なんだか大惨事に発展しちゃった事件の真相ww



初めまして。私は某地方に住む夫(38)麻奈(16)憲哉(13)に囲まれて暮らす何処にでもある家庭の主婦(36)です。2ヶ月前にあんな事件が起きるまでは…。

その日はいつもの様にパートを終え、17時におうちに着きました。

鍵をあけておうちに入ると玄関には娘の友達の美咲ちゃんの靴と見慣れない運動靴が4足あり、その時は『息子のお友達の靴かな?』と思うぐらいでした。
一応息子のお友達に挨拶しておこうと思い、子供達の部屋のある2階への階段を上ると男性の独特のあの液のニオイと女性がセックスで出す声が聞こえて来ました。『また憲哉ったらお父さんのエッチなビデオこっそり見てるんだわ』と思い、『こら~。憲哉にはまだ早いでしょ』と良いながらドアを開けると息子は居ませんでした。

まさかと思い、娘の麻奈の部屋を開けると壮絶な場面が飛び込んできました。

娘の麻奈は全裸で一人の少年の膝上に乗せられもう一人が乳首を吸い娘は顔を真っ赤にして口から吐息が漏れてます。娘の友達の美咲ちゃんはバックスタイルで後ろから少年に突かれぐったりした息子の固くなったおちんちんを舐めています。母親の私からしたら地獄の光景です。

『あなた達、娘達に何してるのよ。早く離れ…』と怒鳴ろうとした瞬間、左肩を掴まれ振り向かされたと同時にお腹に衝撃が走り踞ってしまいました。踞りながらも私を叩いた少年を見ると少年のおちんちんはギンギンに膨らみ天を仰いでいました。

『麻奈や美咲ちゃんを守らなきゃ』と思い、なんとか床を這いずりながら少年達をはね除け私の後ろに二人を回して身体で覆いました。美咲ちゃんはまだ性交未経験だったみたいでアソコから血が垂れています。

泣く美咲ちゃんをなだめながら『なんでこんなことするの?』と聞くと少年達は私の前に集まり先ほど私を殴った少年が話を始めました。

その少年がいうには、少年達はこの辺りで悪いことをする不良でゲームセンターで見かけた息子に仲間に入りように言ったけど断られたので仕返ししようと思い、あとをつけたら美人の女子高生2人とおうちに入るのを見て女子高生達に代償を払わせようと思い、押し入ったとの事。

『事情はわかったわ。でも、仲間になるかならないか決めるのは息子の自由でしょ?早く帰らないと警察呼ぶわよ』と言った瞬間、私を殴った少年がいきなりキスをして私の口の中に何かを流し込み思わず私はゴクリと飲み込んでしまいました。『何すんのよ。何飲ませたの?』と少年に聞くと『別に』と言って笑っていました。

娘や美咲ちゃんに触ろうとする少年達をなんとか振り払っていると私の身体に変化が生じてきました。自分自身で乳首が固くなってると感じるぐらい乳首が勃起し、下もクリトリスが大きく膨らみ割れ目からは蜜が溢れ出てきて身体が熱いんです。娘や美咲ちゃんを守るために身体を動かす度に乳首やクリトリスが下着に擦れて身体の中を電流が走り、吐息が漏れそうになります。

なんとか今の身体の状況を悟られないように平静を装いながら、『どうすれば帰ってくれるの?』と聞くと、『そこにいる裸の女子高生達のせいでおちんちんの中に精液が溜まって勃起が治まらないからどうにかしてくれ。勃起が治まったら』と私を殴った少年が答えました。すると他の少年達も意義無しと言いました。どうやら私を殴った少年がリーダーみたいです。

結婚してセックスして子供を産み育てた経験上男性は射精しないと勃起が治まらない事は知っています。覚悟を決め、『わかったわ。私が相手してあげる。その代わり娘や美咲ちゃんには手を出さないで。約束してもらえる?』と聞くと、『どんな身体の女かも解らない奴にそんな事言われても約束出来ないな。その約束守って欲しかったら全裸になって机の上に座って足開いておまんこを指で開いて「私だけにみなさんのおちんちん下さい」とお願いしろ』とリーダーの少年が言ってきました。

