5万でセックスしちゃうとか軽いOLちゃんw結果・・・



都内で医薬品関係の仕事をしています。20代後半のOLです。
独身です。渋谷には偶に出かけます。ティッシュ配りの方から
テレクラのティシュをもらいました。兼ねてより興味があり
その日は何故かHな気分でした。ドキドキしながらテレクラへ
初めて電話。お店の方が30代の男性に取り次ぎました。
軽く世間話をして近くのファーストフード店で待ち合わせ。
来たのは50歳近い巨漢の男性で(かなりメタボ)ゆうに100キロくらいは
ありそうな方でした。悶々としていた私は誘われるまま近くのラブホテル
へ。タバコ臭い口臭。きつい体臭。妊婦さんのようなお腹の出り・・・・。
かなり引きましたが、5万円も頂けると言うことでしたので我慢しました。
部屋でお金を渡されて一緒にシャワーを浴び、すぐにベットで性行為を受け
ました。男性は会話もなくひたすら性行為・・・。ゴム使用の約束でしたが
。タバコ味のキスやごつごつした手で乳房を弄ばれ、口や舌で気持ち悪い
愛撫を受けた後、約束を破られ一気に勃起した物がアソコへ侵入してきまし
た。 やめて、付けてください!と怒ってもニヤニヤされて頬を強く叩かれ
ました。口の中を切ってしまい血の味が充満しました。巨漢の男性に
覆い被された圧迫感と叩かれた痛みと怖さで私は無抵抗に男性の行為に
従うしかありませんでした。名前?裕子だっけ?気持ちいいだろ?裕子!!
彼は正常位で勃起したアレを膣壁を擦りながらピストン。ニヤニヤ私を見下
ろしながら征服感を満喫していました。50歳男性のきつい加齢臭とタバコ臭
い口臭のキス。よだれを舌と一緒に流し込まれて吐きそうになりました。
仰向けで犯されているのでゴクンと飲み込んでしまい・・・・。
男は執拗にキスを貪り、私の乳房を乱暴に弄び、乳首に吸い付いてきまし
た。ですが気持ち悪い男に犯されていても女の体は疼いてしまい・・。
あん。はぁ。あぁあああ。いやっ。ううんんん。あっあっ・・。
巨漢でメタボな男に膣壁や唇、乳房を弄ばれながらもドンドン快感に
襲われていきました。おぉおおお。この好き物女め。オマンコ気持ちいい
うぅうううう。そろそろ出すぞ!!
お願いです!!外に!外に!・・・・。
訴えながらも勃起に膣内を擦られ、子宮口に勃起の先が当たるほど深く激し
く突かれて・・・・。屈辱でしたが男に逝かされてしまいました。
体中がジュンとなって痺れ、全身が震えました。
男の勃起は私の膣内でさらに硬く、逞しくなり・・・・。
ものすごく膨れ上がった直後、無情にも私の膣奥に生暖かい精液が
数回、勢いよく当たってきて膣内がじんわりと男の迸り液で充満され
る感触を覚えました。勃起が膣内で何度も何度もビクッビクッと
震えて男は溜まっている精液を全て出し尽くそうとしているかの様でした。



私の両肩をきつく抱きしめながら男は最後の1滴までも出し尽くそうとして
腰全体でピストンしていました。はぁはぁ。と荒くて臭い息を吐きながら。
勃起したものが膣奥にあたり、私も不覚にも感じていました。
男は繋がったまま私の上に被さり余韻に浸っていました。でかいお腹に圧迫
され苦しさを訴えましたが。聞いてもらえず・・・・・・。
荒い息と大粒の汗が私の体中に垂れてきて、耳元や頬、唇や乳首などを
なめられていました。気持ち悪かったけど体は敏感に反応していました。
ねえちゃん。いい匂いするね。ブランド服着てたし。医者?看護士?
薬剤師?   私は黙ってラブホテルの天井を見上げて男と視線を
合わせないようにしていました。
まぁいいか。よしっ。2回戦だ!!男は精液を放った私の膣内に勃起を
収めたまま再びピストンしてきました。私の愛液と男の精液で膣内は
濡れて潤っていたのでピチャピチャッと厭らしい卑猥な音が。
男の勃起が膣壁を勢いよく擦る度に・・・・。
男のタバコ味のキスや唾液、に陵辱されながら私は2度目の絶頂へ。
2度目の快感と屈辱を味わいました。
男は逞しく硬い勃起を強く早く膣壁に擦りつけながら細身の私の体を
堪能しているようでした。うぅうううう。いくぞ。出る。うっ。
2度目の精液も勢いよく子宮口や膣内に当たってきました。暖かな感触。
ジュンッとくる快感。私はおかしくなってしまいました。
男は荒い息を吐きながら、私の膣内から半勃起状態のアレを引き抜きました
。かなりの量の精液が私のお尻を伝って溢れ出ていました。
きつい体臭と精液のツンとくる匂い・・・・。
私が開いていた両足を閉じグタッとなって息を整えていると、男は
半勃起状態の赤黒いアレを私の口の中へ捻じ込んできました。
精液と愛液が混じったツンとくる匂いと苦い味が口中に充満してました。
掃除してくれ!!裕子!!喉の奥まで入れられて噎せ返り。
男は私の頭を両手で掴み。強引にフェラさせられました。
長い時間だったような気がします。男は満足するとシャワーを浴びに。
私は少し涙を滲ませながらタオルでヒリヒリしているアソコを丹念に
拭き、男が出てきてからシャワーで膣奥まで洗い流しました。
男は着替え終わっていて、俺、先に出るからな!と言捨てて帰っていきまし
た。私は体を拭いて髪をとかし、ベットの汚れている精液のシミを隠す様に
フトンを被せて身支度を整えました。ロビーから電話があり、連れの方が
先に帰られますけれど。私は、ハイ。とだけ答えて電話を切りました。
それから軽くメイクを施してホテルを出ました。
翌日、産婦人科で処置してもらいました。 男性不振が暫く続きそうです。
もう絶対にテレクラには電話しません。絶対に・・・・。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する