卒業旅行で奇跡のセックスw



記念のセックスといえば、卒業旅行です。
泊まったペンションで働いてる人Hしました。
食事のお世話(給仕っていうのかな?)
をしてくれたバイトの大学生2人が私たちの部屋に遊びに来たんです。
で、皆で楽しく飲んでました。

全員で写真を撮ろうって事になって、
彼(Dさん)と私が隣になって、Dさんが私の肩を抱いてきました。
ちょっとびっくりして身を引いたら、慌てて謝ってきて、普通に撮りました。

いきなりのことなんで、びっくりしただけだったのに……。
せっかく身体に触れてきたのに、すぐに謝るなんて、ちょっとがっかりでした。

そのうち、お酒が切れたからコンビニに行く人をじゃんけんで決めたら、私とDさんになったんです。
内心ラッキーって感じ。
この人、気になってたんです。

コンビニでお酒とおつまみを買って、ぶらぶら歩いて戻る途中、
私は酔ったふりしてDさんに抱きついてほっぺとか首にキス攻撃♪

Dさんは赤くなりました。
私より、Dさんの方が純情だったようです。

「俺、もう結構限界ですよ。どうしてくれるんですか……」
「私たちは帰り道で迷ったの。ちょっと遅くなったって誰も気にしないですよ」

そういって私はDさんの手を取って、浴衣の合わせの中に導きました。
人気のない公園に入り、ベンチに並んで腰かけた途端、
Dさんは火がついたように私にのしかかって激しいキス。

やっぱり、余裕がないです。
経験少なそうです。

でも、それがいいんです。
唇、耳、首に激しく吸い付いてきます。
浴衣の中の手は乱暴に動き始め、乳首を指先で転がしながら揉んできました。

私は胸も感じる方で、特に乳首は弱いんです。
でも、がんばって我慢して、声は控えめに。

身体をよじりながら抑え目に声を出す私を見て、
Dさんはますます興奮して、
「かわいい、すごいかわいい……」
ばっかり言って、キスを何回もしてきました。

Dさんは私の浴衣を脱がして、自分も裸になって、あそこに指を入れてきました。
中をぐちゃぐちゃにかき回されると身体がとろけるくらい感じちゃう。
私は、Dさんにしがみついて、吐息と声を荒げました。

「もっとして……。今夜は好きにしていいんよ」
「もう犯罪並に可愛くてたまんないよ……」

Dさんはそう言って、私の中に入ってきました。
背高いから大きいだろうなって思ってたけど、予想以上でびっくり!

私は太さより長さ派なんだけど、全部入りきらないくらい長いの!

奥までずんずん突き上げられて、気絶しそうなくらいい気持ち!
突くだけじゃなくて、ちゃんと中をかき混ぜてくれて感動しちゃった。

やらしい音と声が響きます。

Dさんは私を強く抱きしめてきて、私もDさんにぎゅう〜ってしがみつきました。
Dさんの息がどんどん荒くなって、
ピストンも超早くなってきたからそろそろフィニッシュかなって思ってたら、
「まだいってないでしょ?もっと感じて」
「私、別にいかなくていいの。Dさんがいってくれれば満足だから」
(本心ですよ!)
って言ったら、またD-キスしてきて、激しく突いてくれました。

最高、幸せ〜ってぐらい感じました。
私はいくとかいかないより、男の人が強く抱きしめてくれたり、
すごいかんじてる顔見るのが好きなので本当に満足でした。

Mさんはいっそう激しく腰を振って、あっ!て小さく叫んで、フィニッシュしました。
その後ティッシュで優しく拭いて、強く抱きしめて優しいキスをしました。

「最高に気持ちよかったよ。これで終わりにはしたくない」
って言ってくれたけど、これは一夜のアバンチュール。
Dさんとカレカノになったら、遠距離になっちゃって、大変そうだし。
お互いいい思い出にしようって私は言いました。

やっぱり旅にはロマンスが不可欠ですよね。
本当にいい卒業旅行になりました。

必ずヤレるという安田美紗子似の現役女子大生とハメまくったwww



むかしからの友人のTは「かならずヤレる女子」を合コンセッティングするという稀有な才能の持ち主。本当に不思議なのですが、彼が仕切った合コンで私は8割ぐらいの確率でギャルを持ち帰ることに成功しています。理由はよくわかりません。他の合コンではサッパリなのに。もちろん見た目はピンキリですが。。。

