mixiで知り合った男にアナルファック3Pで犯されるwww



先日mixiで知り合い仲良くなった人と初めて会いました。
メールでやり取りや電話しているいちに私は彼に惹かれて行っていました。
初めて会った日はデートしようと誘われ当日はドキドキと嬉しさで私は少し浮かれていました。
デートの日は彼の車でドライブやご飯を食べに行き楽しい時間を過ごしました。
車を運転する彼が格好良くてつい見とれていると彼が『今日何時ごろまでなら大丈夫?』
と聞いてきました。私は彼と少しでも長く居たくて翌日休みだった事もあり○○君に合わせるよ!と答えてしまいました。
彼は『そっか』と笑顔で答えて『じゃあ家で映画でも見ない?』と言いました。
私は家に行くって事は…と考えましたが彼の事が好きだったので『うん』と答えました。

彼は1人暮らしでした。部屋に通されてソファーに座って映画を見ていると彼が近すぎてドキドキします。

『どしたの?』と顔を見てそのままキスをされました。舌を絡められそのまま押し倒され手は胸…足…太ももへ伸びてそして着ていたワンピースを脱がされ一気に裸にされました。

『ここ寒いからベッドいこ?』と中断され抱っこされベッドに連れていかれました。
彼も下着姿になり私におおいかぶさります。ブラを外され胸があらわになると『着痩せするんだね。大きい…』と揉まれ吸い付くように舐められたら、いやらしい声が自然に出てしまいました。そして彼と結ばれ普通にHをしました。

終わった後、私は息がハァハァと荒くグッタリしていたので彼が『飲み物持ってくるね』と言ってくれて優しさに嬉しくなりました。

彼が飲み物を持ってきてくれて飲みながら話をしていると彼の手は胸をまた触りだしました。
『またしたくなるな…』彼はそう言い再び胸を激しく揉み初めました。
私は『また?』と思いましたが受け入れてしまいました。そして、しばらく愛撫されているとドアが開く音がしました。

『え?誰か来たよ?ちょっと…!』私は辞めようとしましたが彼は止まりません。その内に足音が寝室まで来てドアが開きました。

『よお。』彼が普通に男に話かけます。
『これからかよ?』
『いや、もう一発してるぜ』
二人が会話します。
『え?何?誰なの?』私はパニックでとりあえずベッドから出ようとしました。
『俺にあわせるんでしょ?まだ帰らないでよ。これ友達で一緒にHしようと思って。』
友達という男は私の体を見て『スタイルいいね。楽しも♪』と笑いました。
『帰る!!』と私は部屋を出ようとしましたが彼に捕まり、友達の男に目隠しをされました。



『いいじゃん。俺の事好きだったでしょ?気持ちよくしてあげるから』彼が耳元で囁き、またHを再開しました。
『やだ!やめてよ!三人なんて嫌だよ!』私は暴れましたが彼ともう1人に羽交い締めにされました。そして挿入されました。
『すぐ入るじゃん。濡れ方すごい!』
『今、どっちが入ってるでしょう?』
二人で私の体を攻めます。私は快感に溺れ、嫌なのに喘ぎ声をあげてしまいます。
『おっぱいさらに大きく見えるようにしたげる』友達の男が私の乳房を縛りあげました。
『おっぱい痛いよぉ……』そう抵抗しましたが、二人に交互に挿入され口や胸、お尻に出され私は精液で汚れていきました。

『すっげー出たな。そろそろ洗うか?』

『だな。あれもしたいしな。』

グッタリ動けない私は風呂場まで連れていかれ体を洗われました。『やっと帰れる…』安堵したのも束の間でお風呂でまた目隠しをされて掴まれ体を固定されました。
するとお尻の穴に冷たい物を流し込まれました。
『何?やだ!もう嫌だよ?』
嫌がる私にどんどん冷たい物が入れられていきます。
『やだ!お腹痛い!!』

彼らが無言で入れていくうちに私のお腹が限界になり、私はその場で漏らしてしまいました。

それを繰り返すうちに私は意識がもうろうとしてきて抵抗も出来なくなってきました。そしてお尻の穴に激痛が走りました。
『痛いー!痛い痛い痛い!』泣き叫ぶ私に容赦なくペニスを挿入されました。
『中だしはこっちでしてあげる…』
二人は1人が体を固定し1人がお尻に挿入して突きました。私は痛くて気を失ったのだと思います。そこから記憶がありません。

気が付いたらベッドに裸で寝ていました。一瞬夢かと思いましたが胸に付いた縄の跡で現実とわかりました。
『目覚めた?家まで送るね。』
優しい彼に戻っていましたが私は怖くなり1人で帰ろうとしました。

しかし、また彼に押し倒されHされてしまいました。
結局、彼の家に泊まってしまい朝までいましたが好きという気持ちは無くなり、自分がした浮き足立った行動を反省しました。

彼は付き合いたいと言いましたが断り連絡を取れないように自分からしました。
友達の男からも謝罪がありましたが無視しました。

初めて3Pをされアナルをされたのは怖かったはずなのにたまに思い出し、手が自分を慰めるのはまたされたいという願望があるからなのでしょうか…
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する