この前お泊りで中出ししてきたのでご報告を・・・



この前お泊りで中出ししてきたのでご報告を・・・。


付き合い始めの頃は高○生だったAK美・・・今は立派な(?)社会人となりました。
就職できたお祝いと、20歳になったお祝いと、早めのクリスマスをやろうと言う事になり、ちょっと奮発して某ホテルのスイートに二人きりで泊まる事にしました。
待ち合わせに来たAK美は、私の好きなスカート姿。
寒いのに無理をして・・・なんだか可愛く思えてしまいました。

繁華街をブラブラして、どこかで食事をしようかと思っていたのですが、

「ちょっと休みたいから先にホテルに行かない?」って言ってきます。
まぁ、まだ時間も早かったので、そのままホテルに・・・。



25階の角の部屋は眺めが良く、

「夜景が綺麗だよぉ!」と、はしゃぐAK美を見て

「まだまだ子供だなぁ」って思わず言ってしまいました。
途端に、「もう大人だもん!」と怒っちゃった。
あちゃ~不味かったな・・・。
と、思っても後の祭り・・・しょうがないのでTVでも見ようかとリモコンを探していると、AK美にベットへ押し倒されました。
AK美:「今日は子供じゃなくなったAK美がリードしてあげる♪」
私:「え?ご飯は??」
AK美:「そんなの後!さぁ脱げ~!!」
私:「イヤン!えっち~」
AK美:「言う事を聞かないと酷い目にあわせるぞ!!」
すっかり立場が逆です。オマケに強姦されているみたいな口調だし。(笑)
まぁ、面白そうなのでそのままやらせてみました。
すると、バスローブのヒモを使って私の手を縛りだします。
私:「いてててて」
AK美:「ウルサイ!大人しくしろ!!」
裸に手を縛られた格好って結構恥ずかしいですね。(笑)
AK美もキスをしながら服を脱いでいきます。
私の乳首を舐める頃にはブラを取っていて、小ぶりな乳房がホンノリ赤く染まっています。



多分、AK美も興奮していたのでしょう。
そのままフェラへ行くのかと思ったら・・・
AK美:「舐めて欲しい・・・?」
ってお前ドコでそんな焦らすコト覚えたんだよ!!
既にギンギンのチ○コはいつもより大きかったように感じます。
AK美:「舐めないよ。もう入れちゃうの!」
私:「って、おい!ゴムは!!?」
・・・
上半身裸になって、私の上に跨って来ます。
・・・・・・
まだパンツを履いていたから入れないだろうと、安心していたのが間違いでした。
なんと、自分のパンツを横にずらして入れてくるんです!
私:「チョイ待て!コラ!!」
AK美:「んっ・・・んんんんんんん」
うわ!すっげぇ締まり!
AK美自身もシチュエーションに酔ってたんでしょう。
直ぐに高まってしまったようです。
AK美:「んん・・・んああぁぁぁ・・・い・・いく・・・」
私:「いっちゃった?」
AK美:「う・・うん・・」
私:「じゃあ、抜かない?」
AK美:「やだ」
私:「なんで?」
AK美:「もっとするの」
と、また小刻みに動き出します。
おいおい・・・元気だなぁ・・・。


次第に高まり、私もそろそろいきそうになってきました。
私:「出そうだよ。このままじゃ中に出ちゃうよ?」
AK美:「・・・・んっんっ」
頷くAK美。
な・・・中に出せって事なのか??
AK美の安全日っていつだっけ?
なんて事を考えるうちに、AK美が2回目の絶頂を迎えました。
その瞬間、いつもより強烈な締め付けが・・・


ドクッ!


最初は少し漏れた感じ。
強烈な締め付けでなかなか精子を放出出来なかったみたいで、AK美が締め付けを緩めた瞬間、大量に射精してしまいました。
その射精のドクドク感(?)で、またAK美は上り詰めてしまったそうです。
今までに無いような快感を味わい、しばらく二人とも動けずにいました。


何分経ったかは解りませんが、AK美の顔を見るとあちらもそれに気付いたようで、無言でキスをしました。
その後、結局食事には行かないで、朝まで4回。
1回中で出したんだから後は同じって事で・・・・結局全部中出し。
AK美はイク感覚がハッキリつかめたようで、毎回のようにイケルようになったそうです。
その代わり、ナマで中出しじゃないとイけないって・・・困ったもんです。(苦笑)
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する