北海道支社の天使と乱交セクロスしたときの話4



モエちゃんは柴田さんの巨根を自分からしゃぶってしまいました・・・
柴田さんは「あああ、気持ちいい、ああマジで最高」と変態っぽく感想を言っていました。
もうこの時は二人だけの世界って感じで、僕は何も言えないで見ているだけでした。
今考えたら、僕が遠慮してないでさっさとモエちゃんをホテルにでも誘ってしまえば良かったと凄く後悔しました・・・
モエちゃんは一生懸命しゃぶっています・・・柴田さんに「手使うな」と言われれば、言う通りに手を使わないでしゃぶっています。
そして柴田さんが自分のアソコを手で持ち上げて、玉を突出すようにすると、躊躇なくモエちゃんは玉を舐めはじめました。

そしてしばらくすると宿舎の入口が開いた音がしました。
僕はドキッとしました。
でも誰かはすぐに分かって、酔っぱらった同期の二人の声が聞こえてきました。
僕は柴田さんに「やばいっす!あいつら帰ってきましたよ!」と焦って言いました!
でも柴田さんは「いいよ別に、みんなヤッちゃうべ!な?モエ」と言い出しました。
モエちゃんもフェラをしながら笑っているだけで全然焦っていませんでした・・・

そしてとうとう同期が部屋に入って来てしまいました!

同期二人は一瞬唖然として、何も言えないまま立っていると、柴田さんが「お前らも混ざれよ!5Pしようぜ!」と言い出しました!
二人は酔っぱらっているので、「マジッすか?ウィイイイイ!」とハシャいで服を脱ぎはじめました!
そして同期の一人はすぐにモエちゃんの体にむしゃぶり付いて、おっぱいを舐めまくっていました。
モエちゃんはやっぱり嫌がってなくて、すぐに感じはじめていました・・・

そしてもう一人は僕に、「何何?何でこんななってんの?」と聞いてきました。
僕は本気で告白しようと思ってたモエちゃんが、柴田さんに持っていかれたってのが恥ずかしくて言えませんでした。
だからついつい「いや、なんか急に冷めちゃって・・・遊んでやろうかなって思っちゃって」とかなり苦しい言い訳をしました。
でも同期は「マジで?じゃあ俺もやっちゃうよ?いいの?」と聞いてきました。
僕は思いっきり強がって、「いいでしょ別に、あいつたぶんヤリマンだぜ」と言いました。

そしてあっという間にモエちゃんの体には3人の男が群がっている状況になりました。
AVでしか見た事のない、すごい光景でした・・・

モエちゃんは必死で快感を我慢しながら柴田さんの巨根を頬張っていますが、同期の二人はモエちゃんのアソコを同時に攻めていて、一人はクリ攻め、一人はGスポットで、ミルミルすごい音が響いてきて、すぐにモエちゃんのアソコからは大量の潮が噴き出しました。

モエちゃんは可愛く痙攣しながらも、歯牙み付くように柴田さんのをフェラしながらイッていました。
イッた後も休み無く攻められて、何度も連続でイカされていました。
そして3人に遊ばれるようにして「オマ○コイクうううう」とか「チ○ポおいしいい」とかを言わされていました。

そして柴田さんが「そろそろ入れるか?」と言って、モエちゃんをバックにしました。
僕のイメージでは、普通の女の人がバックになれって言われても、背中を丸めてしまって、中々お尻を突出さないのが当たり前だと思っていましたが、モエちゃんはバックになれって言われたらすぐにお尻を思いっきり突出して、すごく厭らしいポーズをしていました。

柴田さんは、「モエ、生でいいだろ?」と聞くと、「えっ、ダメですよ、ゴムして下さいよ・・・」と弱々しく言いました。
でも柴田さんがお構い無しに生でぶち込むと、「あっ、ダメ、あああ、いやあああ、おっきい、あああああ」と全然抵抗は無かったでした・・・

モエちゃんは柴田さんの巨根がかなり気持ちいいみたいで、ゾクゾク体を震わせて声にならない感じで感じていました。
そして10回位ピストンされたら、「イク、もうイク、はぁああ、うはぁあああ」とブルブル震えてイッてしまいました。

すると痙攣しているモエちゃんに同期が近付いて、「モエちゃんマジでエロいねー、○○君なんて、マジでモエちゃんに告白しようとしてたんだぜ!」と僕の事をバラしてしまいました!
酔っぱらって調子にのっていた同期二人は、一連の流れを説明して、3人とも本気でホレてしまい、僕が本気の告白をする予定だった事をしゃべってしまいました!

僕は本気でムカつきましたけど、どうしようもなくて黙っているだけでした・・・
柴田さんは笑っていて、モエちゃんはビックリして僕の方を見て、「えー、そうだったの?ハァハァ、早く言ってくれれば・・・」と、申し訳なさそうな顔をしました。
僕は内心『早く言ったらなんだってんだ!よくそんな格好で言えるな!』ってムカつきました。
すると柴田さんが、「早く言ったらヤラせてあげたのに?ってか!」と大爆笑をしていました。

それからはモエちゃんが若干僕を意識しはじめたみたいで、チラチラこっちを見ていました・・・
でもチラチラみられても、バックで入れられてるモエちゃんに何も言い様がありません・・・



柴田さんはピストンを激しくさせながら、「おらぁ!○○が見てんのに感じてんじゃねーぞ!」と言いました。
モエちゃんは思いっきり感じながら、「あっ、ハァハァ、あああ、○○君、ああああ、ごめんっ、ああああ、ごめんね、あああ」とこっちを見て感じながら謝ってきました。
僕はどうしていいか分りませんでした・・・
でもモエちゃんは、同期のチ○ポが目の前に差し出されると、すぐに自分からしゃぶりついていました。
そして同期の2人分のチ○ポを交互にフェラしながら、柴田さんに何回もイカされていました。

