中学生の彼女に中出し



当時同級生だったM子に告白されて付き合うこととなった。
中学生らしく交換日記なんかやったり、学校で話したりと普通に付き合っていた。
3月、お互い違う高校へ行くことなり、初めて学校以外でデートをすることにした。
デートといっても勝手がわからず、M子の両親が出かけているとの事で彼女の家に行く事にした。
ジュースを飲んで、しばらく他愛のない会話をしていた。
オレ「ねぇ、高校に入ったらあまり会えなくなるね」
M子『そうかもね、きっと会えないよね』
「M子はエッチしたことある?」
『なんで~(笑)』
「いや、なんとなく ・ ・ ・」
『○○君は?』
「オレは無いよ」
『私も』
こんな会話になって、なんとなく身体を寄せてみた。
「なんかドキドキするね」
『うん』
そんなこんなでキスをしてみた。(実はファーストキス)
歯があたったけど舌を入れたりして結構まったりとした。
その場はそれだけでひとまず終了、二人でパズルをした。
「このパズルできたらエッチしよっか!」
『そうだね、出来ないと思うけどね!』
この言葉を聞いて、そのパズルを短時間で完成させた。
『すごーい!そんなにエッチがしたかったとか?』
「そんなこと無いけど、エッチパワーが少し出たかな?」
約束だと言うことで、二人でベットに潜り込んだ。
ぎこちない手つきで服をお互いに脱がせやっこした。
お互いのTシャツを脱がして、そしてM子のブラの背中のホックに指をかける。
うまく外れないが、M子の助言も手伝って無事外す事に成功。
オレの目の前に、小ぶりだけど形が良く、ピンクの乳首が上向きの胸があらわに。
M子の目の前に、オレのちょっぴり部活で鍛えた裸の上半身。
いよいよ下の服を脱がせる番。
お互い恥ずかしかったから、背中合わせで自分達で脱ぐことにした。
ちょっと後ろを見ると、肉付きの良い締ったお尻があらわに。
せーのでお互いに向き合って、あそこを確認。
『へーっ!こんなんなってんだ!こんなおっきいの入るかなぁ?』
(ちなみにオレの息子は標準サイズ)
オレのあそこは教師ビンビン物語。
M子はしばらくオレのチ○ポを触って遊んでいた。
『スゴイ硬くて、ドックンドックンしてる~!』
『皮は何処まで伸びるの~?』
「いたたたっ!子供のチ○ポに戻そうとするな!!」
負けずにM子のオッパイを触ってみた。
『なんかくすぐった~いっ!』
乳首はビンビンで指で触るとM子は少しヨガってきた。
『なんか変なかんじ~!』
「気持ちいいのかな?」
指で乳首をはじいてみた。
『もう、意地悪!』
M子のあそこを触ってみたが、足を閉じていて肝心なところは触れないし、毛でよく見えない。
「M子のあそこ、よく見せてよ」
『え~っ!?』
恥ずかしがるM子をよそに、M字開脚であそこを望んだ。
「なんか濡れて光ってる?凄くいやらしい ・ ・ ・ 」
『ハズかし~っ!』
M子のあそこはとても綺麗なピンク色だった。
Hビデオで見たように、舌で舐めてみた。
ちょっとおしっこくさかったけど、それ以上になんともいえない匂いと味がした。
「気持ちいい?」
『うん、でも恥ずかしい』
M子の息遣いが激しくなってきた。
そろそろ入れてみたくなったので、入れることに。
勿論オレはゴムなんて持ってないが、M子の上に乗っかって挿入を試みてみる。
何度も入口らしきところにチ○ポを当ててみるが、入る気さえしない。
(ここじゃないのかな?)
M子は緊張か、黙ってかたまっている。
しばらくマ○コの濡れた溝をなぞっていると、少し窪んだ所があるのに気づいて、そこをめがけて体全体で入れてみた。
『いったぁ~いっ!』
少し入ったけど、それ以上はM子が上にずれていって、さらに足に力を入れるから入らない。



「なんかもう少し見たいだけど、大丈夫?」
『わかんないっ!』
「なんか入っていくみたい!」
『いたっ!いたたっ!やめてっ!!』
そうこうしている内に根元まで全部やっと入った。
M子の中は狭くてとても窮屈に感じた。
「全部はいったよ」
『ホント?痛いから動かないでね』
M子は涙を流していた。
「大丈夫?痛い?」
『痛いけど大丈夫、やさしいね』
オレはM子の乳首を舌で転がすように舐めてみた。
『う~ん』
「気持ちいい?」
『うん』
「動いちゃダメなの?」
『動きたいならゆっくりね』
そんな会話をしながらゆっくりチ○ポを出し入れしてみた。
始めてだからか、マ○コの締りが尋常でないほどキツくて、すぐに射精感が襲ってきた。
「もうイキそう」
『痛いから早くイって』
「何処にだしたらいいかなぁ?」
『お布団汚れるからオナカにね』
そんなことを言ってる間にもう少し出ていた ・ ・ ・ 。
イッてる途中で抜いて残りをM子の腹の上に出した。何度か勢いがありすぎて顔にかかった。
『きゃっ!』
「ごめん、顔まで飛んじゃった!」
痛さから開放されたのか、急に元気になって、オレの精子をみて笑った。
『すごいね、こんなんなって出てくるんだ』
精子を拭きながら、
「痛かった?大丈夫?」
『まだ痛いけど、今度またしようね』
その日はその一回で終わった。
M子に聞いたら2、3日ほど痛くて、がに股だったらしい。

それから3回ほどエッチを重ねるうちに、だんだんM子も感じるようになってきた。
高校に入ってからもしばらく何も付けずにSEXを楽しんでいた。
M子が生理の時は口でイカせて貰い、全部飲んでもらっていた。
そしてしばらくして、お互い高校に行って好きな人が出来て自然にわかれてしまった。

今思えばオナカに出していたけどほとんど中に出していたから、よく子供ができなかったなぁと思います。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する