妹が同級生逹で新年会をやった際、送り迎えをしてあげた時の話



先日妹が高校の女子の同級生逹で新年会をやった際、送り迎えをしてあげた。
8人乗りに酔っぱらいの女の子をぎっしり乗せたため帰りの車内は女子高ノリ?かとように下ネタも全開だった。
誰が高校時代にどんなHをしただの、誰と誰がやってただの話していた。
なんとか君は秒でイク。とかなんとか君は小さいとか。聞いてるこっちまでちょっと凹みそうな話(笑)。
最初の女の子を降ろした後に、いなくなった女の子の暴露話。
その娘が性生活が乱れているのか、あいつは高校時代にトイレでまわされてからおかしくなってピンクコンパニオンや援助交際?に手を出した。などの話。
するとみんな金はほしいけどどこまでならやる?って話に。
大体はキャバまで!と言ったが、妹とあと2人は、ピンクコンパニオンはありだと言った。
風俗や援助交際だと相手にしなくちゃ嫌らしいが、体を見られたり触られたりはあまり抵抗がないらしく、企画物のAVなんかで絡みがなければいい。みたいな話だった。
しかし次第に、自分が気持ちよくなれて相手にしなくてイイならちょっとありかも(笑)みたいな話になって終了。
他の娘を全部降ろして、妹と家に到着。
妹は真っ直ぐ歩けないくらい酔っていた。しかしタバコ臭いから風呂に入ると言い出した。しかしなかなか歩けないため、脱衣所へ連れていった。
すると俺がいるのにふらふらしながら脱ぎ始めた。
俺はなに食わぬ顔をしながらなかなか出ていかなかった。
すると妹はすでに下着姿に。上下黄緑色のセットでブラのホックに手をかけたときに、俺の顔を見て「もう大丈夫よ。ありがとう」と言った。
さすがにいつまでもいられないかと思い、脱衣所を出ようとする。…しかしせっかくなので妹の裸体もちょっと見てみたかったのでギリギリまで焦らし(笑)
すると妹が「うー。寒い寒い。早くお湯に入りたい。」とブラをさっとはずし、一気にパンツも脱いだ。
Cカップくらい?の胸だったが、パンツを脱ぐときに前屈みで重力のおかげかちょっと立派に見えた。
そしてパンツに押し付けられていたせいか陰毛はペタッっとしていてスジの周り?だけに生えている感じで薄い感じだった。
妹はそそくさと風呂場へ。さすがに俺も脱衣所を後にしたが妹の裸体を思い出すと勃起(笑)
とりあえずトイレに行き、発射(笑)
すっきりしたので部屋に行こうとしたが、とりあえず脱衣所で手を洗おうとまた戻った。
するとそこには当然だが妹の下着が。普段あんまり下着は興味ないのだがなんの気なしにブラを手に取ると70Cで予想的中(笑)
香水?のいい匂い。
俺はまたムラムラ。妹にダメ元で「俺も寒くなったから入っていい?」と聞くと「狭いからやだー」との返事。「じゃあ俺はシャワーだけでいいから」と言うと「じゃあいいよー」との返事。
俺は嬉しくて速攻脱ぎました。
風呂場へ入ると妹は浴槽で目を瞑って足を縁にかけリラックス。
やはり俺が入っても隠す気はさらさらない(笑)
妹の体を見たくて入ったのになぜだか俺が気まずくなり「隠すとかしないのか?(笑)」と言うと、「なんで?隠す必要ないし隠すくらいなら断るでしょ(笑)」と。
まったくの回答だ(笑)



