久しぶりに羽を伸ばそうとパソコンで風俗サイトを探してみたところ



私のような年齢になると妻との交わりも殆どなくなり、浮気する欲望も30代~50代の時に比べ衰えてくるのは止むを得ないことですが、出張で東京へ行くことが決まり、久しぶりに羽を伸ばそうとパソコンで風俗サイトを探してみたところソープやヘルス、デリヘルの数が多くビックリしました。
私も東京では夜しか時間が作れないのと自分の歳も若くはないので歳相応でしかも性欲をそそられる容姿の女性は見つからないものかとあれこれとホームページを開いて見ましたが、日本人の風俗嬢は大半が顔を隠しておりますので興味があっても実際に対面したときに自分のイメージと会わなければ一物も元気にならないと思い、顔がハッキリわかる韓国デリヘルをあらかじめチェックし、自分の好みの女性の名前をメモしておきました。



日中の仕事がハードだったのでホテルに入り夕食を済ませたら疲れて風俗どころではなくなりましたが、せっかく女性の名前をメモして準備していたので、一休みしてから思い切ってデリヘルに電話しました。

電話には中年の女性が出ましたので、お目当てのデリヘル嬢が出勤しているかどうか尋ねたところ運よくすぐ来れるとのことでしたから、彼女(M嬢)を呼んでもらいました。



待つこと30分位で部屋のチャイムが鳴り、彼女を迎え入れましたが日本では間違いなく女優になれる程の美形で(石田ひかり似で彼女より綺麗だと思う)これから彼女とプレイするんだと思うと体が震えました。
二人で風呂へ入りましたが年齢が33歳とは思えない程乳房はピンと張り(90cmくらい)慎重も160cmと早くも息子がいきり立つのが分かりました。
彼女は母親が幼い子にするように私の体を洗いそしてシャンプーもしてくれました。

初対面なのに美人で気がつく彼女に気分も高揚し、疲れも吹っ飛んでしまいました。

ベットに移ると私の全身を彼女の舌が這い回り、ペニスを吸われた時は思わず射精しそうになりました。

フェラチオの途中で降参し、今度は私の番ですと彼女の乳房を愛撫しクリトリスに舌を這わすと愛液の味がたっぷり。

我慢できなくなり挿入しても良いかと聞くとコックリと頷きましたので

「ゴムは持ってるの」と訪ねると

「持ってないから生でして欲しい」とのこと。

彼女に覆い被さりペニスを彼女の膣に当て腰を動かすと、少し抵抗感が有り、その後徐々に力を込めるとスポッと奥まで入りました。

行為の時最初彼女は口に左手をあて顔を横にしておりましたが、最後は私の腰にしがみつき大きく喘いで殆ど同時にエクスタシーを迎えました。



セックスが終わり後始末をしたあともお国のことや食べ物の好き嫌いなど2時間位裸にバスタオルを巻いたままで話し込みました。

声も綺麗で日本語もある程度話すことが出来、意思の疎通もスムーズでしたから、自分に元気があれば2回戦までできたと思いますが、仕事の疲れと最初のセックスで精力を使い果たしたので、名残惜しかったけど帰ってもらいました。
彼女の写真をホームページより自分のパソコンに取り込んで今でも時々見ております。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する