HMVで声を掛けられ知り合ったヤス君(仮名)と付き合い出して初H



市谷の某大法学部に通うため2年間下宿してました。2年というのは途中でやめざるを得ない状態に陥ったからです。
HMVで声を掛けられ知り合ったヤス君(仮名)と付き合い出して初Hしました。わたしはバージンでした。
触られているうちにSを塗られたんだと思いますが、途中から意識がなくなりわめきはじめました。
ヤスはバージンのわたしにいきなりバイブを入れました。バイブは部屋の自販機で売っている安物です。
痛みで少しだけ目が覚めましたとき、ヤスが「これで女になった奴は一生これから離れられないんだぞ」と呪文みたいに100回ぐらい言われ続け涙が溢れてきました。

その言葉が嘘でなかったことを私はあとで思い知るのですが、そのときは意識が浮遊して分からなかったのです。
酷いことにヤスはわたしにバイブを入れ処女を奪った写真を沢山とっていました。バイブを入れる前にも指で開いて中の奥の写真もとっていたのです。

脚を縛りつけられ黒いバイブを入れられ、結構大量に(生理の初日ぐらい)出血する様子のビデオも撮られていました。
ホテルにいる間じゅう何かされていたようですが、わたしははじめてなのに何度もいってしまい、覚えていません。
ただ帰りの車の中でモウロウとしながら、ヤスに言われるまま下着を脱ぎ、フェラチオをさせられたことを覚えています。
それから自分であそこに指をいれたりクリトリスをいじったり、ヤスの言われるままだったのです。なぜか抵抗できず人形のように命令にしたがってオナニーしました。

それからヤスの部屋に連れていかれて、注射を打たれました。わたしは相当嫌がっていたそうです。
驚いたことに既に注射の跡があり、部屋で打たれた以外はいつ打たれていたのか覚えていません。
ヤスのベッドは異常に大きくて、わたしはベッドの飾りが天使に見えてきて、死んだのかと思いました。
3人ぐらいの男がわたしをじろじろ見ていました。誰だろうこの人たち、と思っていたらヤスの声がして「服を脱いで脚開いて見てもらえ」と言いました。
わたしはなぜか嬉しくなり「ハーイ」と返事をして自分から脱ぎ始めました。狂っていたと思います。



実はそのあとのことは余り覚えていません。あとでビデオを見せられ、その部屋で何があったかを知りわたしは自殺未遂をしました。
自分から脱いだだけでなく脚を開いて見せたり、オナニーしたり、バイブを自分でいれたり、男たちには2~3回ずつ犯されていました。
ヤスは映っていなかったのでビデオを撮っていたようです。色々命令されてわたしはヘラヘラ笑いながら従っていました。
バイブをいれたままユニットバスに連れていかれるシーンではカメラに向かって手をふ降っていました。風呂場では完腸をされ、我慢が足りないと言われ殴られていました

バスにはカーテンがなく、わたしが粗そうしたシーンでは全員が笑いころげていました。
わたしも笑いながら髭剃り用ムースを自分で塗って誰かに隠毛を全部剃られました。
シャンプーやシャワーを掛けられ、肛門を1センチぐらい広げられて笑いながら痛がっていました。
ユニットバスに太った男が腰かけてわたしの肛門を犯し、わたしは他の男の手が膣にバイブを入れている写真をあとから見せられました。
起きたら全裸でベッドに寝ていました。頭が痛くて、あそこもお尻も全身痛くて、部屋じゅうに変な臭いがしていました。

それから毎日のようにヤスに呼び出され違う男の相手をしました。注射を打たれると頭がおかしくなるのですが、ふらふらと呼び出しに応じてしまいます。
いろんな薬をあそこに塗られ、痛くておしっこが゙できなくなった時は、珍しくヤスがお見舞いに来てくれました。
薬にはクリームのようなものもあり、オナニーするときはそれを塗ると気を失うほど気持が良かった。
薬なしでしたこともありましたが、感じなかった。バイブとクリームがいちばん感じました。
ヤスはわたしの処女を奪ったバイブをわたしにくれ、わたしはそれでオナニーしていました

学校に行かなくなり、親にばれたのは2年の終わりです。法学部はレポートが厳しく、ほとんど出していなかったので怒りを買って実家に連絡されたのです。
いきなり訪ねてきたので色々なものを隠す暇がありませんでした。その頃部屋にはSMグッズなどもあり(SMはすごく感じた)母は泣いていました。
新城の実家に戻されてから、病院に入りました。完全に中毒です。学校は中退、でも入院中に2回抜け出し、ヤスに会いに行きましたが会えませんでした。
その後少し良くなり家に戻ったのですがビデオを見て自殺未遂しました。

話はここまでです。実は今も時々やっています。やはりやめられません。
今は量を加減しています。今の彼とも薬なしではしたことがありません。
処女で始めての時薬を使うと一生離れられないというのは真実です。あの時の感覚はからだの中に残っている気がします。
特にバイブはゼったいに手放せなくなりました。今でもヤスに会いたくてたまらなくなります。
本当に薬で女を奴隷化するには、最初の1回目でどれぐらい強烈にインプットするか、なのだと言う話はまさに真実なので、好きな人とはやらない方がいいと思います。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する