処女にアヌス中出ししたりましたwww



さっき女子高校生に中出しして来た。
それも処女に、更に、処女のまま、アヌスに!!
ツーショットで会った彼女は最初18才フリーターと言っていた。
しかし自分から「大人っぽく見える?」どうみてもロリだろうが。
あげく、高校1年と判明した。
しかも処女で今までフェラチオだけで1枚札をもらって会っていると。


最初は簡単にフェラ口内射精で終わるつもりだったが、ピンク色の綺麗な処女マンコを見せられて、こっちもその気になった。
しかし、マンコ貫通はどうしても許してくれない。
小指を入れようとしても入らない正真正銘の処女だ!!
マンコ貫通をやわらげようという目的で、ローションとロータをフロントに注文した。
濡れ濡れにして、小指挿入しようとしても入らない。
どうしたものか。
優しい私としては処女マンコ温存で世にも珍しいアヌス貫通を思い立ったわけだ。
先日ネットで裏本新作「ないしょ話」を見て興奮したのを思い出した。
そうだ、あの本みたいに!!
処女マンコだけは今日のところは勘弁してやる。優しい奴だろう!!
その代わり、梯毛して処女マンコを開いてよーく見せてもらう。
アヌス処女をもらう。
そして、写真を撮る。

アヌスをベチョベチョにして、ロータをグッと入れる。
すんなりポンっと入った。
少し長めのロータなので、抜き差し。悶える処女。
指でクリトリスを刺激。更に悶える。
少し抵抗したのでロータを抜いて薬指を入れた。
少しづつ、奥へ奥へ。抵抗無く第二間接まで入る。
よしこれはいけるぞ。
開ききったアヌスにローションを更に塗る。
ベチョベチョの液が処女の陰部一杯になる。
慣れさせるまで長い時間をかけた。
バックから指を2本入れた。入った。奥まで。
うごめく処女。
脱力する処女。
あきらめたのかもしれない。
今だ!!姿勢を取り直してペニスを間髪いれず当てた。
「やだ、止めて!!!」大声で抵抗する。
ズンと入った。最高に締まっている。
「あー」と、あの入る瞬間の声をあげた。
「力入れると痛いぞ、ほら、力を抜いて」
「あー」力が抜けたのを良いことに奥まで入れた。入った。
脱力状態で処女が身を任せ始めた。痛くはないらしい。
今日はアヌス中出しだ。
数十分間責めた。
バックから、腰の締まった良い体が波を打ち悶える姿を見て。
正上位から、ロリが入った可愛い顔が、快感に歪むのを眺め。
マンコに入れている時と同じくらい激しく動く。
入り口から奥の奥までズボズボ動いた。

イク時が来た。
「出す時は、女性が出してってお願いするんだよ」
「出して、出して」
「お願いしてごらん」
「出して下さい、○サの中に出して下さい」
「お願いします、は言わないの?」
「出して下さい、お願いします」
悶えながら処女が懇願する。
どどどどどどどどどどど。多量に出した。



この後、フェラで口に出して飲み込ませた。
飲むのは初めてだったそうだ。
放心状態で何でも有りになっていた。
笑いながら涙を流していた。
「今度会うまでまで処女でいるんだよ、安全日にマンコの中に出してあげるから」
「それだけは許して、ダメです、好きな人に取っておくんです」
最後の抵抗を見せた。次回にお預けだ。
待っていろ処女マンコ、電話して呼び出すからな。

一部始終を36枚フイルムに3本分撮影した。
「ロリ顔が処女マンコを広げ、ザーメン流れるアヌス写真」
早く現像して、これを眺めながら、もう一度このロリで射精する事にする。


beginners_fx777beginners_fx777 コメント( 0 )トラックバック( 0 ) 0拍手
2010年04月22日16:59
スワッピング
スワッピング初体験夫婦
いっちばん最初のSWのことを思い出しました..
この最初の体験がよかったのできっと好きになったような気がします。
よかったら少し聞いてください( ^∀^)

赤プリで5,6組集まっていたと思います。
妻と2人、ラウンジで面接受けた後どきどきしながらお部屋に行きました。
なんせ、初めてだったので一応「見学希望」で参加しました。
初めての淫靡な世界にすっごく興奮したのを覚えています。
お部屋は畳で何組も布団が敷いてありました。
管理されていた方がきちんと「こちらは見学の方ですので」と紹介して
下さったので安心して部屋の隅で壁に寄りかかりながら
余ったお布団を二人でかけていました。顔だけ出して...

一応雰囲気を壊さないように..という配慮による管理人さんの
ご指導で浴衣に着替えての見学でした..
今思えばあれは、SWというより乱交?いやそれとも皆さんが顔見知り
だったので乱交風になっていたのでしょうか。
それは衝撃的でした。立派な大きさのナニを見せびらかすように
女性に咥えさせる男性あり、盛り上がって前も後ろも受け止める
激しい女性もいらっしゃいました。
圧倒されて部屋の隅から動けなかったのを覚えています。
隣にはボディビルをやっていらっしゃるという、すばらしい肉体の
カップルさんがいらっしゃり、プレイの合間合間に気を遣ってくださったり
したのですが、やはり人前でプレイすることもできず、
布団の中でお互いの股間をまさぐっていました。
今思うとかわいいものです。
妻もすっごく濡れていてびっくりしたのを覚えています。

途中、どうしても我慢できなくてトイレにいきました。
用をたして洗面所に出てきたとき、先ほどまで隣にいらした
ボディビルカップルの女性がいらしたのです。
妄想の世界ではアリなお話でしたが現実にそういう展開が
あるとは思わなかったのですが、いきなり「あそぼうよー」と
股間を触られたのです。ビックリでした。そーいう世界なのかと..
なんと返事していいか迷っているうちに、しごかれしゃぶられて
会話が要らない状態になりました。ただビンビンではあるものの
緊張も手伝い、ことに至らず逃げ帰るように妻のところに戻ったのでした。
妻の隣に座り、二人とも無言で皆さんの激しいプレイを最後まで
鑑賞しました。

熱に浮かされたような状態で、うちに帰り二人で
「あーだったね、こーだったね。」と話しました。

妻にはトイレであったことを話しました。嫉妬させようと思って..
妻が嫉妬好きなのは知っていましたから。
案の定すごく複雑な表情をしながら興奮して話を聞いてくれたのです。
しかしその後が想定外でした...

僕がトイレで女性に遊ばれていた十数分(たぶん)...
妻もやられていたのです。...ボディビルの男性に..
「彼、帰ってこないね。戻ってくるまで遊ぼ!」..そう言われたそうです。
たくましいものを目の前に出され、乱暴に髪を掴まれた時点で
もう抵抗しなかったそうです。このままやられちゃうな..怒られるかな..
と思ったそうですが、数分間口を使われた後、そのまま
許してもらえたそうです。

この話にやられました(;´Д`)
その後は狂ったようにSEXしました。
今でも思い出して話すほどです。


今思えば、あのカップルさんは最初からその予定で
狙っていらしたんだなと思います。

でもね今もう一度会えたら言いたいんです。
今ならヤれますよってw
あなたがたのおかげでもっとこの世界好きになりましたよってww

ながながすいませんでした。
このお話、人にしたのは初めてです(///▽//)
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する