いちばん興奮したのは、去年の夏のことです。


晴海にあるTのマンションで花火見物&合コンをしようということになりました。久しぶりの合コンであまり期待せずに行ったのですが、そのときに来た子のひとりを見た瞬間、思わず涎が垂れそうになりました。

陽子という名前のその子は、どことなく安田美紗子に似たCUTEなタイプ。まだ大学生のため幼さの残る顔立ちのくせして、長身で触り心地のよさそうなHなからだつきをしていました。
「このなかでいちばんスケベだと思う男を指差して!」
Tが突然提案したのですが、そのなかで陽子ちゃんだけが思いっきり私を指差してその場は爆笑。
「だってなんかすごいドSオーラかんじるもん。こわい。」
言いながら陽子ちゃんの視線の端にわずかに媚がのぞくのを私は見逃しませんでした。

攻撃態勢に入った私のギラつきに気がついたのか、陽子ちゃんのブサイクな友達が「そろそろ終電」と余計なことを言い出しその場は解散。

そこから陽子ちゃんを電話&メールで口説きおとすのにはすこし時間がかかりましたが何とか一緒に飲みに行く仲にまでは発展させました。陽子には年下の彼氏がいましたがあまりうまくいっていないようでした。

「わたしどっちかっていうとMなのに、彼氏もMだからつまんないんですよねー。」私は生返事をしましたが、内心ゾクゾクしていました。こういう発言を自分からするということはある種のサインだからです。
「でも彼氏のこと好きなんだろ?高校のときからつきあってるんだし。」
いいながらどんどん酒を注ぎ足していきます。
「もお別れよっかなあ。。メールかえってこないし。。。」

「映画見ないんですか・・ねえ・・ちょっと・・・・やンッ!」
終電なくなったし一緒にDVD見ようと強引に自分の部屋に連れ込むなり私は陽子を背後から抱きすくめて19歳のうなじの匂いを嗅ぎまくりました。
「・・はンッ!」
耳元で軽く息を吹きかけると陽子はからだをくねらせて反応しました。
逃げようとする陽子をベッドに組み敷いてしつこくディープキスをくりかえすうちに、陽子のからだから力が抜けていくのがわかりました。陽子が自分から舌をからませてくるまで、焦らずじっくりとからだを撫でまわして性感を揺すぶってやりました。
陽子が彼氏のセックスに満足していないのは明らかでした。
私はわざと時間をかけて焦らしながら服を脱がせずに陽子のからだじゅうを愛撫し、陽子に自分からキスをもとめるよう命令しました。
「ううン・・」
陽子はなじるような目で私を見ながら、とうとう自分からキスをもとめたのでした。

「・・ああいく・・またいくうッ!!」
私のネチっこい舌使いに狂いながら、陽子は腰をビクンビクンと跳ね上げさせました。もともと体毛がうすいのか陽子のあそこはパイパン同然で、なんともいえないHな匂いがしました。しかもあの肌の触り心地のよさといったら。まさに年上殺しといっていいほどで私はオヤジまるだしで陽子の汗ばんだ若い肌を味わいつくしました。

陽子は完全なMでした。

私が下品な責めかたをすればするほど、早熟なからだの疼きをもてあますかのように甘い悲鳴をあげるのでした。2時間ちかくも指と舌で責めたてたあとようやく私は背後から陽子にしがみつくようにしてじっくりと陽子の子宮を味わいました。
「ああ・・いやああッ!!!」

途中で何度か陽子の携帯が鳴っていましたがそれがまた私の嫉妬に火をつけました。こんないい女を若い男に渡してたまるものかと思いました。
陽子はあなたの女です、と何度も言わせながら電話口で彼氏に聞かせようかと本気で思いました。


私はもともと早漏のはずなのですが、なぜか陽子と交わると驚くほど長持ちするばかりか、今までより固さが増すような気がしました。また、隠れていたMっ気を私のような中年男に強引に開発された陽子は、交わるたびにいきやすくなっているようでした。

 おそらくからだの相性なのでしょう。ほとんどレイプ同然だったにもかかわらず、明け方ちかくまでしつこく責め続けられるうちに陽子のほうもたまらなくなったのか、気がつくと自分から私のものを口に含んでいました。

恥ずかしげに頬を紅潮させ、眉根をキュッとせつなげに寄せる表情はたまらなく私の征服欲をそそりたてました。
「どうしてこんなに・・・すごいんですかあ・・また勃ってきてる・・」
「彼氏とどっちがいい?」
「・・・やだ・・・言わない・・」

私は勃起したものを陽子の好きにさせながら最高の気分で煙草を味わいました。30を過ぎたオッサンにとって、19歳の女子大生を彼氏から強引に奪うのは天にも昇るような快感でした。

