実家に帰った時に従姉妹のオナニー現場を目撃したオレは・・・w



久々にやってしまいました。
PNとは裏腹に中出しの快感が忘れられなくて。。。
今度は従姉妹とやってしまいました。
夏休みになり帰省しました。
久々に友達に会い、帰路の途中に従兄妹の家に寄りました。
特に用はなかったんですが、半年近く会ってなかったのでフラリと寄ってみました。
その家には一つ上の男と同い年の女の従兄妹が居ます。
勿論今回やっちゃたのは同い年の従妹。
短大卒で地元の銀行に勤務していました160以上の長身で少しガッチリめですが、胸もFカップと申し分なし。
インターホンを鳴らし反応を待っていましたが、昼なのに誰も出てこない。
(あとで知ったんですがインターホンは壊れていたらしい)
誰も居ないのかなとドアを試しに開けたら、開いちゃいました。
誰かが鍵をかけないで寝ているのか、空き巣かと少し警戒しつつ小声で
「おじゃましま~す」と言い家に入りました。

一階には誰も居らず、荒らされてもいないので、従兄が寝てるのかと思い二階へ。
そうなっても音を立てないようにゆっくり上りました。
上がってすぐの従兄の部屋には誰も居ませんでしたが、奥の従妹の部屋から変な声?のようなものが聞こえていました。
少しドアが開いていたので覗いてみると、従妹がキャミソールにパンティーだけの姿でベットの上でオナニーをしていました。
従妹は気付いていない様子で自分で胸を揉みながら、パンティーに手を入れて弄っていました。
私はあまりの衝撃とラッキーという気持ちで覗いていました。
しかしそれだけで我慢できるはずもなく、持っていた携帯でこっそり写真や動画を撮りました。
従妹はオナニーに集中しているようで少々のシャッター音には気付かない様子。
最近ご無沙汰な私の股間はギンギンでした。
そして「この写真で脅せば一回くらいは。。。」と欲望が出始めました。
写真を確認して、「これなら」と確信して、タイミングをうかがいました。
ちょうど逝きかけた時、部屋に突入しました。
私「こんにちわ」
従妹「えっ!何、何で」とかなりの動揺しつつ、胸を隠していました。
私「K(従妹の名前)って今日休みなの」わざと別の話をする。
従妹「えっ。。。」
私「Kって休みの日はこういうことしてんだ~。激しいね。」
従妹「いつから見てたの?」やっと少し冷静になったらしく聞いてきました。
私「10,20分位前からかな。ずっと見てたよ。」
従妹「・・・」恥ずかしいのかまた黙りこんだので
私「ここに写メもあるし、どうがもあるよ」と動画を再生しました。
写りは距離があり分かりにくいですが、従妹のオナ声はばっちり録音されていました。



私「これ皆が見たらどうなるだろうね~」と脅しにはいりました。
従妹「ダメ、絶対にダメ!」と俺から携帯をうばわんと飛びついてきました。
私はそれを振り払い、
私「じゃあ俺もずっと見てて興奮してこうなっちゃってるからなんとかしてよ」と従妹の手を自分の股間を触らせました。
従妹「そんな。。。だって従兄妹同士だし、そんな」と混乱していましたが、写メをチラつかせて、
私「これがどうなってもいいの?」
従妹「それは絶対にダメ」と。

そしてやっと覚悟を決めたのか
従妹「口でいい?」と聞いてきました。
すでに最後までヤル気満々でしたが、とりあえずギンギンの股間を落ち着かせるために、フェラをさせました。
ただフェラさせても面白くないので、裸になれと命令し、ごねても再度脅して裸にしてフェラさせました。
従妹に自分でMY某をださせて、咥えさせました。
溜まっていたのと、オナニーを見ていた興奮ですぐに逝ってしまいましたが、全部飲むように命令していたのに、少しこぼしたのを見て、
私「こぼしたな。」
従妹「ごめんなさい、だってH(私の名前)の量が多くて」
私「悪い子には罰だ」と、ベットの上で跪いていた従妹を押し倒して、足を押さえ込みました。
従妹「いやー、それだけはやめて、何でもするから」と激しく抵抗してきましたが、興奮で暴走している私を止められるはずもなく、私はMY某を従妹のマンコに挿入。
オナニーをしていただけあって、前戯なしであっさり挿入性交。
私「どうだK、俺のおち○ちんは?」
従妹「あ~っ、いや、やめて」と抵抗しつつも先程オナニーが不発に終わって、感じている様子。
私「なんだしっかり感じてんじゃないか、淫乱だな。今度おまえを逝かせてやるよ」と激しく突きまくっているうちに、抵抗もなくなり結局従妹は逝きました。
その少し後くらいに私も従妹の中で果てました。
従妹は気付いていない様子でしたが、2発目ながら案外の量を出した気がします。

少しして従妹が我にかえったので、
私「今度は俺がお前のマンコで逝く番だからな」と2回戦目に突入しました。
従妹「お願いだから、中だけには出さないでね。他は何してもいいから」と涙を浮かべて訴えてきましたが、
私「やだ!」の一言で従妹の抵抗を無視して激しく突いて、3度目の射精を中でしました。
従妹「いや、だめ、あつい」声にならない声で泣いていました。

そのまま体位を変えることなく、あと3回中出しして、もうすぐ叔母さんが帰ってくるからと従妹が泣いて訴えるので、やめました。
従妹の前で1枚残して写メも動画も全て消して、1枚は今後誰かに喋ったら全国公開する為に残して、もし訴えたりしても俺は5年以内に出所できるが、お前は一生『汚れ物』扱いされるし、1回きりだから黙っとけよと脅しました。
その後従兄妹の家族とご飯を食べて何食わぬ顔で帰宅しました。
まだ1枚あるし、夏は長いから1回では我慢できそうもありません。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する