「あれ?そっか。おまえ見せる分には平気なんだよね?(笑)」と言うと「見せるってか見られちゃうのは仕方なくない?(笑)わざわざみせはしないさ!」と言われた。
「自信あんのか?(笑)」と言うと「自信なんてないけどみんな対して違わないじゃん?」と言うので「おっぱいとか陰毛とか全然違うだろ(笑)」と言うと胸を寄せながら「恥ずかしがっておっぱいでかくなるなら恥ずかしがるわ(笑)」と言った。
俺はその谷間を見て、「まあそれだけあれば十分だよね。水着来て谷間があれば十分。」と言うと、「あんまりないらしいよ(笑)前に海でビキニ来たら緩くて乳首見えてたらしいし(笑)」と言われ、「まじか(笑)乳首は恥ずかしいな(笑)」と言うと「寒かったしすげぇたってたしね(笑)」と言われ、「たっても固くなるだけやん(笑)」と笑ったら、「えー?2倍くらいに長くなるじゃん?細長くてカッコ悪い(笑)」と笑いました。
俺はこんだけ突っ込んだ話ができるなら…と決意。
「たたせてみなくちゃわかんないよ(笑)」と乳首をつまんでやった。すると「ちょっとー!くすぐったいよ(笑)」とまさかの緩いリアクション!
こりゃ行ける!俺は妹の両乳首をコリコリ。乳首が敏感らしく、すぐに固くなった。そして発言通りにちょっと乳首が長いくらいにたった。
妹は「くすぐったいよー。」とか言いながら無抵抗。思い返せば妹は自分が気持ちよくなれれば…の発言。俺は妹を立ち上がらせ手マンを試みた。妹は片足を風呂の縁にかけ協力的(笑)
指を入れ手マンをすると時おり膝がカクンと折れ、気持ち良さそうな表情。
1回抜いたので我慢していた息子も肥大化(笑)
俺はついに「…いれたい」と言うと妹は無言だがまるで立ちバックで…と言わんばかりに立ち方を変えた。「生でいい?」と聞くと、「風呂出てからとか正気になるから無理だよ?(笑)」と言われた(笑)
俺は「入れやすいように舐めて?」と言ったが、「やだよ!!普通兄貴のとか舐めないでしょ!あたしはご奉仕したくないって言ってたじゃん(笑)」と言った。普通は舐める舐めないじゃなく一緒にお風呂や生もありえないだろうけど(笑)
俺はとりあえず妹のマンコに息子を擦り付けた。ぬちゃっぬちゃっ…さっき手マンをしていたときよりだいぶ濡れていた。
妹は167センチで俺は180あるのだが恥ずかしながらケツの位置があまり変わらない(笑)ので立ちバックがしやすく、ヌルっとすんなり挿入。
妹は壁に手をつき前屈みに。後ろから突きながら妹の表情を見ようと側面から様子見しようとした。しかし妹の表情より揺れる胸ばかり見てしまった(笑)
Cカップでも前に屈むと十分な揺れ。
俺は両乳を鷲掴み。
勃起乳首が長いせいか中指と薬指でつまんでいたが先がちょっと見えていた(笑)

妹は全然声は出さないが、逆に吐息だけがエロかった。
腰を降り続け、時計の針が10分たつ頃、「…あぁぁ…」と妹が声を出したと思ったらカクンと膝の力が抜けた。そしてその後膝ががくがくに!
俺はびっくりして1回ピストンをやめた。
すると妹が振り返り「…いっちゃった…」と一言。
「気持ちよかった?」と聞くと照れ隠しなのか「ってか長いよ(笑)いかないなら終わりにしちゃうよ?(笑)」と言った。
「だめだめ!いきたいよ(笑)」と言うと、「あんまり膝が力入らないから早くね(笑)」と言い目を瞑った。
俺は再度ピストン!
妹は1回いって感度が高まったのか再度いったような仕草!
次第に妹を支えないと崩れ落ちそうになっていた。
俺も気持ちよくなってきた。そして最後は妹のケツにぶっかけ(笑)
妹は「…やっと終わったー。けどちょっと気持ちよかった(笑)」と笑いながらシャワーで精子を洗い流した。
「ここキュッキュッする…(笑)」と言いながら精子の場所を指差した。
俺はボディソープを手につけケツとマンコと胸を洗ってやった。

狭いと言ってたのに一緒に湯に浸かり暖まっているとお互いちょっと正気になってきた。
しかし俺は「またしよう(笑)」と言うと妹は「やだよー…シラフとかじゃ無理…今ちょっと酔い冷めてきたし…」と言った。
これって酔えばあり?とか考えたがそれ以上は言わなかった。
そして風呂を出て各々部屋に戻り寝た。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する