軽はずみな逆ナンセックス



同棲中の彼と毎月中出しを楽しんでいる私です。
最近彼がこのサイトを見付けて嬉しそうに私に見せてくれてました、皆さん中出しをエンジョイしてるんですね。
彼が書き込む前に私が書き込んじゃいます。
と言っても彼との事ではなく、数年前の出来事です。
これでも私は食品関連の商事会社で営業をしているんです。
入社してすぐ営業に配属されて念願だった事もあり仕事第一の生活でした。

この不況の時代、成績を達成させるのは簡単な事ではありません。
そう女を武器に契約を取るこ事も何度かありました。
別に嫌な事では無く、SEX自体好きだと自覚しているので特別な時だけは接待にかこつけて取引先の責任者と関係を持ったりしていたんです。
この話はそんな関係を持った中でも特に不快だったので今でも思い出してしまうんです。
相手は2部上場企業スーパーマーケットチェーン本部の食肉仕入の責任者。
加工肉の売込みで営業してたんですがライバル企業と価格面でバッティング。
どうしても一括納入させたくて禁じ手のスペシャル接待攻撃を掛けたんです。
後輩の若い営業社員と(男)一緒に食べて呑んで迄は普通の接待で、最後に私がタクシーで送る所からスペシャルコースの始まり。
酔ったフリでなにげに誘う私の演技は我ながら見事だと思いながら敵は罠にかかりホテルへと行き先変更。
問題はこここからです。

このおじさんここまで来てどうにも立ちが悪く私もせっかくの酔いが醒める感じ。
ゴムもなかなかうまくはまらないほどのフニャチンぶり。
お口で元気にしてあげても挿入してしばらくすると中折れ状態・・・
シラケムードも隠しつつ何とか逝かせることが出来、逝ったフリで締めくくったんですが相手のおじさんそそくさと帰り支度。
まるで我に返ったと言わんばかりの素振りで私を置いて帰ってしまいました。
それもそのはず、おじさんは中出しをしてたんです。
シャワーに立ち上がったらあそこからトローンと落ちてくる?
「あれっ」と指で触ると濃くて固まった感じのザーメンがドロッと出てきたんです。

やられた!そう思ったんですが自業自得だと感じた事と、後々仕事にプラスかもと思ったので怒りなどはありませんでした。
もとより安全日近くで予定立てていたし、毎月彼と計画中出しを楽しんでいたのでこれで今日の仕事は終わったとすぐ納得出来ました。
でも気持ちは納得できても体は出来ていませんでした。

シャワーを浴びてから私もホテルを後にしたのですが、駅までの道のりで膣奥に出されたザーメンの塊が歩くたびに少しずつタレ落ちて来るんです。
接待SEXだったので飛び切り高い下着を着けていたので絶対シミを付ける訳には行きません。

すぐ先にゲームセンターがあったのでそこのトイレに駆け込みました。
ガーターの上にショーツを穿いていたので直ぐに脱ぎ、あそこを拭きました。
幸い下着には付いてなくてラッキー。
でも後から後からジワジワ出てくるザーメンには困りました。
「そんなに出されたはずは無いんだけどな・・・量が多ければ出された時の感じで解るはず・・・」

あそこをティッシュ出拭きながらたれて来る物が何なのか解りました。
「これは私のだ・・・」そう拭きながら感じていたんです。
仕事とは言え好きでもない相手とは言えSEXをして中にまで出されていながら私はぜんぜん逝っていないんです。
今になって感じてきて愛液を垂らしているんです。
私は、そう自覚しながらティッシュであそこをまさぐりながら考えていました。
もうしないと済まなくなっている、体は熱く火照ってるけど彼は出張で居ない、居ないからこそ接待の予定を組んだ訳だし・・・

覚悟を決めた私はショーツを小さくたたみバッグの奥にしまい込みました。
ガーターベルトにノーパンです、かなりいやらしいと思いましたがさらに気分はエスカレートして行きました。
ブラも取ることにしました。
ブラウスのボタンも2つはずし谷間を強調したんですスーツの上着は肩に掛けるだけ。



あとは好みの男を誘うだけです。
このゲーセンには若い子が何人か居たはずなので好みの子を狙います。
完全にメスと化した体からは相当なフェロモンを出していたと思います。
店内を一回りする前にもぉ居ました私好みが!
そそくさと近づき彼の2台離れたゲーム機に座ります。
年は二十歳前後大学生風でかわいい感じのイケ面。
一応ゲームをしては見たもののこんなのやったこと無いのであっという間におしまい。

格闘ゲームを勝ち抜けている彼の隣に座り画面を覗き込みます。
それまで集中していた彼も近づく私に気付きミスを連発。
それもその筈少し覗けばノーブラバストが目の前にあるんですから、わざとらしく彼のゲームプレイにはしゃいで彼に何気なく触ったりしていたんですが少しずつ大胆に彼の手を取って触らせたりして態度で誘いを掛けていました。
さすがに彼は若くジーパンの真ん中はパンパンにふくれて私のバストを揉みながら息を弾ませていました。
もう決まりです。

外に連れ出してするつもりでしたが私も高まっていたのでさっき入ってあそこを拭いた女子用トイレへ彼の手を引いていました。
女性客は数人しか居なくトイレに誰も居ないのを確認していたのでためらい無く一番奥の個室に陣取り始めていました。
ゲーム機の音で多少の声の漏れは気にならずかなり大胆に初対面の彼に、立ち体位やバックで突かれてかなり大きな声を出してしまいました。
そんなに長い時間ではなかったと思いますが私達は逝きました殆ど同時に、彼のモノが膣の一番奥を押し上げてビュッビュッビュッ・・・
すごい射精感、こんなにはっきりと感じたことはなかった。
私も不自由な体制からか、かなり力を入れて締め上げていたようです。
お互い逝った後は崩れそうでした足がガクガクと震えています。
今まででサイコーの中出しSEXだと思います。
彼とでもこんな充実感の余韻に浸ったことはありませんでした。

一息ついた彼は体制を直し私のあそこからペニスをゆっくりと引き抜きます。
彼の考えが解った私は力を入れてペニスに残った精液も搾り出します。
抜いて直ぐオマンコを覗き込む彼の目の前で一気に中に出された精液を出しました。
「ブビッ、ブブブ、ブチュッ」
汚らしい音と共に私の体温より少し熱い液体が垂れ落ちていきました。
彼はオマンコを指で少し開き奥まで覗きこんでいます。
初めての中出しだったそうです、そう言われて少し嬉しくなりました。

お互い服を直し、トイレを出ようとした時私はこの軽はずみな逆ナンSEXを後悔しました。
トイレのドアのところに彼の仲間が3人も待ち構えていたんです。
そう私は欲情して彼をナンパしたものの彼の仲間にずっと見られている事に気付かなかったのです。
後は想像の通り全員に生中出のSEXをさせる事になったのです。
1日で5人に出されたのはもちろん初めてで後の3人は好みでもなかったし苦痛なだけでした。
これに懲りて以来逆ナンはしていません。
軽はずみな行動も謹んでいます。
でも接待はしてますよ、もちろんスペシャルで。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する