「もうこれで・・陽子のからだじゅうしゃぶりつくしたからな。」
「やだ!!言わないでッ!」
わざと下品な口調で言うと陽子はなじるような瞳で私を見上げました。
「まだまだタップリするからな・・。」
「もおほんとにやばい・・おかしくなりそう・・・あン・・」
空いた指で陽子のグミの実のような可愛らしい乳首を軽くつねってやると陽子はたまらなそうにキスをもとめてきました。
「安田美紗子に似てるって言われたことない?」
「えー・・・んー・・・たまに・・・あッ・・やン・・」
「シャワー浴びにいこうか・・」
「・・うん・・・」
「そのあとまたベッドでかわいがってやるからな。」
「もうムリ・・・狂っちゃうよお・・」


夕方まで死んだように眠ったあと、私は陽子のマンションまで送り届けたのですが、土曜日だったこともあってそのまま陽子の部屋から帰りませんでした。
彼氏からの電話が何回かあり、陽子が「いそがしいから今日はムリ」と言うのを聞いたときには思わず笑いがこみあげてきそうでした。
「陽子、こっち来てキスしろ」
命令されると弱い陽子は甘えっぽく舌をからませてくるのでした。


私は陽子を手放すつもりはありませんでした。

ただ、いくらセックスが下手でMだとはいえやはり高校時代からつきあっている彼氏と別れるのはそう簡単なものではないはずです。私ははじめて陽子を抱いた日から、陽子の気持ちを毎日たしかめました。
「週末は学校とバイトどうなってる?」
「授業は午前中だけ。バイトはつぎは来週かな・・どうしてですか?」
「じゃ金曜に大学まで迎えに行く。そこからふたりで温泉に行くから」
私は有無を言わせませんでした。

エージェントに所属してはいますが、フリーのプランナーをしている私は仕事の時間はわりとどうにでもなります。事務所で企画書を作っている最中も陽子の喘ぐせつなげな媚声や、あそこの締り具合、汗ばんだ肌の匂いがよみがえってきて思わずトイレにかけこんでオナニーに耽りました。

「ほんとに学校まで来たんですねー」
じっとしていても汗ばむような真夏日でした。
陽子はぴっちりとした黒のタンクトップにデニムの短パンにサンダル。サンダルを履くとわたしより頭ひとつぶんほど長身の陽子の、グラビアアイドル並みのプロポーションに私はあらためて見とれたものです。
すれ違う男子学生が好奇の目で見ているのを私は内心楽しんでいました。

私と陽子はロマンスカーに乗り込み、箱根に向かいました。
平日の昼間でグリーン車は人もまばら。私はそれをいいことに陽子の肩を抱き寄せてしつこくキスをくりかえしました。先日の夜から日が経っていないからか、それとも陽子も待ちきれなかったのか、私が唇を奪うと同時に大胆に舌をからめてきました。私たちは一瞬みつめあったあと、息を乱しながら熱っぽくキスをくりかえしました。
「ううン・・・だめ・・・ねえ・・人が来ちゃうよ・・」
「会いたかった・・会いたかったよ陽子・・」
「ああン・・・わたしも・・・すごい会いたかった・・」

 3時に到着し、旅館にチェックインしたあと部屋に入るなり私は陽子を抱きすくめ、布団の敷いてある寝室に連れ込みました。風呂に入る前の陽子の汗ばんだ肌を味わうためです。嫌がる陽子を無理やりに抱きすくめて耳元で熱っぽく囁くと、すぐにからだが反応してしまうようでした。

「ああ・・そこはだめッ!」
足の指は陽子の弱点でした。汗で蒸れた酸っぱい匂いのする足の指のあいだをねっとりと舌で吸いたてると、陽子は甘い悲鳴をあげて、からだをくねらせるのでした。これほどまでに感度が良い女は私もはじめてでした。しかもあの男をそそりたてる甘えっぽい媚声。私は待ちきれずに舌と指をつかって陽子のふくらはぎから太股へと吸いたてていきました。
「あッ・・あッ・・あッ!!」
ジーンズの短パンを途中まで引きおろして、黒のパンティのうえから陽子の匂いをたっぷりと嗅ぎまくりました。
「ああ嫌ッ・・・」
そこからクリトリスに吸いつくまで、30分以上はかけました。
触るか触らないかのフェザータッチをくりかえしながら、クリとお尻以外のすべての下半身を舐めて舐めて舐めつくしました。
「もうだめ・・もうやだ・・おかしくなっちゃう・・・もうお願い・・」
焦らしに焦らされまくった陽子はもうたまらない様子でした。
「彼氏と別れろ。おれの女になれ。」
私はチロチロといやらしい蛇のように舌先で陽子の太股の付け根をくすぐりながら言葉責めをしました。
そして陽子の口から、あなたの女になりますという言葉が出るのと同時にクリトリスに吸いついていきました。
「ああ・・いやああッッ!!」
陽子はこれまででいちばん激しく腰をふりたてて、私の髪をつかみながら二度三度といってしまいました。
あの声を思い出すだけで今でも射精しそうになります。

