妻にソープ通いがバレてしまった



今までばれる事がなかったが、先週ソープに行った事がとうとう妻にばれてしまった。
謝りに謝りぬいて昨日の夜、妻から子ども親に預けてきたから、ホテル行こうと誘われた。
おぉ許してくれたんだぁと、即OK。

車の中から妻は僕のズボンをおろし、ペニスをぱくりとフェラを開始した。
なんか風俗行ったことがばれてしまった僕なりの引け目が、やたら興奮を誘い何度も射精しそうになるが、さすが妻だ、いきそうになるとペニスから口を離しペニスの根元をギューと締め、その繰り返しを何度かしてるうちにラブホ到着。
満室だったので待合室にてくつろいでいるとまたペニスに食らいついてきました。
多分両隣で待っていたカップルにも聞こえるくらいのフェラで、もう暴発寸前。
妻のスカートを捲り上げ、指を挿入軽く3本入り、妻も相当したかったようだ。
この場で座位で僕のペニスを妻のマンコにもちろん生挿入。
開放感のある待合室だが、隣同士は仕切られているため全く他の客のことはきにならなかった。
5分くらい交わっていたころ、部屋の準備が出来ましたと呼ばれた。 »続きを読む

婚約をきっかけに彼女を中出し淫乱女に調教したエロい話



無事婚約しました。彼女もよろこんで受けてくれました。



相変わらず二人のスケジュールが合わず、なかなか会えない日が続いてますが、8月に夏休みを取りちょっと贅沢にホテルに泊まる計画を立てました。



 



 



彼女の仕事が終わるのを待って、職場近くで待ち合わせます。彼女は胸元が大きく開いたノースリーブとゆったりしたパンツ。普段は恥ずかしがって胸の目立つ服装はしないんですけど今日はいつもと感じが違います。



ちょっと色っぽい。それを言ったら恥ずかしそうに笑って叩かれました。



 



六本木で待ち合わせをして、まずはホテルへチェックイン。その後、六本木ヒルズのレストランで食事をしました。



食事が終わったら映画を観て、深夜までカフェでおしゃべりしてました。



そろそろ部屋に戻ろうか、ということで二人でホテルへ。エレベーターで部屋に向かいます。



エレベータには私たちだけだったのですが、乗ったらすかさず彼女の腰を抱き寄せ唇にキス。彼女も予期していたのか、私に身を寄せ私に応えます。幸い誰にも邪魔されずにキスを満喫し、部屋に戻ります。



廊下を歩いているときもお互いの腰を手で探りながら、身を寄せ合いながら、部屋へなだれ込みました。



 



ドアを開け、キーを壁に挿すと薄暗い電気が点きますが、その薄暗がりのまま、彼女を壁に押し付け唇を貪ります。



「ちょ、ちょっと。ん、む、むぅん、ん」



彼女が何か言いそうでしたが、唇を塞ぎ左手で腰を抱き、右手はお尻をまさぐります。



お尻をなでながらキスを続け、私が腰を密着させると彼女も腰を押し付けてきました。



 



その場で、彼女のパンツの留め金を外し、ストンと下へ落とします。ゆったりしたパンツだったので、脱がすのも簡単でした。そのまま右手はシャツの下から胸をさぐります。彼女の両手は私のジーンズのベルトを外し、脱がそうとしてました。



私のペニスはすでに隆起し、トランクスからはみ出さんばかりに勢いづいてました。



キスの最中も彼女は片手でジーンズを脱がし、もう片手でトランクスの上からそっとなでてきます。



「ねぇ、このまま・・・」と彼女がおねだり。私はパンティを脱がすと自分のトランクスもおろし、立ったまま挿入しようとしました。



 



しかし、慣れないこともありなかなか口が見つかりません。



彼女は私の首に手をまいたまま、窓際へ。



窓は出窓のようになっており、彼女はそこに腰掛けました。足を私の腰に巻き付け、手を首にかけ、腰を密着させようとしてきます。



私もたまらず、彼女へ挿入。もちろんコンドームを付ける間もないです。



 



「あ、あん、すごぉい」と彼女。私は彼女のGスポットにあたるように腰を突き上げます。



「あ、あん、う、あぁ、ね、もっと、奥まで、ねえお願い」



奥までと言われても、これ以上ペニスは伸びないな~とか思いつつ、彼女の腰を抱き、さらに突き入れると、「あぁぁぁ~ん、気持ちいいのぉ~」



私はねっとりと膣の壁をこすり上げるように、いろんな面に触れるようにペニスで彼女の中をかき回します。



 



