中学生の塾講師をしていたらやたら発育の良い女子生徒に迫られてつい・・・①



はじめまして。はじめて投稿させていただきます。
私は塾の講師をしており、小学生から中学生までを教えています。
別にロリというわけではないので、普段授業しているときに意識することはないのですが、中3くらいになると発育がいい子や、妙に色っぽい子なんかもいて、向こうは全然警戒なしにちかづいてくるので、そんなときは内心ドキドキしてしまいます。


ある日のことです。
わからないところがあるというので、授業終了後に中3の生徒(S)を補習していました。
その日は他の先生は休みで自分しか校舎にはいなく、生徒も一人だけで私たち二人っきりでした。
その日Sは超ミニスカートをはいており(あとで聞いたら、期待していたみたいです)、椅子にすわっていると中のパンツがまるみえでした。
その子は中3の生徒のなかでも特に発育がよく、私はすっかり股間をおおきくしてしまっていました。
Sに気がつかれないようにしていたつもりでしたが、
「先生H!」とからかうように上目遣いで自分をみつめるS。
すっかりきがつかれていたようです。
「生徒のパンツをみて変なこと考えるの?」と、笑いながら聞いてきたので
「そんなことないよ」とかわそうとしたのですが、
「うそ。なんかズボンの前ふくらんでるもん。Hなこと考えてたんだー。へんたい」
「いいから変なこと言ってないで勉強しろ!」
そんな会話がしばらく続きました。



途中まではSも笑いながら会話をしていたのですが、しばらくするとSはだんだんまじめな顔になってきて、
「先生。変なこと聞いてもいい?」
「なに?」
「Hって気持ちいいの?」
それまでは冗談まじりの会話だったのが急にまじめになったので、自分もドキドキして、なんて答えていいかわからないでいると、
「最近そのことで頭がいっぱいで勉強に集中できない。同い年の男の子なんかに聞くわけにもいかないし。」
なんて答えていいかわからなかったのですが、とりあえず
「気持ちいいよ。他にはない感覚だね。」と、正直に答えました。
すると
「してみたい。先生とならはじめてでもいい気がする。」
自分は完全に理性が飛び、
「だれにも言うなよ」といってSにキスをしました。
Sはふるえていました。
内心、まずいことになった、という気持ちと、どうせだったらめちゃめちゃきもちよくさせてやろう、という気持ちが戦いながら手は彼女のブラのなかへ。
Dカップの胸をさわりだすと、Sは苦しそうな息遣い。
どうやら声がでそうなのを、恥ずかしいのか我慢しているみたいなので
「Hのときは声がでるもんだよ。がまんしなくていいよ」というと、安心したのかそれからは教室中にひびくほどの大きな声。
パンツのなかをいじってやっていると、生まれて初めての絶頂がおとずれたらしく、身体をふるわせて
「へんになっちゃう!」を何度も絶叫していました。

その後、ぎこちないフェラのあと、挿入。
最初は痛がっていましたが、体位を変えたところ、気持ちよくなってきたらしく、自分から腰をふってきて
「気持ちいい」を連発。
自分も妻とは比べ物にならないしまりのよさに、どうなってもいいや、と腰を振りつづけ思いっきり中に出してしまいました。
幸い生理直前だったらしく子供はできませんでした。
終わった後、
「こんな気持ちいいんだ、Hって。」といってきて
「またしてくれるよね」とハイテンションでその日かえっていきました。
こっちは後悔と、これからの期待がまじる複雑なきもちでした。

まあ、中3だし、そんなに長いこと続かないだろうとおもっていたところ後日たいへんなことがおきてしまったのです。
長くなってしまったので。
その後の話は次にします
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する