母ちゃんを犯し続け、乱暴な行為をしているやくざに俺はぶち切れ殴りかかたが、反対にぼこぼこにされてしまった。泣いて止めようとするお母ちゃんを縛り付けやくざは俺の肛門にちんぽを無理やり入れてきた。激痛で出血もしたがなぜか俺のちんぽはびんびんになっていて、やくざが俺を後ろから犯しながら俺のちんぽをしごいてきたときには数時間前にざーめんを出したにもかかわらず、ちんぽの先から透明な汁が次から次へと溢れてきていた。

やくざが「おい、坊主、ちんぽびんびんにしていきたいんか。腰がくだける位気持ちよくさせたろか。」と言って後ろから俺を犯しながら縛られたままのお母ちゃんのおめこに俺のちんぽをあてがった。

俺のちんぽはぬるぬるでお母ちゃんのおめこはぽっかりと開いていたのでやくざが俺の腰を抱いてピストンすると俺のちんぽは完全にお母ちゃんのおめこに埋まってしまった。
「あっ。」とお母ちゃんが小さく声を上げた。本当に一瞬だった。あっけなくちんぽの根本まで嵌ってしまい、お母ちゃんを性的な対象で見たりしていたが現実になるとは思っていなかったお母ちゃんとの近親相姦の初体験を迎えてしまった。

俺自身が腰を振ることはなく、やくざがお母ちゃんと俺ごと犯している様な感じで、俺はお母ちゃんのおめこの感覚を味わう余裕もなくすぐにお母ちゃんのおめこにザーメンを出してしまった。
やくざに「ママに中出しか?変態やのう。」と言われ悔しかったが、勃起は治まらず、やくざが俺の中でいくまであと2回お母ちゃんに中出しをした。

全てが終わってからやくざが「おまえら勝手にセックスするなよ。セックスしたらママを犬とやらせるぞ。」と脅した。
その後、2週間ほどは1日おきにやくざが泊りにきてお母ちゃんを縛り、お母ちゃんとおめこしている俺を後ろから犯すという行為が続いた。

それが2週間で終わったのはお母ちゃんが俺のことを心配して児童相談所に相談したことから俺が児童養護施設に入所することになったからだ。
しばらくしてやくざは事件を起こし刑務所に入ることになったけど、お母ちゃんにとってさらに地獄の日々が続く様になったらしい。

やくざが刑務所に入ってすぐにその弟分みたいのが家に来て毎日お母ちゃんを犯して、ときにはさらに弟分みたいなのを連れてきて代わる代わる犯されていたらしい。その間何回も妊娠、堕胎を繰り返し、高校生みたいなのを複数人連れてこられてから、お母ちゃんも我慢の限界で逃げ出し住所不定になった。
それでも俺には年に数回手紙をくれたり面会にも来てくれて俺もお母ちゃんを恨んだことはなかった。

今春高校を卒業して社会人になった。以前住んでいた街からできるだけ遠い田舎の役所の試験を受けまくって○○市役所に勤めることができた。
田舎なので家賃が安いのと、俺の今の給料でもお母ちゃんと二人で生活していけると思い、この9月からお母ちゃんと6年ぶりに暮らすこととなった。

お母ちゃんが引っ越して来たその夜、俺はごく自然にお母ちゃんを抱きしめた。お母ちゃんはまったく抵抗しなかったが、声を発することもなかった。
お母ちゃんのパジャマの下とパンティーだけを脱がし、前戯もなしにお母ちゃんのおめこにちんぽを突っ込んだ。俺はお母ちゃんに抵抗されるのが怖くてまず繋がりたかったんだけど、お母ちゃんは抵抗する気なんてなかったらしく、もしかしたら毎日抱かれるかもしれないと覚悟していたらしい。

俺はあまりの興奮で1分も持たずにいきそうになり、
「お母ちゃん、いきそうや。中でええか?」と聞いたら、
「うん、もう妊娠できへんから大丈夫。」とおめこしてから初めて声を出した。
お母ちゃんはまだ41歳やのに妊娠できへんと聞いていろんなことが一瞬で想像できてお母ちゃんがかわいそうになり、また愛しくて俺は涙が止まらなかった。
するとお母ちゃんも泣きながら俺を抱きしめ、キスをしてきた。俺にとって初めてのキスだった。二人とも泣きながらキスをしたまま重なっていた。



