何年か前に蒲田のヘルスに行った時に中出ししちゃった時のこと



何年か前です。蒲田のヘルスに行った時のこと…
みょ~に怪しげな雰囲気で「ボッタかっ?!」とも思いましたがとりあえず写真で気に入った子を指名。
60分のコースだったかな?
昔だから当然指入れも禁止、ま、ゴムフェラじゃないだけいいかって思って入ったんです。
カワイイ子だったのでとにかく可愛がっちゃいました。
このときはマジでなんにも狙っていなかったんです、ホントに美味しそうでむしゃぶりついちゃっただけ。
最初はマグロだった彼女も次第にエッチな声が漏れて腰がモジモジしてきました。この時点でもまだ何を狙う訳でもなく、女の子が感じて来ちゃったことに興奮してますます攻めに気合いがが入り、それでまた女の子が…ってな具合。
これはこれで充分おもしろかったので自分がイク事も忘れてました(汗
途中でハッと時間のことを思い出しました。
(もうすぐ60分だな…)
ここから自分が行くのは無理だと諦め、いよいよ攻めで楽しみきろうと決意。
この時点で彼女を行かせたくなってしまいました。
でも指入れは禁止。
(舌だけでイカせられるかな?…)
ちょっと心配になりつつも、刺激もかねて
「リクエストは?」と聞いてみました。
すると!「お・ねがい…ゆび…いれて…」と彼女!
おお!これはチャンス!
ためらうことなく指を挿入、クリトリスを舌で転がしつつ指で内側を摩擦!!
タイマーが鳴ると同時に昇天。
ちなみにこの店、壁がちゃんと天井まであって、声とか漏れない作りなのです。
俺:「指入れちゃったよ、お店の人に怒られちゃうね?」
嬢:「大丈夫だよ、途中からイキたくなっちゃった。ゴメンね」
俺:「なにが?」
嬢:「だって、なんにもしてあげられなかった…」
俺:「あ!そっか。大丈夫、楽しかった。…おいしかった!」
自分がイクのを忘れてたのがよほど受けたのか、また来てくれと言われ、軽く承諾した。

店をあとにして、ここで初めて思い立ちました。
「彼女は店のルールを自分から破った…と言うことは…」
「…本番出来るかも…」
善は急げ、翌日早速電話で彼女の出勤を確認。
あえて予約は入れません。
ビックリさせたかったんです。
受付氏に「昨日のお客さんから指名があったよ」とか事前に知らされるのを警戒した訳です。
狙いは上がり際の60分ダブル。
安いソープなら行けちゃいますが、ここはその女の子目当て、まっしぐらです。



お客が付いてたら潔く帰る覚悟で突入!
ラッキーなことに取れました!!ラスト120分。
案の定彼女ビックリです。
恥ずかしそうにする仕草で既にこっちは興奮状態。
俺:「だってかわいいんだもん、続きがしたくなっちゃった」
嬢:「そうだね~、昨日のお返したっぷりしてあげる~」
と、かなりいいノリで彼女が攻めを開始しようとするところを無理矢理ベッドに寝かせ付け服を着せたままこっちが攻めを開始!
「ダメだよぉ~今日はお返しするの~」と言いながらも愛撫を受け入れます。
(大丈夫、そのための120分さ!)
あそこは既にヌレヌレ、昨日のマグロ時間がいらない訳ですから、彼女は既にイク体勢です。
完全に本番を決意しました。(必ず向こうから欲しいと言わせてやる~っ!)
とにかく最初の60分は投資のつもりでした。
3回は昇天したでしょうか、彼女ぐったりしつつも
「お願い、私にもさせて…」
ここを更にガマンして、
「俺なら大丈夫だよ。○○ちゃんがイクのがかわいいから今日も来たんだから…、仕事しようなんて思わないで…」(さあ!ここで彼女がどう出るか?!?!)
「違うの…舐めたいの…お願い…」
内心ガッツポーズです。
ここまで来ればもう一押し、最後の仕上げです。
フェラを始めようとする彼女の下をサッとくぐり、顔面騎上位の形にもっていき、更にクンニ!言葉責めも開始です
「丸見えだよ?」「お汁が垂れてくるよ?」「自分で腰動かしてごらん」「○○チャンエッチなんだね」
今にしてみればつたないものばかりですが、とにかく必死!(爆
今度は背中にまわり抱っこ座り。
足を拡げさせ俺はオッパイをもみながらついに、彼女に自分で指を出し入れさせるところまで持っていきました。
「自分の指でイッたらオチンチン舐めさせてあげる…」
最高潮に恥ずかしがりながらもとうとう自分の指でイッてしまった彼女、俺もいよいよガマンの限界です!!
解禁と同時に貪り合うようなシックスナイン、自分でもビックリする位固くなったところで最後の勝負!
昨日の決めゼリフ「リクエストは?」
彼女曰く「バックから来てお願い!入れて!!」
ここで「何を入れて欲しいの?」とか焦らすのは逆効果…というかもうガマンできません(爆
生ヘルスですから当然ゴムはありません(ん~、あるのかな?、でもとにかく生挿入)。
バックから正上位、座位、騎上位、正上位…このあたりで俺も限界です。
(俺は回復が遅く、1発に全てをかけるタイプです)
「イキそう…」俺は本番が目的だったので中出しは考えていませんでした。
しかし!!!!!!
「お願い!中に来て!!」
あんましビックリして一瞬しぼみかけました(爆
それくらい当時の俺には刺激が強い一言でした。
しかし、一瞬で超興奮状態に、俺ってこんなに腰使うっけ?!?!と思うほど激しいピストンのまま大量放出…
約100分の出来事でした。
残り20分二人でぐったりマッタリ…

以降、毎回生本番を楽しんだのでした。
でも、中出しは最初の一回だけ。
彼女も俺も後で冷静になって大いに反省してしまったので…
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する