デリヘル嬢素人だったので、しれーっと生ハメ中出ししてみたww



仕事で大阪に出張に行き、友人と飲みに行くのがキャンセルになって暇になったのでデリヘルを呼んでみました。
大阪の情報をインターネットで確認しながら、良さそうな店を選んで電話してみました。
そうしたら、写真が出ている子が全て休みか時間が掛かると言うことですぐ来れる子をリクエストしました。
「年齢は19歳、スリムで絶対に気に入っていただけると思います。入りたての子だから、絶対にお勧めで大丈夫です。」
と言われたので、その子にしました。
予定した時間より少し遅れて登場しましたが、電話で言うとおりのスリムで若い子が来ました。
顔もよし、スタイルもよし(ただ、胸が小さいのが服の上からでも分かる貧乳です)

部屋に入ってもらうと入り口でボーッと立っています。
奥に入ろうとしないし、ベットに座る気配もありません。

私「座りなよ」
嬢「あ、はい、分かりました。・・・・・」
私「どうぞ、ここでいいよ」
嬢「あ、はい、分かりました。・・・・・」
何かおかしいです。もしかして本当に素人?
私「店の人から新人さんと聞いたけど本当なの?」
嬢「うっ、はい、いや、・・・・そうなんです。きのう入ったんですが、お客さんが初めてののお客さんです。」
 「どうしていいかもあまり聞いていないので、どうしますか?」
 「あっ、そう、時間はどうしますか?お店に電話しなきゃ!」
私「何分からあるの(本当は知っていましたが)?」
嬢「60分からです。」
私「じゃあ、60分にしましょう」

お店に電話・・・・・

嬢「お店から前金でお金をもらうように話があったのでお金をください。」
私「はい、○○円ね!ありがとう!うれしい!!」

本当に何も分かっていないようなので、すごく心配になってしまいまた。

時間もあまり無いので、早速プレイ開始です。
このままでは服も脱がないので、私のほうから
私「じゃ、お願いしようか?」
嬢「はい、どうすればいいですか?」
私「お風呂入ろっか?」
嬢「えっ、一緒にですか?」
私「当たり前ジャン!きれいに洗ってほしいな」
嬢「は、はい、分かりました。」
私「じゃ、脱がしてあげるよ!はずかしい?」
嬢「はい、相当!!」
私「それじゃ、後向いているから、早く脱いで、先に行ってて」

ようやく脱ぎ始めました。
本当に何も知らないようです。
後をむいているとは言ったものの、どうしても、見たくなりじーっと見てしまいました。
ブラジャーをとった瞬間に思わず目が点になってしまいました。
本当に貧乳だったのです。
洗濯板に干しぶどうを2個つけただけの超がつくほどの貧乳です。
でも、スタイルは最高ですね。
背は160cmぐらいあるし、スリムで私のタイプです。

シャワールームでもほとんど私が洗ってあげました。
さすがにあそこだけは洗わせてくれませんでしたが・・・・

シャワー後プレイ開始ですが、ここからも私が主導権を持ってのプレイでした。
私は受身好きですが、今日だけはどうしようもないと覚悟をしたので、積極的に攻めることにしました。
バスタオルをめくると恥ずかしそうに手で目を覆っています。
本当は胸か下を隠したほうがいいんじゃないかと思いましたが、お構いなしにまずはキスから始めました。
最初のうちは口を開きませんでしたが、徐々に口を開いて、下を絡めてきます。
次に胸を揉みましたが、自分の胸より肉が無くて本当に可愛そうになってしまいました。
それでも、感じているようで、体をもじもじさせて少し声を出しています。
わき腹から腰の辺りを愛撫していると声が少し大きくなってきました。



あそこの毛はきれいに手入れされているようで、ツーッと割れ目沿いになぞるとピクッと反応しています。
周りから徐々にクンニしていくと更に感じてきたようで、私の頭を手で押さえてきました。
うっすら濡れていたのがトロトロと愛液が湧き出てきています。
指を入れてみると結構きつくて1本しか入らないようでした。
手マンを続けていると・・・・・
「あーーーーーーーっ、あ~~~~っ」
と言って逝ってしまったようです。
体も硬直しています。
1、2分そのまま待っているとようやく正気に戻ったようで、
私「今度は○○チャンが責める番だよ、フェラチオしてくれる?」
嬢「えっ、あまりしたこと無いけど、わっ、分かりました。」
私「じゃ、お願いします」

ちろ、ちろ、ぺろぺろ

全然へたくそです。
勃起することはしましたが、射精感以前の話です。
時計を見ると、時間も迫ってきていたので、私も出したくなりどうやってフィニッシュするかを迷いましたが、フェラでは逝けそうに無いので、素またで出すことにしました。
(本当はこの感じだったら生本番、中だしが出来る事を期待していました)
嬢が持ってきたローションを自分でちんぽに塗りつけ、嬢のあそこ付近にも入念に塗り正常位素またの開始です。
嬢にはテクニックが無いと思っていたので、最初から足を閉じさせまたの間のクリ付近にちんぽを挟み込みました。
ローションのおかげでニュルニュルとちんぽが滑ってクリの先に当たっているようです。
最初は入らないように縦の動きだけにしていましたが、少しづつ入るように横の動きをつけていきました。
先っちょが少しだけ入ったときでした。

嬢「あっ、いや、えっ、少し入っていませんか?」
私「あれっ、そうかな?わかんないよ!入っていないと思うけど」

少しだけ、抜くことにして、動きを縦に戻しました。
また、動いているうちに今度は半分くらい入ってしまいました。
今度は完全に分かります。

嬢「いや~ん、駄目です~!」
私「でも、気持ちいいよ!このままじゃ駄目かな?絶対に中には出さないから」
嬢「う~~ん、絶対だよ!!」

生入れ交渉成立です。
すると閉じていた足を大きく広げてくれました。
ちんぽを全部入れるとな全体がきつく締まります。
嬢も私の背中に手を廻して本気で感じてくれているようです。
2、3分で射精感が襲ってきたのですが、あまりにも気持ちいいのでそのまま動いていました。
射精第一波はそのまま、中に出してしまいました。
第二派はちんぽを抜いて嬢のおなかの上に出しました。
すると、急に抜かれたのにびっくりして

嬢「えっ、出しちゃったの?大丈夫ですか?」
私「うん、大丈夫、全部おなかの上に出したから、安心して」

嬢の股間を見るとローションににまぎれて、分身がクリ辺りに付いていました。
ばれるとまずいので下に引いていたバスタオルでやさしく拭いてあげるふりをして、分身をふき取ってしまいました。
シャワーも一緒に浴びてやさしく股間を洗ってあげました。

半分だけ、中だし成功!
やっぱり、嬢は気づいていないのでしょうか?
新人だから疑わなかったのかな?
ちょっと得した気分でした。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する