「お母ちゃん、むりやりしてごめん。最初から抱き直したい。」という俺の勝手な発言に、
「お風呂沸かしてくるわ。」と笑顔で答えてくれたお母ちゃん。
俺は無理やりしたことが本当に恥ずかしくてすまなく思うとともに、愛しくて愛しくて堪らなくなり、母ちゃんの今までの不幸な人生を俺が幸せにしなければと思ったし、結婚は絶対にしないと心に誓った。(このことはまだお母ちゃんに言っていない。)
その後、一緒にお風呂に入り改めてふとんの上で全裸で向かい合った。初めての前戯をした。お母ちゃんのおめこを舐めているだけでザーメンが出そうになった。また、初めてフェラチオを経験した。お母ちゃんは最初は時間をかけて俺のちんぽを優しく味わう様にしていたが、途中から喉の奥まで入れる様にしてくれた。一瞬昔のことが思い出されたが、ものすごい快感でいきそうになってしまった。

「お母ちゃん、いきそうや。ちゃんとおめこに出させて。」
「そやな、二人のやり直しの最初はそのほうがええな。」
俺はお母ちゃんのおめこにちんぽの先をこすりつけながら、
「お母ちゃん、愛してる。お母ちゃんと結婚したい。」
「あほか、でも嬉しい。お母ちゃんもとしのお嫁さんになりたい。」

また、泣いてしまいましたが、ちんぽは凶暴にお母ちゃんのおめこの奥までぐさぐさ犯しています。ちんぽのサイズは自慢できるほどじゃないが、平均以上だと思う。(施設や高校でも大きいほうだった。)
あっという間にザーメンを発射してしまったが、全然小さくならず、お母ちゃんに嵌めたままつばを交換するキスをしてました。腰を揺する様に小刻みに動かしてたところお母ちゃんの息が荒くなり俺のびんびんのままのちんぽの先にまったり感とは違うすごい締め付けを感じた。

「何かさっきと違う。」と俺が言ったら
「今、子宮に入ってるねん。そのまま小刻みに動いて。」
俺はお母ちゃんを感じさせようとあせって腰を振ったら、お母ちゃんが
「あかん、今抜けた。」
確かにさっきとは違う感覚だった。でもお母ちゃんのおめこはすごく気持ちいい。また俺が腰を突き出したところ、ちんぽの先にコリコリとした感じを感じた後、むちゅっううと何かに包まれる感じがした。

「また、子宮に入った。すごい、としのちんちん、お母ちゃんとの相性最高やで。」
俺はお母ちゃんの子宮にちんぽを入れる快感にさっきザーメンを出したばかりなのに我慢できなかった。
「お母ちゃん、もうあかん。出すで、お母ちゃんの子宮に出すで。」
「えっ、まだ、お母ちゃんまだ。」
「あかん、無理、出る、出る、うう。」
「ああ、出てる、一杯出てる。金玉びくびくしてる。」
「まだ出るううう」

20秒位、金玉をびくびくさせてたと思う。でもちんぽはまだ半勃ち以上の固さを保っていた。
「とし、もう1回続けてできる?」
「ごめんな次はお母ちゃんが気持ちよくなる番やな。」
「うううん、お母ちゃんもずっと気持ちええで。でももっと子宮でとしを受けとめたいねん。」

初夜はもう1回お母ちゃんの子宮にザーメンを出して終わった。6年ぶりにお母ちゃんを抱いてもう1か月になる。俺は毎日でもできるけど子宮には毎日は入れれないらしい。子宮に入れるのは週に1日だけそれ以外はできるだけ子宮に入らないように気を付けておめこの奥のほうに突っ込むようにしている。でも本当に相性がいいのか気を付けてても子宮に入ってしまうことがたまにある。
母親の子宮にちんぽを入れている人の話を聞かせてください
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する