今裸になって足なんか開いたら乳首とクリトリスが勃起してアソコが濡れているのが解ると思いながらも娘や美咲ちゃんを守るためには仕方無いと覚悟をして服を脱ぎブラジャーを外し、ショーツを脱ぎました。案の定、乳首がピンと固くなりクリトリスも皮から肉芽が飛び出し外気に晒され割れ目からは蜜が溢れ出し太ももを伝うのが解ります。机の上に座り足を開けて指でアソコを開いて『みなさんのおちんちんを私に下さい』と言うと、リーダーの少年が『さっきの媚薬が効いておばさんおちんちん受け入れる体制万全だね。』と良いながらおもむろに何かの液を私のクリトリスにポトリと垂らしました。『え?』と思った瞬間、身体に大電流が走り乳首とクリトリスが飛んでしまいそうなぐらい膨らみました。もう私は声が出ませんでした。少年が何か条件を言ってますがもう頷くしか出来ません。

すると少年が『まず1人選べ』と言われ少年達を見回すと半勃起状態まで落ち着きかけていた少年達のおちんちんが全て固くなり天を仰いでいました。『息子ぐらいの年齢の男の子が私の身体で興奮してくれてる』と思うとまた乳首とクリトリスに電流が走って吐息を漏らしてしまいました。

私はある作戦からリーダーの少年を1人目に選びました。その作戦というのも、リーダーの少年を簡単に短時間で射精に導けば他の少年は恐れを成しておちんちんが萎むと思ったんです。

私達はいつも夫と営む寝室に移動しました。もちろん他の少年達も娘と美咲ちゃんと息子も一緒です。

『憲哉、麻奈、美咲ちゃん、大丈夫よ。すぐに済むから待ってて。あなたたちには絶対に手を出させないから』といい、私はリーダーの少年と営みを始めました。

リーダーの少年のおちんちんはもうビンビンに勃起し、先っぽからは我慢汁が溢れて来ています。『これだけ我慢汁が出てるなら射精マジかね。膣に挿入しなくても射精するかも』と思ってフェラをしようとするとシックスナイン体制になるように要求されました。



私は少年の言うとおりシックスナインの状態になりました。すると、少年は私の皮から露出した肉芽に吸い付きました。その瞬間、私の身体の芯に強烈な電流走り、オーガズムを感じてしまいました。『このまま続けられたらこの少年に堕ちてしまう』と思い、肉芽から伝わる電流に耐えながら目の前にある少年のおちんちんをフェラをして射精させようと必死でした。すると、驚いた事に限界まで膨らんでいると思っていた少年のおちんちんがもう1段階膨らみ大きくなったんです。

『若さって凄い。こんなおちんちんに突かれたらどうなるのかしら』と想像した瞬間、また身体の芯に電流が走りアソコから蜜が溢れのがわかりました。『あっ、駄目。今、垂らしたらアソコ舐めてるこの子にバレちゃう』と思った瞬間、少年に『おばさんのここヒクヒクしてるよ。可哀想だからそろそろ入れてあげるよ』と言われ私は承諾しました。

『赤ちゃん出来たら夫にあなた達とセックスした事がバレるわ。私はそれはマズイの。だから、避妊具着けさせて貰うわよ。』と言い、ベットの引き出しから避妊具を取り出し少年のおちんちんに着けました。夫のより正直大きい少年に夫とのセックスで使うサイズの避妊具が使えるか心配でしたがなんとか装着出来ました。いつもセックスの時は私が夫に避妊具を着けてあげているので着けるのは慣れています。

私は避妊具を着け終わるとベットに仰向けに寝て膝を立て足を大きく開き、少年を迎え入れる体制を取りました。チラッとベットの横に目をやると娘と美咲ちゃんは目をトロンとして私を見つめ、憲哉はぐったりしながらもおちんちんはピンと天を仰いでます。『まさか子供達にセックス見せることになるなんて。でも、子供達を守るためよ』と自分に言い訳をしていました。本当はこの少年のおちんちんをアソコで味わってみたいという好奇心が強かったんです。

そうこう考えているとリーダーの少年が『おばさん入れるよ』と言いながらギンギンに膨らんだおちんちんを私のアソコに挿入してきました。少年のおちんちんが私の割れ目を開き亀頭が割れ目に埋没した瞬間、『うぅっ…イィ…。』と言いながら私は軽くイッてしまいました。

その後も少年は私のアソコの中をおちんちんで楽しむかのようにゆっくりと時間をかけて挿入されようやく根本までくわえ込む形になりました。

『やっぱり大きさは今までセックスした誰よりも大きいわ。でも、所詮は少年。たぶん3回ピストンしたら射精しちゃうわね』と私は心の中で思ってました。何故なら今までセックスした全員が初めて交わった時、3回ピストンするまでに射精していたからです。夫さえもそうでした。