「あ、あん。ふぅ、ふぁ、い、いやぁ、あーん」彼女は涙混じりの声をあげ、私に抱きつきました。



「気持ちいいよぉ、ねえ中に出してぇ」私も相当気持ち良く我慢せずに中へ放出。



「あ、当たってる、あなたの精子が私の中で跳ねてるよぉ~感じるぅ~」



いつもは5-6回の射精が10回以上続いたような気がしました。彼女に吸い出されてるというか。



 



セックスには奥手だった彼女がこんなにもエッチになって、私としてはうれしい限り。



結婚したら毎日Hしようと誓う今日この頃でした。

真夜中に不法侵入者に人妻が夜這い中出しされ快楽に酔いしれたエロい話



先日の出来事で主人には未だに話せないままになっていることがあります。6月に台風が来た時の夜中の話しです。



前日の夜は主人も早く帰宅し、早々に食事を済ませ二人ともあまりお酒を飲めないので、テレビを見たり二人ともお風呂を済ませていました。



「明日は会社の異動で送別会をするから、ちょっと遅くなる」そういってソファーに佇んでいる私に声を掛けてきました。



 

»続きを読む

嫁の大学時代の彼氏に嫉妬した激しいSEXをしたエロい話



正月はテレビ番組もどこも似通った内容でほとほと退屈になる。
妻と二人コタツに入りながらみかんをつまみ、酒を飲みつつ、届けられた年賀状の束に目をやる。
おおよそ、百通ほどの束を自分宛と妻宛に分けてみるが、ほぼ五分五分で、今年は勝ったの負けたのと
つまらぬ勝負にも決着が付かないような緩い昼下がりだった。 »続きを読む

新聞配達のパートをしている嫁と同僚との浮気SEXを目撃したエロい話



妻41歳
私41歳高校の同級生で結婚した。

私たち夫婦はお金を稼ぐ為副業で
朝、新聞配達をしている。

最近、妻の様子が変だ。
本業の仕事は4時には終わるはづなのに
毎日、仕事遅くなると連絡が入り、夜9時ごろ帰ってくるようになった。

妻を疑い始めたのが
2ヶ月位前の新聞店での朝の一言だった。

妻と同地域を配達している男がいる。
名前はF巻。年齢は45位。
あまり、女性にもてるような男性には見えない。
どちらかと言うとオタクっぽい感じ。
私は友達には成りたくないタイプ。

そのF巻が妻の名前を呼び捨てにしている。
それまで、妻とF巻が話などしているのを見た事がなかった。

その数日前、妻の所属している、班で会議があり、そのあと、恒例の飲み会。
それは、どの班でも行われている事であるが。

何時もは、酒が飲めない妻は人より早く飲み会を抜け出し帰って来ていた。
昨日は最後まで飲み会に参加していたと帰りは遅かった。
妻と同じ班の人に、
「家の嫁さんメ面しく最後まで居たみたいですね。」
と話をした。その時、帰ってきた言葉は
「早く帰ったよ。そうそう、F巻さんが具合が悪くなってね。奥さんが家まで送りますって
二人で先に会場出たよ」と
酒が飲めない妻は飲み会の会場まで車で行っていた。
「そうなんだ。」その時は妻は優しい性格なのでそれ位してあげるかなって思いました。

新聞の配達が終わり家に戻り妻に
「F巻さん、お前の事名前で呼び捨てにしてたよね」と言うと
「エッ!気が付かなかった。飲み会で話したから身近に感じるようになったのかな」と
私はその時同じ班の人に聞いた事を妻に言いました。
そしたら、言い訳が始まり
「配達地域の事でわかんない事があったから一緒に車で廻ってもらっていたの。
その事を言ったら貴方、心配するでしょ。だから、黙っていたの」と言われ妻に不信感を持ちました。

次の日にはF巻は妻を呼び捨てにせづ、●●さんになっていました。
もう連絡したのが丸見えです。

それから、数日後、私は新聞配達が休みでした。
休みでしたが、用があり新聞店に出かけると会社の外でF巻と妻が話をしているのが見え気づかれないように
チョッと離れた所に車を止め、二人の会話が聞こえそうな近くまで行って身を潜めていました。
声は聞こえるのですが、内容まではわかりません。
それから、妻たちは配達へと出発しようとした時
「早く、配り終わって何時もの所でまってる」とF巻は言い残し発車。
妻はうなづき手を振っていました。

