痴漢にレイプされた体験談



私は、23歳OLです。
私が、社会人になりたての頃、いつものように電車で通勤していました。
学生の頃からよく痴漢に会っていたので、いつも、違う車両とか時間を変えた
りしたけど、週に一、二回あってしまい何時もお尻とかを触られてしまい手を
振り払ったりして痴漢を退治していました。
その日は、電車が遅れているらしくいつもより混んでいて電車が来ると後ろか
ら押されるように電車の中に入って気が付けば、反対側のドアの所にいまし
た。
電車が動き始めて暫くするとお尻を触られている感じがしたので私は、何とか
手を振り払ったりして抵抗したけど止める気配がなく次第に
エスカレートしてくると、徐々にスカートを捲くり上げられるとストッキング
を破かれると強引に脚を広げられるとショーツの脇から指を入れられると直に
お尻を触り始めてきました。
私は、手を後ろに回そうとすると両脇の男性に私の手を掴まれました。
私は、頭の中が真っ白になってしまい、すると今度は、別の人が私のシャツの
ボタンを外すとブラをずらして直にオッパイを揉んできました。
電車が止まってしまい、どうやら事故か故障で暫く止まってるっと言うアナウ
ンスが流れました。

すると後ろの人は、小声で「ラッキー」って言う声が聞こえると、今度は、
ショーツを膝位まで下ろされると直接お尻を触り始めました。
次第に手が前の方に進んでくるので足を閉じ手を前の方を触られないようにし
たけど、強引に足を広げられ・・・・を触り始めると・・・の溝に沿って指を
動かし始め私は、恥ずかしさと恐怖で動けず、されるがままにされていまし
た。

すると他の人に上半身を下げられるとお尻を突き出す格好にさせられ、お尻の
溝に熱い棒状の物が触れて動き始めました。
暫くお尻の溝に沿って動かしていると、次第に下の方に持っていくと・・・の
溝に沿って動かしてきました。

その時にそれは、男性の・・・・だと分かりました。
・・・の溝に沿って動かしながら何かをお尻の溝に垂らしていました。
すると、男性は、・・・・を・・・に挿入しようとするので必死に抵抗をした
りしゃがもうとしたけど腰をしっかり掴まれていたので無理でした。
暫くすると・・・・が徐々に挿入し始めてくると、次第に目からは大粒の涙が
流れ始めてきました。



助けを求めたくっても回りの人たちは、痴漢の人の仲間のようで声を出されな
いように私の口を押さえている人もいたり、胸を触ってる人もいました。
男性は、ゆっくりと動き始めてきて私は、必死に早く終わる事を祈りながら唇
を噛締めて必死に耐えていました。
すると電車は、動き始めたのであと少し我慢すれば駅に着くと思ってこの行為
を我慢しました。

私の降りる駅まで後二駅まで来ると男性の腰の動きが早くなりました。
もしかして、このまま中に出されると思い必死に抵抗をしたりしたけど、男性
にしっかり腰を掴まれてしまい、後一駅で付くという時でした。
男性が、低い声で「ウッ」っと言うと声が聞こえると腰の動きが止まり暫くす
ると温かい感覚がお腹の中に広がりました。

男性は、・・・・を抜いたのと同時に駅に着きました。
私は、急いでショーツを上げて、カバンで前を隠しながらもう片方の手でス
カートが捲れないようにお尻の方を隠して逃げるように電車を降りました。
急いでトイレの個室に駆け込むと破れたストッキングを脱いでショーツを下ろ
すとクロッチの所に白濁した物が付いていて、汚れた所をふき取ると、会社に
は、電話で体調不良で休むと連絡してショーツにナプキンをつけて家に帰るこ
とにしました。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する