コンビニバイトの女子大生と駅のトイレでヤッたエロい話



当時僕は小作にある会社で設計の仕事をしていました。

小作は一応東京にも関わらず、駅周辺から少し歩くとすぐに田んぼだらけの田舎でした。



駅の周辺もそこまで発展しているわけではなく、

毎朝通勤時には決まったコンビニで飲み物等の買い物をしてから、

20分程歩いて工場へと通っていました。



コンビ二でのバイト経験があった僕は、

毎朝飲み物を買う時にバーコードを上に向けて商品を差し出す癖がついていました。

小作での勤務が始まってから3ヶ月くらいが経ったある日の朝、

いつもの様に飲み物とガムと雑誌を買うと、

顔も知らない女の子が、いつもありがとうございます。と言ってきた。



一瞬お決まりの店員の挨拶のようにも聞こえたが空気がおかしいので、

レジの子の顔を見ると、ずっと僕の顔を見ていた。



少し考え、いつもバーコードを上にむけていることに対してのお礼だということに気づいた。

少しの沈黙のあと、話し掛けた事をレジの子が後悔し始めていたようだったので、

僕は焦って自分もコンビ二でのバイト経験がある事を話し、

頑張ってね、と言ってその日はコンビニを後にした。



それからはその子が朝のバイトに入っている時(週1~2回)は、

2~3分立ち話をしてから出勤するようになっていました。



その子は立川に住んでいる短音大生で、

19歳、色白で背が小さく、顔はどことなく優香に似ていた。

(仮にその子の事を以下マユとします)