心配になり私は、妻が配達を終わる時間を待って、妻が通るであろう道の駐車場で車を
止め待っていました。妻が車の前を通過。妻の後を追いかけました。尾行です。

配達はバイクでしているのですが、ある、プレハブの前でバイクが止まりました。
妻の配達地域は、農部の地域で畑仕事の間に休憩するプレハブでした。

妻はそのプレハブの中に入っていきました。

私は、チョッと離れた所に車を止め、小走りにプレハブにちかづきました。
心臓はドキドキ。足はガクガク。

そっと窓から、中を覗き込むと中にはF巻が缶コーヒーらしきものを妻に手渡していました。
そして、椅子に座り二人は向かい合ってなにやら話をしていました。

F巻が立ち上がり、座っている妻の後ろに立ち妻の肩を触り始めF巻の顔が妻の首筋に
そして、顔と顔とが重なっています。唇を重ねているのでしょう。
それを見たとき怒りと悔しさでその場へ行こうと思いましたが、腰が抜けた感じになり歩けません。

私は、窓の外から中を眺めるので精一杯でした。

そして、F巻は妻の胸へと手が伸び服の上から触っています。
妻は、拒むことなくなすがままになっています。

そして、服を一枚づつ脱がされています。ブラジャー姿の妻を見たとき
凄く女性を感じてしまいました。

妻は一人の女性になっていました。
そんな、妻を止めることが出来ない私自身に腹たちましたが、妻がどのように変貌するかと言う
興味も沸いてきました。

妻のブラジャーが外され、胸があらわになり乳首をF巻はコリコリを撫で回しています。
妻のあえぐ声がチョッと聞こえてきます。

妻はたたされ、下半身も露にされ立ったまま全身を愛撫さてています。
F巻の手が妻の大事な所に行き、触られています。
妻の体が弓なりに仰け反っていきます。

F巻は妻に何や言っています。妻はF巻のズボンを下ろし、トランクスの上からF巻のチ●ポを触り
トランクスを下ろし膝まづいて咥えはじめました。

私が覗いている方向からはフェラチオしている妻の顔が良く見えます。
目をつぶりF巻のチ●ポを口の中に入れたり出したり、時にはカリに下を這わせたり
結婚して長いのですが、私にはした事のないような事をしています。

何か私の中ではアダルトビデオを見ている感覚になってきています。
また、F巻が妻に語りかけ、フェラチオを辞めました。そして、妻を後ろ向きにさせるとバックから
そそり立ったF巻の一物を妻の中へ。
F巻がゆっくりと腰を動かしながら胸を揉んでいます。妻はテーブルに手を書け喘いでいます。
一度一物を抜き、F巻が椅子に腰掛けました。その上に、妻が乗りまた、上下運動が始まりました。
F巻の腰がくねくねと動くのにあわせ、妻の胸が上下します。

動きが早くなり、一瞬、ピクッとすると二人の動きが止まり抱き合ってキスをしています。
濃厚なディープキスが終わると二人は離れ下着を着け始めました。

私は気づかれないようにその場を離れ、車に乗り先に家に戻りました。

しばらくして、妻が帰ってきました。
妻は私に気づかれないようにシャーワーを浴びに浴室へ、私は先ほど見た光景が頭の中を駆け回っています。
怒りを抑えつつ、私も浴室へ向かい何もなかったように装い、妻に話しかけました。
話している間、私は妻のパンティーを手に持て臭いをかいでいました。ソコには透明な液体が付、精子の
臭いが・・・・。私は我慢できなくなりシャワーを浴びている妻の後ろに立ちF巻と同じ事を妻に・・。
妻は何するのって拒んでいます。しかし、そんな声は頭が爆発しそうな私には聞こえません。
妻のマ●コを舐めようとしたときF巻の精子が垂れてきているのが解りました。
何時も以上にそそり立った私のペニスを妻の中へ。

妻が浮気をした事に異常な興奮を覚えている私は変なのでしょうか。
浮気に関して後日妻に見た事を言ってみようと思います。
妻がどんな態度で返してくるかが楽しみです。