人妻になっていた元カノとカーセックスw



去年の夏に、前に付き合っていた彼女と1年振りに電車でばったり出くわした。
トントンと肩を叩かれ、少しビビりつつ横を見やると、

「久しぶり」

と、前カノのはにかんだ笑顔。
キョドリながらも、

「お、おう」

と返すのがやっと。
顔もまともに見れずに、横に並んで吊革に掴まること数秒…。

「…どうしたの?」

と顔を覗き込んでくる。

「いや、いや、久しぶりやなぁ」

と今更テンションを上げてみる。
元カノは不信な顔をしつつ

「元気だったかな」

と、今度は前を見て彼女が言う。

「こっちはまあ、そっちは?」
「職場変わったけど、それ以外は変わりないかな」
「そっか、お互いに辞めちまったわけか」
「Tが辞めてから半年位で」
「…ああ、結婚したもんな」
「うん、そのメール振りだもんね」

ってわけで、理恵には1年前に振られて、その直後に職場を変えてしまったので、振られてから音信不通。

半年前に、結婚しますよメールが来てそれっきりだった。
半年で結婚しちまうなんてのは、驚きとショックだったけど、今は俺も彼女いてるし、良い思い出って事にしとく。
話したい事は沢山あるけど、お互いに変な雰囲気で無言。
ちらっと理恵を横目で見やる。
相変わらずデカい胸に目が行くのは、俺がおっぱい星人であるが故なのか…。
規格外の胸だから自然と行くんだよきっと…。
髪はショートだったのがセミロングになっていて、後ろで1本に縛っているのがポイント高い。
てか、ピンクのポロシャツ、ジーンズ生地のタイトスカートっぽいのに、生足かよ!…と、前の彼女をそんな目で見ている自分に自己嫌悪。

「うん?」

と急に理恵が横向いて目が合う。 »続きを読む

妊婦になってた元カノに中出ししまくった話w



就活が終わった6月、渋谷にて元カノと偶然遭遇した。
俺は全く気が付かなくて、声を掛けられた時はちょっと気まずかった。
なんせ高校時代3年近く付き合ってた元カノだったので。
元カノは高校卒業後、短大へ行ってたはず。
今でも忘れもしないクリスマスの「もう別れようよ」という言葉。
俺が受験でイライラしてたせいで、毎回のように喧嘩しまくってたのが原因です。

あれから3年、元カノは軽くギャル系になってて驚いた。
もっと驚いた事は、既に結婚してて妊娠中だという事。
就職してすぐに社内恋愛をし、デキ婚しちゃったらしい。
超嬉しそうに喋りまくる元カノ。

俺はというと、暇だったので近くのカフェへ行った。
旦那の写メを見せてもらったり、別れてからの話をずっと喋りっぱなし。
気付けば2時間以上も喋りっぱなしだった。

「メアド教えてよ」

そう言われたから、その場で赤外線で交換した。
それでその日から、それはもう怖いぐらいメールが来るようになった。
元カノは仕事を辞めてたのでヒマ過ぎると言ってた。
旦那を送り出してからメールがやって来て、それは深夜まで続く。
俺も暇だったから付き合ってたけど、ふと気が付けば下ネタ系が多くなってた。
俺から話を振ったわけではなく、元カノの方から振ってきた感じ。
そんな女じゃ無かったのになぁ~って思いながら、少し楽しくメールしてた。
偶然出会ってから2週間、とうとう「ご飯食べに行こうよ」と誘われた。
そりゃ別にメシぐらいは良いけど、妊婦だし人妻だしイイのか?と聞いた。
気にする事でもないでしょ~と軽くいなされた。

学校もない平日の昼、気を使って元カノの住む地域に近いエリアで待ち合わせた。
妊婦だし近い方が良いかと思ってね。
食欲はあるようで、パスタを食べながらまたお喋り三昧。
そしてなぜか疲れたからマッタリしたいと言い出し、満喫かカラオケのどちらかと提案すると即答でカラオケと言われて近くのカラオケ店に向かった。 »続きを読む

浮気した結果すべてを失いました



どんなに後悔しても遅いことがあります。
懺悔になってしまいますが、誰もいないので書きながら

私(圭子 仮)は28歳のOLです。
つい2年ほど前までは付き合った人数は4人ぐらい。
26歳の夏ごろ友人真理の紹介で信一に出会いました。
信一は顔はそれほど格好よくないのですが、話していて楽しく、聞き上手であり、また仕事でも頑張っているようで、なんといいますか、
人間的に尊敬でき優しい人でした。

私からの告白で信一と付き合うことになり、私は充実した毎日を送っていました。
信一は褒め上手で付き合った当初、少し地味だった私に服を買ってくれたりして、なんとなく自分に自身が出来てきました。

