大学時代に行った微妙だった新宿の安い風俗のエロい話



大学時代、金も無く、彼女もいないオレは、新宿の安い風俗によく行ってた。

手コキで3000円だったかな。

半畳位の個室に通されると、


左側の壁の丁度腰の辺りに穴が開いてて、

そこにモノを入れると、マジックミラーの向こうのお姉さんがお湯と石鹸で洗ってくれた。

溜まりに溜まってるオレは、正直それだけで腰引いてた。

洗い終わるとお姉さんトップレスになってくれて、左側の小窓を開けてくれた


左手を小窓に入れて、お姉さんのバストを触る。

「柔らけえ」 と思った瞬間、もうダメだった。

既にお姉さんの手は、オレのギンギンをしごき立てており 童貞のオレが我慢できる筈もなく「いきそうです」。

いつもあっけなく終ってしまって、満足に胸を触れた事もなかった。 
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://erobanamatome.com/tb.php/123-5e5105bc

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)