最後は柴田さんが、「あああ、イク、ああああ、イク、あああ出るっ、おおおおお」と言うと、思いっきりモエちゃんの中に出していました・・・
モエちゃんも気付いているはずなのに、何も言わないで柴田さんが抜くのを待っていました。
そして柴田さんが巨根を引き抜いて、「ハァハァ、モエちゃん、中に出したけどいいでしょ?あはは」と言いました。
モエちゃんは笑って、「いいわけないじゃないですか!ハァハァ、もう!ハァハァ、ダメですよ!」とふざける感じで言っていた。
そして柴田さんに無言で巨根を突出されると、当たり前のようにお掃除フェラをしていた。

僕はもうその場に混ざる気分では無かったので、静かに部屋を出ました・・・
そして休憩室みたいな所で座っていました。
でも誰もいない宿舎には、4人の声が嫌でも耳に入ってきます・・・
なんか僕がいなくなった時から一段と激しくなった気がしました・・・
モエちゃんの絶叫するアエギ声と、柴田さん達の笑い声がずっと聞こえてきます。

僕は寝てしまいたかったんですけど、気になって眠れないので、コンビニにお酒を買いに行きました。
そしてウイスキーを瓶のまま飲みながら帰りました。
宿舎に戻ってもやっぱり皆の声が聞こえてきます。
僕はしこたま飲みまくって、なんとか眠りました。

そしてふと目がさめると、静かになっていて、時計を見たら朝方でした。
僕はトイレに行きたくなったので、共同のトイレに行きました。
トイレ入ろうとすると、廊下の角から人が曲ってきて鉢合せになりました。
ちょっとビックリしたんですけど、何とモエちゃんでした!
モエちゃんもトイレに来たみたいで、静かな所で二人っきりになってしまいました!

モエちゃんは「あれっ、ど、どこにいたの?いつの間にかいなくなって心配したよ・・・」と言っていましたが、そんなモエちゃんは真っ裸で、しかも体中に落書きがしてありました。
乳首はマジックで黒く塗られてて、「ヤリマンでごめんなさい」とか「パイズリマシーン」とか、アソコには矢印で「精子を注いでよくかき混ぜて下しさい」とか書いてありました。

そんな格好で『心配してた』って言われても・・・って感じでした。
でもモエちゃんも僕と二人だけになると大人しいモエちゃんに戻ってしまうみたいで、ちょっと恥ずかしそうに落書きを隠していました。
僕はここでヤってしまおうかと思いましたけど、何故かまた格好つけてしまい、「さっきあいつらが言ってた告白とかってマジで嘘だから・・・」と言いました。
モエちゃんも「そうなんだ・・・」と言うだけで、会話が続かなくて無言で立っているだけだったので、逃げるようにトイレに入りました。

モエちゃんもすぐに女子トイレに入ったみたいでした。
僕はやっぱりもう一度話がしたいと思って、てゆーかモエちゃんの裸が見たかったのもありますが、出るタイミングを合わせようと思っていたら、同期の一人の声がしました。

「モエちゅわーん!どこにいんの?」と言いながら女子トイレに入っていったみたいでした。
僕は『邪魔すんなよ!マジで早く消えろよ!』と思っていたんですが、そうはいきませんでした。

同期の奴がモエちゃんの入ってる個室をドンドン叩くと、モエちゃんが笑いながら「何ですか?あはは、もう漏れちゃいますよ!帰って下さいよ」と声が聞こえた。
すると同期は「いいよいいよ、ほらっ、出して、気にしないでいいから」と言い出した。

モエちゃん:「いやですよー、ホントに恥ずかしいです!」
同期   :「いいからいいからマジで!見せて見せて!」
モエちゃん:「ホントに恥ずかしいですよ・・・」

「・・・・・ジュロッ、ピチョンッ、ジュロロロロロロロロ」

同期   :「うわっ、エロっ、舐めちゃお」
モエちゃん:「いやっ、汚いですよ、まだ終わってなっ、あっ、あああ、はあああああ、あんっ、ダメっ、あああ、それダメ、ああああああ、いやあああああ、イク、イク、ああああ、イクうううううううう」

同期   :「おい、今度は俺のも舐めろ」
モエちゃん:「ハァハァ、うんっ、ハァハァ、うぐっ、チュパッ、ジュボッ、ジュボッ」

さっき僕と話していた大人しいモエちゃんは何だったんでしょうか・・・
本気でさっき犯しとけば良かったと後悔しました・・・
あんなヤリマンに格好つけてた自分が恥ずかしくなりました。

それから二人は当然のようにトイレでヤリまくっていました。
モエちゃんは全部中出しされてるみたいで、その時も「モエに出して、妊娠させてえええええ」と叫んでいました。

結局、後から聞いた話では、モエちゃんはやっぱりヤリマンだったみたいでした。
北海道支社では数人の男が知っていたみたいで、柴田さんはその噂を聞いていたので来たみたいでした。
もちろん社内の男と全員ヤリまくってるわけではなくて、仲がイイ女の子が学生時代の話を聞いて分かったのが、男の耳に入って、誰かが駄目もとでチャレンジしたら噂通りだったので広まったらしいです。

もたもたして切り替えられなかった僕は、完全に乗り遅れてしまいました。
それから同期達は、長期の休みになると北海道に出掛けて、モエちゃんの友達とかと乱交パーティーを楽しんでいました。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する