当時、年上と付き合っていた僕は、

明るく、今時ではない雰囲気の年下のマユがとても新鮮で

マユと話してから出社する朝はとても気分がよかった。



下心が無かったわけではないが

妹のような存在のマユに手を出すなんてことは考えてはいなかった。。。。



が同時に年上の彼女にマユの事を話す気にもならず、後ろめたさよりも、

むしろいつも子ども扱いする彼女に対してのほんの少しの反抗心すら感じ始めていました。



マユと知り合ってから2ヶ月が経ったある日の朝、

マユが悲しそうな顔をして、

「卒業が近いので今日でバイトを辞める」ということを僕に告げました。



僕と知り合った頃には辞める事は決まっていたのだけれど、

まさかこんなに仲良くなるとはおもっていなかったし、

言い出すタイミングも逃し、とうとう今日になってしまったという。



僕は冗談半分で、

じゃあ今日仕事が終わってから、俺がお疲れ様会開いてあげよっか?と言った。

きっとバイトのメンバーで開いてもらうだろうし、

携帯番もメアドも知らない、朝話すだけの男の誘いを受けるとは思っていなかった。



そんな僕の思いとは裏腹にマユは顔を輝かせて、

いいんですか?!と言ってきた。

その日、待ち合わせの午後8時半までの間、

仕事も手につかず、何をしていたのかもあまり覚えていなかった。



待ち合わせの時間に5分くらい早く、

待ち合わせの小作駅に着いたが既にマユは待っていた。

コンビニの制服姿しか見たことがなかったので、

バンダナ柄の薄手のスカートに赤いキャミ、といった姿のマユは本当にかわいく見えた。



同時に、少ししかなかったはずの下心が大きくなり、

自分がただの男であることを意識させられる程マユの大きな胸が目に付いた。



マユの姿を見るまではコ洒落たレストランでご飯でも食べてお開きにしようと思っていたのですが、

気付いたときには近くの居酒屋で乾杯していました。



2人掛けの席に座り、時間が経つにつれて頬が赤らんでゆく正面のマユを見ているうちに、

僕のティムポはいつのまにか勃起していた。



それはマンネリ化していた年上の彼女との行為では感じられなかった程の力で、

今すぐにも薄っぺらいキャミを剥ぎ取り、二つ並んだでかい乳を揉みしだき、舐めまわしたかった。



一度考えてしまった妄想は消えることなく、頭の中を回りつづけ、

マユが話していたバイトや大学の話になど、もはや相づちくらいしかうてなくなっていた。



飲み始めて1時間半、

当初の目的であった、お疲れ様会やマユとたくさん話そうなんて気はもうなくなり、

ついに店を出ようと言った。



マユも話しが盛り上がっていたので一瞬怪訝な表情をみせたが、

悲しそうな顔で、そうだよね、明日もお仕事だし、ここから家も遠いもんね。

なんてつぶやきながらついてきた。



マユが荷物をもってヨタヨタと奥の席から出てくる間に、会計はすぐさま済ませた。

地下一階にあるその居酒屋を出、地上への階段の途中でマユが足を止め、

お金は?と言いながら、バッグに手を入れて財布を探すそぶりを見せた瞬間、

ついに限界がきて強引にキスをした。



マユは拒まなかった。

バッグに右手を入れたまま、目をつむり舌を受け入れた。

差し込める限りの奥まで舌を入れ、舌を絡ませ、マユの小さい口を唾液でいっぱいにした。



しかし続いて店から他の客が出てくる気配がしたので、キスを止め、外へと向かった。

自然と、手は繋がれていた。



僕が小作を知らな過ぎるのか、

小作という土地が悪いのか、

駅周辺にあるホテルなど知らなかった。



小作からホテルのある立川まで電車で40分。。。

そんなに我慢できるわけもなく、

昔、何かの雑誌のアンケートのランク外で障害者用のトイレ。

という記事を見て、そんなとこでやる奴もいるんだなぁ。

と思ったことを思い出した。



運良く、小作駅には障害者用のトイレがあったのだ。

時間も遅く、駅周辺は人気も少なくなっていた為、

男女二人が障害者用のトイレに入っていくのは簡単だった。



トイレに入った瞬間、マユの着ていたキャミとブラを同時に上にずらした。

白く、大きく、そしてあまりにもエロい、大きくクッキリとした乳輪、

そして既に立っている乳首が露わになった。



片方の乳首を摘み、揉み、片方の乳首をずっと舐め回していた。

途中何度もマユは膝を折り声をあげたが、

決して座らせることはせずに、

壁を背にして立たせ続け、

満足するまで乳だけを責め続けた。



マユの体が汗と僕の唾液でびしょびしょになった頃、

マユを便座に座らせ、僕は目の前で仁王立ちになり、

ズボンを下ろし、我慢汁で濡れ、異臭を放つティムポを出した。



言われなくてもマユはしっかりとティムポを自分の小さい口へと運んだが、

手は使わせず、口だけでやれと指示した。



大きく唾液でテカった乳を出したまま、

マユは口の中で一生懸命に舌を動かし、

舌を回し、頭を前後に動かし、袋を舐め、筋を舐め、

口に入れては、また外側を舐めまわし、を繰り返した。



日々年上の彼女に弄ばれている為、フェラではいかなかったが好都合だった。

マユを立たせると壁に手をつかせ、後ろ向きにさせた。



スカートをめくり上げると、

ピンクのテカったシルクの下着に包まれた形も肉付きもいいおしりが出てきた。

下着を少しずらすと、薄い茂みの中にあるひだとひだの奥からは白い愛液がでていた。



僕はそのまま自分のものを勢いよく突っ込んだ。

瞬間、マユはきっと近くを誰かが歩いていたら聞こえたであろう程の声で

「あぅーーーー!!」と声を上げた。



白く形のいいケツを軽く叩き、乳を掴み、激しく腰を動かした。

マユは腰を動かす度、「あぅ!あぅ!」と声を上げた。



テカり揺れる乳、突きだれたケツ、丸見えの肛門、ティムポに吸い付くマユの赤いあそこ。

すべてが、背の小さく、

いつも朝のコンビニで笑いかけてくれていた真面目そうなマユからはかけ離れていて、

早くも絶頂を迎えた。



いくっ!と叫ぶとマユは「マユも!マユも!あぅ!」と叫んだ。

マユが一瞬ビクッと大きく痙攣したのを確認すると、

すぐさま引き抜き、マユの下着を着けたままのケツへ精子を放った。



精子で濡れ、愛液で濡れ、マユの下着が透け、

あそこが見えると、再度ティムポが力を取り戻しそうになったが、

時間とマユの体力を考えてやめた。



マユに口でキレイにさせ、マユは自分の下着を洗い、

バッグにしまってノーパンで電車に乗って立川の自宅へ帰っていきました。