「圭子はもとはいいんだから自信もっていいと思うよ」と事あるごとに私を褒めてくれました。

事実私は会社でも「最近綺麗になったね」とか、友達に誘われた人数合わせのコンパでも、以前に比べてもてるようになっていました。

信一と付き合い始めて1年ちょっと経った去年の秋ごろ、真理の彼氏とその友達と一緒に飲みに行く機会がありました。
真理の彼氏はイケメンで、友達もどこかのホスト?と思うほど女性の扱いに慣れていて、しかも格好よかった。

信一は真面目でいい人ですが、身長もそれほど高くなく、体もがっちりしているのでよく「美女と野獣」だねと、自分の事を笑いながら話していました。 »続きを読む

結婚前の浮気相手と関係が断てません



婚約中の一度限りの過ち、のはずでした。
でもそのことから今でも夫以外の男性達との関係を続けています。
結婚前の私はある営業職をしていました。

男性ばかりの中で同じ条件で競争できることにやりがいも感じて頑張っていました。
中にはセクハラまがいの行為やそれとなく身体の代償等を求めるような顧客もありましたが、きっぱりと拒絶して女だからじゃなく自分の力でやることにプライドもありました。

ただ婚約中の彼(今の主人)は私の時間が不規則になるこの仕事を続けること望まず、結局、私は仕事より主人をとり寿退社をすることを選びました。

そんな婚約中の私にある資産家からの大口の商談がはいりました、
それまでの経験で個人経営的な顧客にはあまりいいイメージはなかったのですが、獲得したらNO.1になれるかもという想い、最後だからと私が担当させてもらうことに。

顧客は今でいう「ちょい悪おやじ」という雰囲気で、やはりというか多少のセクハラも受けました。

でも仕事は仕事、最後だからと割り切って頑張っていたのに。
そんな時でした、婚約中の彼の浮気が発覚したんです。
どうして?、ひどいショックに落ち込みました。

付き合いだよ、遊びなんだから、と謝る彼をどこか許せなくて。
もう破局?でも?もう後任の準備も進んでいるし・・・モヤモヤした気持ちが募るばかり・・・。

仕事の方は成約しました、でもむなしさを感じていた私でした。。
そこに顧客である尾崎社長から二人だけでの成約祝いのお食事を誘われたんです。 »続きを読む

家庭教師先で処女を失いました



わたしがオナニーをはじめて経験したのは、大学1年生(19歳)のときでした。

わたしは、小学校時代からまじめで、すこしおとなしい性格でしたから、
男の人とデートしたこともありませんでした。

もちろん中学校時代、クラスでオナニーをしていた子もたくさんいましたし、
オナニーのやり方も知っていましたが、なぜかしら、
そんなことをするのはいけないことだ、破廉恥なことだとおもっていました。

ところがです。以下私の初体験を聞いてください。


大学1年の夏、私は家庭教師のアルバイト先で、
あまり熱心に勉強にとりくまない中学3年の男子生徒を教えていたとき、
すぐに「先生、もう終わろうよ。」と言い出すのです。

私が、「この問題が解き終わったら、なんでも言うこときくから」と言ったとき、
彼は急に真剣にやり始めたのです。

ほとんどはその子の実力では、ちょっと解くのが難しいかなという程度の問題だったのですが、たまたまうまく解くことができたときがありました。

わたしは、「よくできたから今日はここで終わろうか。」というとその子は、「先生なんでも言うこと聞くっていったよね。」「今度来る時ノーブラ、ノーパンで来て」といいました。 »続きを読む

元カノから3Pのお誘いが・・・なんとなくOKしちゃったけどww



正月、テレビ見ながら酒飲んでたら突然知らない番号から着信があった。

電話に出たら音信不通だった元カノ。

用件が、今付き合ってる彼氏が3Pに興味があるから付き合ってほしいって事だった。

流れでOKしちゃったよ・・・彼女いるんだけど、でも実際興味はあるしな・・・どうしたものか。 »続きを読む

150cmの巨乳ってだけでおっぱいフェチには堪らないんだがw



俺が巨乳フェチになるキッカケになった子との話。

高2の頃に、Y子っていう同い年の巨乳の子と知り合った。

身長は150センチちょいでちょっとポッチャリしていたが、ちょっとだけパンク系の入った可愛い子だった。

そして服の上からでもハッキリ分かるくらい、おっぱいが張っていた。 »続きを読む

会社の送別会を旅館でやったら露天風呂に入ることになったんだがw



入社5年目の時、定年退職する人の送別会を地元の旅館でやった。 »続きを読む

仲の良い姉弟だと小さい頃から一緒に寝ることが多いみたいでついに・・・後編



(前編からの続き)

と言いながら私の目が更に焦点を失ってゆき、寄り目がちになっているのがわかります。
「ああ、テツ、イッちゃう、イッちゃう…」 »続きを読む

仲の良い姉弟だと小さい頃から一緒に寝ることが多いみたいでついに・・・前編



私たちは昔は仲のよい姉弟でした。

一つ違いの弟は幼い頃からお姉ちゃんっ子で、私が何をするにもついてきました。

私がピアノを習いだすと自分も習いたいと言い、私がバレエ教室に通いだすと泣いて一緒に通わせて貰っていました。 »続きを読む