そうこう考えていたのですが何故か少年は私のアソコに奥までおちんちんを挿入したままピストン運動をしようとしないんです。すると、耐えれなくなってきたのは私のアソコの方でした。今までおちんちんを奥まで挿入され何分もピストン運動されなかった事は無かったので膣が耐えれないみたいで小刻みに痙攣しだし外敵であるおちんちんを追い出そうとしてきました。このままではイカされると思い、『お願い。動いて。おちんちんで突いて』と少年に優しく言ったのですが、『駄目。』と少年に拒否されてしまいました。徐々に押し寄せてくる膣からの快楽の波を必死に堪えながら何度もお願いをし続けたのですが尽く拒否され、耐えれなくなった私は『駄目…駄目…イクッ』と言いながら身体を痙攣させ少年にイカされてしまいました。私は一度、オーガズムを感じてしまうと数十分ぐらい頭がボーッして身体に力が入らなくなるんです。ぐったりしている私を見たリーダーの少年はピストン運動を始め、いろいろな体位をさせられながら私の身体を楽しんでるみたいでした。

『そろそろかな』と言うとリーダーの少年は私を仰向けにさせて激しく突いて来ました。私はリーダーの少年に突かれる度にイキまくってしまいました。『ヤバい…おばさんイクよ』という声が聞こえ、『やっとこの子から解放される』と思った瞬間、少年はおちんちんを私のアソコから抜きました。『やっと終わった』と思ったのですが、リーダーの少年は悪魔のような事をしたんです。少年は私のアソコからおちんちんを抜いたあと避妊具をバチンと勢いよく外し、再度私のアソコに挿入して来たんです。『えっ?何すんの。生駄目よ。中に出ちゃうでしょ。駄目、駄目。』と言った瞬間、私は無意識にアソコに力を入れてしまいおちんちんをギュッ締めてしまいました。『うぅっ…。』という少年の喘ぎ声と同時におちんちんがアソコの中で膨張し、私の膣の奥目掛けて勢い良く熱い精液を放出しました。私の膣の奥に精液が当たった瞬間、私は今日最大のオーガズムを感じ、『ギャー』という声をあげて気絶してしまいました。

何分ぐらい気絶していたのでしょうか、『アン…アン…止めて…』という声が聞こえ、気がつくと何人目かわかりませんが私の上に少年が乗って腰を振っています。さすがにリーダーの少年とのセックスが気持ち良すぎたのもあり全く気持ちよくはありませんでした。

ふと、ベットの横に目をやると美咲ちゃんが乳首とクリトリスを触りながらオナニーをしています。『さっき聞こえた喘ぎ声は美咲ちゃんの?』と思いながら、娘と憲哉の姿を探しました。すると、さっきまでこの場に居なかった夫の姿があるんです。

『あなた、いつ帰ってきたの?』と叫んだのですがぐったりして返事がありません。どうやら少年達から殴られ気を失ってるみたいです。

すると、また『アン…アン…アン…』という声が聞こえてきました。美咲ちゃんの方を見ましたが美咲ちゃんは吐息を漏らす程度で喘ぎ声はあげていません。まさか、と思いながら、夫を見ると夫は全裸で少年の一人に押さえつけれてるいました。夫の股間に目を移すと夫のおちんちんの上に娘が居て少年の二人が娘の身体を上下に動かしてました。

『あなた起きて。あなた』と大声で叫ぶと夫は目を醒ましましたが少年の一人に押さえつけれてる為身動きが取れないみたいで『ヤバい…ヤバい…』と言いながら射精しそうな快感に耐えてるみたいでした。

『あなた絶対に娘の中に出さないで』と夫に叫ぶと、『母さん、俺もヤバい。イキそう』という声が聞こえてきました。『え?』と思いながら、私の上に乗ってる少年を見るとそこには息子の憲哉が居ました。その後ろでリーダーの少年が憲哉の腰を動かしています。『止めて、憲哉。駄目。おちんちん抜きなさい。』と言ってもリーダーの少年が憲哉の腰を動かしてるので身動きが取れないみたいです。私の方からおちんちんを抜こうとしても頭のすぐ上に壁があって抜けません。

なんとか息子のおちんちんを抜こうと動いていると『ヤバい、ごめん。出ちゃいそう』と夫が言いました。『あなた駄目よ。我慢して』と言うと息子も『出る…出ちゃう』と言い出しました。『イヤ…パパ出さないで』という娘の声が聞こえたのと同時に夫と息子が『イク…。』という声が聞こ、夫の身体は小刻みに痙攣し、息子も私の膣の奥に向け射精してしまいました。

私達家族に近親相姦までさせて満足した少年達は『今日は楽しかったよ』と言い帰っていきました。

その後、私達は産婦人科に行きピルを処方して貰いました。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する