昨年の終わりに知り合った人妻をひたすら中出ししてますwww



昨年の終わりに知り合った人妻の続きですが、あれから一度家に帰り翌日から明日の朝まで4日間の間たっぷりといじめさせてもらってます。
この間は強引に8回中だしはしたものの、十分に優しくプレイを楽しませましたが、今回は一緒に年を越すということでお酒を二人で呑み、朝方酔い潰れたとともに素っ裸にし後ろで両腕を固定し、そのままの状態で生活させています。


まず、酔いつぶれて眠ったまま、うつ伏せに寝かせ後ろからはめてそのまま中だし。
翌日は気が付いてからすぐにフェラをさせ、抵抗できない状態のまま、ローションを肛門に塗り無理矢理アナルをいただきました。
悲鳴に近い声とともに半分あたりまで押し込み徐々に根本まで入れた頃には苦痛と、快楽が入れ混じった表情になりクリトリスを触るとグイグイと締め付けてきました。
そのまま精液を注入し、抜いたらプ~ンとウンコの臭いとともにダラダラと精液があふれ出てきました。
ウンコ臭いチンポを口で掃除させオマンコとアナルを舌で舐めてやると「今度はオマンコに来て・・・」
もちろん、またアナルに入れました。
今度は無理なく入り二度目のアナルへの射精・・・

その後はフェラをさせ、精液を飲ませて終わり。
その人妻のオマンコには今、ローターが入ってます。
気が向いた時に電源入れてあげるのですが、なんとも言えない卑猥さです。
自由を奪う事によって卑猥な言葉も平気で言うようになりました。
アナルへの大量の精液の注入により下痢もはじまり、トイレで私にクリトリスを触られながらの脱糞も経験しました。
お尻を拭いてやり肛門とオマンコを舐めてやると「汚いからやめて・・・」
「入れてほしんだろ?」と言うと恥ずかしそうにうなずき、それからしばらくは舐めてあげました。
そんな事してるうちにこちらも我慢の限界が近づき、
「どうしようか?」と言うと
「一杯中で出してください・・・」



ふと付き合ってるセフレの女子大生ケイコに電話をし、ヒマしてるとの事で、
「泊まりにおいでよ・・・」と声をかけたところ、一時間後に到着。
ケイコは部屋に入るとともに人妻を見てびっくり・・・。
早速、ケイコを抱きよせ愛撫。
全裸で身動きできない人妻に見られてるという意識からケイコはすぐに雌になりました。
若くまだ、形の崩れもないオマンコに挿入し、腰を動かしながら人妻に「こんな事してほしいんだろ?」
人妻はず~っと目をそらしたまま。
ローターの電源を入れ、また女子大生とのセックス。
異様な雰囲気にケイコは何度も絶頂を迎え、私は人妻に「入れてほしいんだろ?」と問いただすと首を小さく振る。
そこでケイコを後ろから責め、ケイコに人妻のオマンコを舐めるように指示した。
ケイコはクリトリスを舐めながら指で膣内を刺激している。
人妻は「いや~!!」と連呼しながらも十分に濡れきっている。
そんな女を見て射精感がこみ上げてきた。
一気にケイコの口に射精。
それを飲まさず、人妻の足を広げオマンコを広げてそこに吐き出させた。
それを指で膣壁に塗り込みついでに輸マン。
半分、気を失いかけの人妻。
その人妻をほっておき、もう一度ケイコの若い体を楽しんだ。
ピルを服用しているケイコは「今度は中にだして・・・」
たっぷりと注入。

壮絶な姫はじめを展開中。
今夜が最後の夜。
久々に人妻を楽しみます。
ここまでされて二度と会う気もないかもしれないけど、ここ数日間の記録は画像として残ってますので、当分は楽しませてもらいます。
また、今夜のイジメが終わりましたら投稿します。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する