中出しで 虫と病気を 移された



はじめまして、皆さんのを読ませて頂き自分も書いて見ようかなて事で書いて見ました。
皆さんみたいに楽しく無いかも知れませんがお付き合いください。

この話しは昨年の夏の終わりの話です。
自分が夕方気分転換にテレクラに電話を掛けて女の子と楽しくお話できればなと思い掛けていましたら、20歳の女の子に繋がり割り切りで会いたいとの事。
自分はその日は仕事が深夜残業になるし手持ちも無いから駄目だよと言いましたら、深夜0時でも構わないしその手持ちで言いとの事。
余程困っていたんでしょうね、可愛そうになりそこまで言うならOKを出して深夜会うことにしました。(後で自分が悲しい目に会うとも知らずに)


そして約束の場所に約束の時間に車で迎えに行きました。
やはりいません(結構多いんですよねスッポカシが)
それでもと思い30分待つことにしましたが、何分仕事の疲れからかうたた寝をして気が付けば1時間もたっていたんですよね。
でも人影が見えない為帰ろうとしたときエンジンがかからない、車のバッテリーが上がっていたんですね。
困り果てこんな深夜に連れを呼び出す事も出来ないためJAFへ電話し救援を求め終わると、待ち合わせの場所より少し離れた所にゴミの様に見える人影が。
恐る恐る歩いて(車故障の為)近ずくと、本人でした。
帽子深めにかぶりワンピース姿でそんなに容姿的に悪くなくラッキーて思い、故障の車に連れこみ、まずはご挨拶をしてJAFが来るのを待ちました。
その間にその女の子の下着を全て取ってしまい、ワンピースの下は裸の状態にしてしまいました。
そんな事してるうちにJAFも来て車も直り予定より2時間遅れで出発です。

深夜て言う事もあり運転中に胸をさらけ出し上半身裸の状態で車で連れまわし、最後には助手席に裸の女の子て格好になりました。
当然運転中に乳首オッパイ触り放題オマンコ触り放題て感じですね。
そしてひとけの無い所に車を止め帽子を取りましたら、物凄く短髪の髪の毛(この時に気が付けばよかったんですよね)
まずはキスから始まり胸を吸い転がし、女のこも息ずかいが荒くなった所で椅子を倒し指をクリにあてがい、オマンコ回りを触るとすでにグッショリと濡れ何時でもOKの状態。
でもそこは何時も自分がするように指でクリを振動させ、オマンコの奥深く挿入し激しく擦りあげるともれそうの連呼。
漏らしてご覧と促すと、それは絶対嫌と拒否され、でもやめずにさらにこすりあげ堪忍の連呼に変わり、様子がおかしくなったので一呼吸おく事にし、顔の上にまたがるように指示、クンニングをはじめました。
すると自ら腰を振り舐めやすい様にと押しつけては放し(息が出来ない)の繰り返し、この時異様にぬめりと臭いが(いつもと違う気持悪いぬめり)。
でも男の性ですね、一杯舐めてクリを含み逝ってもらいました。



その後は自分のチンコを舐めて貰い尺八をしてもらい、固くなった所で正常位で挿入(常はスキンを被せますが今回無し)
生で入れて欲しいとのことで生で入れました。
やはり若い体は閉まりも良いですね。
思わず阻喪しそうになりバックに体位変換。
いくつかの体位を狭い車のなでこなし、最後に正常位似てフィニシュを迎え様とした時、中に出して言いかと問うと少し考え私子供が出来難い体質みたいだから中に出してと言う意外な言葉。
その言葉を聞きオマンコの中に自分のザーメンを一杯放出し、チンコを抜きティシュで拭き見ると血が混じっていて、生理になったみたいとのこと。
相手のオマンコを見ると濃い精液が垂れてきます。
それをふき取ってあげカタズケ。
ノーブラノーパンでコンビニに買い物をしに行き、その時又オマンコからザーメンが太股をつたい垂れてきまして、慌てて彼女自身がそれとなく擦り取りました。

そして彼女とはそれで別れ又連絡を頂戴と言いましたが(電話番号も確認しメモもしました)、その後が無ければ会うつもりでしたが。その行為をして一週間を過ぎた頃からチンコの先から尿道にかけてしみる様に痛く、常にチンコの先から出ているような感触。
それとやけに股間が痒い。
先のはこんな遊びしてるから病気貰ったかなと思い、痒いのは解せない。
そこでよーく見ると何と毛虱が一杯要るではありませんか。
ショックでしたね。
考えてみればなんで頭の毛がいように短かったのか。おおよそ見当がつきました。
暫くは蝨潰しでしたが、キリが無いので全て剃ってしまいました。
それから泌尿課に行き検査。
やはり移されていました。クラジミアですね。
おかげで完治するまでに一月以上かかりましたよ。
子供が出来難い体質ではなく、病気で出来にくいだけでしたんだよね。
その子に言ってあげようかと思いましたが、いささか腹が立ったのでそのままにしてあります。
きっと今も誰かに病気と蝨を移しているんだろうね。
とんだ中出しでした。
でも此れに懲りず遊んでいますよ。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する