円光だったのかも知れないが出会い系で知り合った●7才の獣のようなSEXの話



もう何年も前の話ですが当時円光に狂ってた(中、高生のみ)
当時できたばかりの出会い系サイトで円光相手を捜していました。
その中の思い出深い一人の美香と言う×7才の娘の話をしたいと思います。


電話でアポをとり美香と待ち合わせをしていましたが時間になっても現れず夕暮れ時であたりも暗くなって
「あ~あ、スッポカシかよ・・」と呟きながら帰ろうとする時に物陰からこちらを伺う一人の制服姿の少女がいました。
「あ、アイツだ。」確信した私は少女に接触しました。
「美香ちゃん?」少女に尋ねました。
少女は軽くうなずき返事をしました。
そこには今で言えば上戸彩を少しふっくらさせた感じの清純そうな小柄な少女がいました。
美香との約束は先週同級生の彼氏と初めてのSEXしたが、痛くて途中で止めてしまって彼と気まずくなってしまい明日、彼とあうから今度は途中で止めないように完全に処女でなくなりたい。
それと¥も欲しいと言う、馬鹿じゃないの?って感じの内容でしたが私にとっては最高の内容でした。
なんせこの話が本当ならこんな美少女の処女同然の体を弄べるのですから。

車の中での彼女との会話もウワのそらで、(絶対中で出してやるぞ)と妄想で大興奮でした。
車で直接部屋に直行できるホテルに入り、シャワーも浴びずに美香をベットに制服姿のまま寝かせました。
美香は「シャワー浴びないの?」不安そうにか細い声を出す美香の可愛い口をキスして塞いだ。
たまらない興奮に股間は張り裂けそうだ。
柔らかい口の感触を貪った後ブラウスのボタンを外し程よい大きさの胸をモミ、可愛い乳首をチュパチュパ吸い付いてやった。
美香は必死に声を上げない様に堪えてる。
ルーズソックスをはいた細い足を両手で抱えあげてブルーのパンツの上からほんのりオシッコ臭いアソコを嗅ぎ捲くってやった。



美香は「ヤダ!恥ずかしいから止めて!」と嫌がるがそのまま舐め回してやった。
美少女のアソコはなんであんなに汚く感じないのだろう?ブスなら触るのも嫌なのに・・
いよいよパンツを脱がしアソコを確認。
どこまで美香は喜ばしてくれるのだろう。
私の大好きな恥毛薄めの縦筋のアソコだ。
もうそこからは目茶目茶クンニの嵐をしてやった。
声出すのを堪えていた美香も流石に可愛い声をたまらずに上げだした。
私の唾液と美香の愛液でアソコがクチョグチョになったところでフェラをさせようとしたが泣きべそかきながら固辞した為に可哀想になり(甘いよね・・後悔してる)断念。
じゃ、いよいよ頂くかとビンビンになったチンポを一筋マン○にあてがった。
美香は力んでしまって直ぐに足を閉じてしまう。
「美香ちゃん、優しくするから力を抜いてご覧」と言うが思うようにいかない。
仕方なく美香の両足を抱え上げて両手を押さえつけて挿入する事にした。
美香は「怖いよ、怖いよ」と言いながら可愛い顔して半ベソをかいていた。
可哀想なのでゆっくりとチンポの先を美香のアソコに出し入れしてやった。
「これなら痛くないだろ?」美香に言うと
「うん、大丈夫」と言いながら目を閉じていた。

いよいよ美少女の処女同然のアソコに何人もの女のマン○に突っ込んだ汚らわしいチンポを奥まで挿入する時を迎えた。
「美香、美香の可愛いオマン○にいやらしいチンポを入れてあげるね。これで本当に処女じゃなくなるよ。オレが美香を女にしてあげるからね。」
極度の興奮に私はもう我を忘れていた。
完全に美香のアソコに根元まで一気に貫いてやった。
「いたい! いたいよ~」美香が叫んだ。
美香の叫び声に我に返り
「ああ、ゴメン。痛かったかった?」私のいやらしいチンポがズッポリ刺さった美香のアソコを見て確認したが出血はしてなかった。
美香は「痛いからもう止めて」と私に哀願してきた。
ハアハア言いながら私はゆっくり深いストロークで美香を貫いていた。
美香のアソコはヌチョヌチョながらもキツイ締付けで絶品だった。
恥ずかしい事に私は5分も立たない内に射精感を催していた。
余りの美香の哀願が可哀想になり
「美香のオマン○に出してもいいなら止めてやるよ」と言った所、
「出していいから、もう止めて。ホントに痛いの」美香の承認を得た私は獣になった。

「よ~し!彼氏にも出させた事の無い汚れの無い美香のオマン○に、オレのイヤラシイ精液をたっぷり注ぎ込んでやるからな!いくぞ!」
美香は「やっぱり嫌だ!中にださないでぇ~!」
其の時は時既に遅し、二人して獣のような叫び声を上げながら美少女のオマン○に一適残らず私の種を植え付けてやった。

こんな美少女の実質処女のオマン○に射精してると思うと今だかって無い程の長い射精感を経験した。
暫くの間、二人は抱き合ったまま動けずにいた。
無言の侭チンポを引き抜くとプチュと言いながら美香のアソコが閉じてしまった。
どうしても精液の逆流が見たいので
「アソコに思い切り力入れてごらん」美香に言うと出るわ出るわ、私がたっぷり注ぎ込んでやった精液が逆流してきた。
私は美少女の股間から流れ出る自分の精液を眺めながら今だかつて無い恍惚感に浸っていた。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する